10回目の美野里

今年の美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルは雨。野外ステージが使えず、すべて馬小屋の中での開催となったが、10回目にふさわしく、各地から、さまざまな人たちが集う素晴らしい会となった。

ダルシマーは9台。函館から参加した、小さなバックパッカー・ダルシマーは美野里初登場だったろう。

ダルシマーとクラリネットという組み合わせも初めてのはず。小松崎健さんが、30年も前からやりたかったという組み合わせだ。そこに小松崎さんの弟子、ダルシガールあすかさんが加わると、さらに音が重なって心地よい。

宝塚の池上寿美子さんは、全曲オリジナル。数年お会いしないうちに、こんな風にご自分の世界を展開されるようになっていたとは。

DulciCafeさんは、最近、昔弾いていた曲を演奏しているとのこと。確かに懐かしい。

そしてハートストリングスはとうとう、日本唯一のダルシマー・アンサンブルと名乗れなくなったようだ。人数の多さではまだ負けないと思っているが、今回のように3人で、しかも合わせが足りなかったのか予定した繰り返し回数を間違えたりしていてはダメですね。個人個人の腕が上がってきているのに、アンサンブルとしてはイマイチでした。

このようにダルシマーが集まった一方で、オートハープは少なかったように思う。そして、オートハープとダルシマーのアンサンブルが相変わらずリュミエールだけというのも寂しい。

今年はマウンテン・ダルシマーがいないと思っていたら、日曜日に1人参加してくれました。数少ないマウンテン・ダルシマー奏者にも、もっと参加してほしいです。


c0055046_19111364.jpg

オートハープの小坂さんから送っていただいた全員ジャムの写真です。
[PR]
by yt-aoki | 2011-06-01 02:43 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< ヌーンサービス 6月1日 >>