ダルシマーの楽譜

昔、まだダルシマーを始めてそれほど経っていなかった頃、日本人向けの教則本を書いて欲しいと言われたことがある。当時から多少のアレンジはしていたし、そもそも自分が練習曲として選んだものは、自分でアレンジして練習していたものだ。

それからおよそ10年が経ち、この夏突然何が求められているのかを理解し、私は楽譜集を作ることにした。きっかけはハートストリングスのメンバーの「将来介護施設で演奏できるような、日本の曲をソロで」という言葉。

構想がまとまり、
・12/11という2オクターヴ半のダイアトニック楽器で弾けること
・1小節に1つか2つの装飾をいれて
・いきなり装飾入りの楽譜を見ても知らない曲はわからないから、メロディーだけの譜も添える

ということにして、日本の歌の選曲をし始めた。20曲くらい選んでみよう。
そうして選ぶうち、このくらいの古さ(明治期の唱歌など)なら、著作権も消滅しているのではないかと調べてみると、好きで入れたかったのにダメなものがある一方で、この作曲家ならOKということもわかってきて、著作権に抵触しないものばかりで20曲をそろえることができた。

著作権フリーなら、外国でも使ってもらえる。アメリカの先生にも贈ろうか? それならばタイトルと作曲者名のローマナイズも入れよう。目安になるテンポ表示も入れてと体裁を整え、9ページの楽譜集「日本の歌(1)」が出来上がった。

バックパッカー・ダルシマーで全曲を弾いてみると、2曲だけ調を変えれば良いことがわかり、一緒にバックパッカー・ダルシマー用の楽譜も作ることにした。

出来上がるやすぐに、明治時代から日本語で歌われている外国の歌の20曲集もできるのではないか? 数年後には「日本の歌」の続きもできるのではないかと構想が広がる。外国の曲も、「あおげば尊し」の原曲がアメリカの卒業の歌とわかったばかり。アメリカの先生には、「外国の歌」ができてから、セットで送ることにしよう。

こんな内情を書いて良いものかと迷ううち、HARD TO FIND の小松崎健さんがさっそくブログで紹介してくださり、早くも注文が入ってしまった。

ありがとうございます。

というわけでこの楽譜、1冊1,000円でおわけします。
yt-aoki@excite.co.jp あるいはtwitterなど他にご存知の連絡先まで、
冊数と、12/11(Dusty StringsならApprenticeやD10)用か9/8(バックパッカー・ダルシマー)用かを明記して、送付先をお知らせください。送料は当方負担でお送りいたします。



P.S.
直接楽譜には関係のないことだけれど、楽曲の初出を調べている最中、オリジナルの所在を「HYさんの私信による」と記載しているものを多数みつけた。HYさんは私の学科と元職場の先輩。仕事もちょっと特殊だったけれど、こんなところにも成果を残していたんですね。パソコンかついで図書館めぐりをしているとは、こちらの関係のことだったのでしょうか。いいなあ。今後もご活躍を楽しみにしています。
[PR]
by yt-aoki | 2011-08-24 22:37 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 再開します 楽器の改良 >>