自然館のクリスマス

ダルシマーを始めてから長い間、とてもひとりでは弾けないと思い、アンサンブルでの活動を主にしてきた。ダルシマーだけのアンサンブル、ダルシマーのデュオ、他楽器とのデュオなど。それが今年になって、ひとりでも演奏できた方がよいと思うようになり、ようやくその練習を始めた。その結果、きっちり決まったことを弾くよりは、そのときの気分で気楽に弾くことが心地よく思う自分を発見することとなった。

そんな中でハープの森さんと出会い、このアンサンブルがまた心地よく、秋以降「デュオの練習」と称して時々一緒に弾かせていただいた。そしてこの1年のまとめが12月25日、自然館でのハープとのデュオ演奏だった。

私にとっては懐メロの、クリスマスの讃美歌を弾きたいという思いから、森さんにかなりの負担をかけ(3分の1は知っている、3分の1はうろおぼえ、3分の1は知らない曲だったと後から言われた)、36曲演奏した。打ち合わせは2週間前に1度だけ。後は当日、相手がどう入ってくるかわからないまま。

構成は単純。We wish you a Merry Christmasで始め、O Holy Nightで終わる。その中は、讃美歌の待降から降誕までの曲を入れる。そして、あまり有名でない曲が続くときには順序を入れ替え、讃美歌にはないクリスマス・キャロルなどを入れる。

自然館のお客様はお母さんのグループが多いので、学校が休みになると少なくなると聞いていた。そしてまだ学校があるはずなのに、12月に入ってからは本当にお客様が少なかったけれど、25日には友人達が来てくれた。その中の一人は、私同様讃美歌が懐メロという人。

ソロではかなり怪しい曲もあったのに、全部を弾けたのはハープのおかげ。先週のソロではうまく行かなかったものも、ハープが入ってくれるとつい繰り返してしまう。そしてひとつ発見があった。いつもBGMで弾くときは、最後の消音をせずに次の曲を弾き始めるのだが、ハープと合わせて心地よく終われると、つい消音してしまうのだ。以前にダルシマー・アンサンブルをしたとき、皆で一斉に消音するのが不思議と言われたが、これは私に染み付いた、クラシック的な音楽感覚かもしれない。

来年も週に1回は自然館で練習させていただくつもり。そして月2回程度、ハープとのデュオになる。毎月曜日が変わる可能性があるが、1月は水曜日に決めた。
[PR]
by yt-aoki | 2008-12-27 02:04 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 春節のご挨拶 NHKドラマの音楽にダルシマー! >>