CWA in Mexico

2年に1度のCimbalom World Association のコングレスが開催される。
今年はメキシコのケレタロというところ。2年前がオクトーバー・フェストの時期だったので、今年もそんなつもりでいたら、5月の末だった。

メキシコの楽器は打弦ではない。サルテリオという弦をはじく楽器。なのに打弦楽器とほとんど形が変わらない。そしてこの楽器は、スペインからもたらされ、スペインでは衰退してしまったのに残り続けているのだ。そのサルテリオのフェスティバルを開催して3年になるらしい。そこにCWAが合同開催することになったようだ。

1月ごろから演奏について考え始め、そろそろ受付終了という2月半ばにエントリー。その後、他に参加する人がいないか声をかけ、3月末には日本からのメンバーが決まった。

4月に入ってすぐ航空券を購入。3月中に調べていたが、燃油サーチャージが高くて手を出せずにいたのだ。有力候補は正規割引だったので4月に入っても値段は変わらなかったが、そろそろ買わなければと何気なく検索した日の空席がぎりぎり。検索してそのまま購入手続きをし、即他の参加者にメール。皆同じ便をゲットした。

今回は選んだ便の都合で大会前後に余裕がある。観光もできるかな? 
ケレタロはメキシコシティからバスで3時間のところ。メキシコシティにつくのが夜なので1泊してから移動と思っていたら、先方からすぐにバスに乗ってケレタロまで来ることを勧められた。深夜になってもバスの停留所まで迎えに来てホテルまで送り届けてくれるという。さらに最終日の午後までコンサートがあり、すべてのスケジュールが終わった翌々日にテオティワカン遺跡に行くということがわかった。
残念! 私達はその日の朝、飛行機に乗らなければならない。

私達は初日にメキシコシティに滞在、翌日テオティワカンへ行くということを考え始めた。まだ全員には諮っていない個人的な考えだけれどとメールをすると、空港へ迎えに来て市内のホテルに送り届け、翌日テオティワカン観光をしながらケレタロのホテルまで送り届けてくれるという願ってもないツアーのガイドを引き受けてくれる人を探してくれた。提示された料金もそれほど高くないし、彼らの地元の信用できる人だという。詳細を他の参加者に連絡すると、皆からすぐ返事があり、お願いすることにした。

これでメキシコ旅行の大枠は決まった。あとは中身、誰が何を演奏するかだ。
けれど私も別のメンバーもその前に別のコンサートがある。みんな並行して準備を進めなければならない。
英会話のbrushupもしておきたいし、またしばらく忙しくなる。
[PR]
by yt-aoki | 2009-04-09 02:40 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 明日? 否、今日! ダルシマーいまむかし >>