テンポ

だんだん日にちが迫ってきた11月27日。以前「打楽器今むかし」コンサートに声をかけてくださった杉本ゆりさんのピアノのお弟子さんと、杉本さんのお仲間によるコンサート。

5月にお誘いいただいたときには、誰かハートストリングスから出るかなと思って、そうでなければ私が何かソロを弾こうかと思ってとりあえずエントリーさせていただいた。けれど、小平という場所と、夜だということで希望者がいない。

それでは私が・・・、何を弾こう・・・?そう考えたとき、思いついた曲があった。
以前ネットで教えられた曲で、ギターの曲。ダルシマーはクロマチックではないので、良いからといって弾けるわけではない。必要な音が足りない場合があるし、それが少なければ別の音に変えたり、時には弾いた振りして弾かなかったり(以前バッハで1箇所だけだったので、友人に弾いた振りのアドヴァイスをした)する。それで付いていた譜面で確認したところ、音はすべてあったのだ。1箇所、和音の音をひとつ減らす必要があるけれど。

ところが練習を始めてみると、単純で音も少ないのに曲になっていかない。8月になっても、あきれるほど弾けなかった。それなのに小松崎さんと浜田さんのライブで出会った人に、「今弾けないその曲を聞きに行く」と言われてしまった。プログラムを作る頃だったので、杉本さんに曲名を伝えることにした。宣言したら、弾かないわけには行かないということだ。

けれど9月にはグルッペ和のコンサートがあり、11月3日にはハートストリングスのコンサートがありで、なかなか取り組めない。ようやく先週くらいから本気で弾き込み始めた。

テンポは作曲者による指定もあるが、楽譜から読み取るイメージもある。ようやく自分で思うテンポで弾けるようになってきた頃、楽譜に作曲者のテンポ指定があることに気づいた。その数字は52、しかもTempo Rubatoと書いてある。ルバートとは厳格ではなく、テンポを揺らしながら演奏すること。けれどそんなにゆっくり弾いてしかもルバートしては、とっても下手かいやらしいかのどちらかになってしまう。しかもある程度練習してしまった曲のテンポを落とすことは難しい。どちらかと言うと、弾ければ弾けるようになるほど、テンポは速くなってしまうのだ。

難しすぎる。本当に52で良いのともう一度見てみれば、四分音符ではなく二分音符の指定だった。
ということは、倍速? 今度は速すぎる!
けれど考えてみれば、本来この曲は6曲から構成される組曲の第1曲なのだ。全曲を通して弾くとしたら、そんなにゆったりと弾く曲ではないだろう。

自分で曲を作り上げている最中は、他人の演奏を聞きたくない。けれど念のため、最初に聞いた演奏と参考となるギターの演奏を聞いてみた。私より少し速いかな? 最初に聞いたのがあまりにあっさりしすぎていたので、もう少しルバートして、ダルシマーらしい装飾は使えないけれど原曲のもつ音の美しさを出したいと思う。そのために、もう少しテンポを落とすかもしれない。その私自身の解釈に、私のテクニックがついていってくれるかどうかが問題。

ともあれ成果は下記会場で。

11月27日(土) 19:00~
ルネ小平 レセプションホール

曲目はJ. L. Merlin作曲 Evocacion、プログラムの内容は、ピアノ、アンサンブル、打楽器など古い曲から新しいものまで多彩です。
[PR]
by yt-aoki | 2010-11-17 11:35 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 12月の自然館 イギリスのダルシマー >>