あれこれ

しなければならないことがいろいろある。それなのに3月末にひいた風邪が長引いているのか、力がでない。

CWA大会の申込の締め切りは3月末だった。それがCWA本部から集まりが悪いので締め切りを延期しようと提案があり(それを北京の実行委員会が了承したのかどうかは不明だが)4月末となった。パスポートサイズの写真を5枚用意するというのが億劫で、準備が進まない。もちろん英語を書くのも億劫だ。

そのうちに第4回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルの案内が届いてしまった。ハートストリングスとしてどう参加するのか。何人行くのか。何台の車が手配できるのか。宿泊は(見回してもアウトドア派は少なそうで、キャンプは無理だろう)。この件は4月10日と23日の練習会で、大体の話をした。ただ、その時点ではまだ、演奏することは考えていなかった。

もうひとつ考えなければならなかったことがある。4月24日の日本打弦楽器協会総会だ。1年余りの活動報告をまとめ、会報に掲載するサンプルとしてのコンサート・イベント情報をまとめた。もっとも大きな会計報告は事務局長にお願いしたが、そのまとめが届いたのは総会の2日前だった。

実は美野里のフェスティバルで新しいデュオをデビューさせる予定。その準備が始まったのが3月末だった。準備といっても楽譜を交換し、ある程度の曲目を決めただけ。初めての練習は4月25日だった。それまでに覚えなければならない曲があり、キムの曲が覚えられなくなった。

デュオの準備をする中で、突然新しい楽器が欲しくなった。普段練習会に持って行っている楽器(12/11)では音が足りないため、1曲ごとにチューニングし直さなければならない。前から購入を考えていたが、今家にある1台を売ったら買おうと考えていた。それが、デュオの準備を始めてすぐに、一回り大きいだけでかなり楽に演奏できることに気がついてしまい、・・・実はすでに注文済み(それも1台ではない!)。

さすがにこれまでの生活を続けていて楽器代金をポンと支払える余裕はない。しばらくキムのレッスンを休むことにした。それで30日が最後のレッスンとなり、せめて今習っている曲は完成させようと、今日からまた通勤時間帯がキムの曲を覚える時間帯となった。

22日の夜になって、6月に演奏を披露しないかという話が持ち上がった。ハートストリングスのメンバーと一緒で、昨年秋に1度経験しているが、設定されている舞台はそのときとあまり変わりがない。詳細を聞いたのが24日の夜。6月に演奏するなら、美野里はその準備にもなる。そう考えるとレパートリーが浮かんでくる。23日の練習会では演奏について話さなかったが、最近の練習曲と参加人数を考えるとできるかもしれないという気になってくる。5月の練習会でうまく行けば、美野里でも演奏できそうだ。

新しいデュオの名前が未定。これも考えなければならない。でもネーミングは苦手。今日ひとつ思いついたが、あまりに安易な名称で相方に相談もしてない。それに考えるだけではなく、練習もしなければならない。ゴールデン・ウィークは家に引きこもって練習だ。
[PR]
by yt-aoki | 2005-04-27 00:39 | ハンマー・ダルシマー | Comments(1)
Commented by dulcicafeA at 2005-05-01 19:36
新しいdulcimerとデュエットチーム楽しみですね。楽器は美野里に間に合いますか?どこのビルダーの注文されたんですか?興味津々。
<< 楽器の輪 復習!復習! >>