静岡にも!

2年ぶりに参加した静岡オートハープ・ギャザリング。
いきなり驚かされました。

今年はちょっと出遅れて、すでに演奏が始まっている時間に到着したのですが、荷物を置こうと部屋に入ったら、バックパッカー・ダルシマーが3台にDusty StringsのD10が1台置いてあったのです。もちろん私が借りる予定のMasterWorksとは別にです。

いつの間に?

2年前のギャザリングの感想に、「静岡にはもう一台ダルシマーがあると聞いています。ぜひこの地でオートハープと合わせて使っていただけたらと思います」と書いたら、(陰の声・・静岡にはハンマーダルシマーが後2台ありますネ)とあったけれど、バックパッカーの話は聞いてませんでした。

今回何を演奏しようか考えていたときに、いつものように楽器を借りて弾ける曲を弾くか、South Windとしてアレンジした曲を弾くか迷ったのですが(アレンジ曲は、D35を持参しなければならない)、借りて弾くけれど、最近見直しているバックパッカーを持っていくという結論になったのです。それは、静岡ではまだバックパッカーを見てないからという理由もあったのですが、すでにあったとは。

そして夕方、静岡ハンマーダルシマーアンサンブルが登場しました。
総勢6人。
動画がアップされているので、ご覧ください。



指導していらっしゃるのは、Dusty StringsのD550を弾くこの方。



ずっと隠れて弾いていたとおっしゃっていましたが、静岡にも拠点ができて本当にうれしいです。
多分私より長く弾いていらっしゃるようですが、お会いできてよかった。

今年の静岡オートハープギャザリングは、2年前にお会いした時には一五一会を伴奏に歌う人という印象しかなかった会津里花さんが、素敵なベーシストだと知ったり、Charles Whitmerさんの低い声にオートハープの高音が絡む美しさを再発見したり、オートハープとハープという組み合わせがダルシマーとハープに似て良いということを知ったり、とても濃厚な2日間でした。

翌日も、ヘイスの「冬の星座」をというので合わせようとしたらコンバースの「星の世界」が始まったり、一度も弾いたことのないニ長調の「サウス・ウィンド」をいきなり舞台で弾いたりと、スリリングで楽しい経験をさせていただきました。

最後にバス停へ向かって歩き出していた私たちを引きとめ、駅まで送ってくださったK.R.Tのお二人。ありがとうございました。バス旅も悪くないのですが、おしゃべりを楽しませていただきましたし、おかげさまでゆっくりランチもできました。ただ、焼津駅付近からでは富士山が見えなかったのではないかとちょっと心配しています。

美野里にしても静岡にしても、行くのはちょっと面倒で億劫なのだけど、行ってしまえば楽しくてまた行きたくなる。若い頃にもそんなフレーズがあったと思い返していたら、スキーでした。出かけていくだけの体力を、いつまでも保っていたいと思います。
[PR]
by yt-aoki | 2011-11-30 10:30 | イベント・コンサート | Comments(2)
Commented by けん at 2011-11-30 22:20 x
おお、静岡ギャザリング、良いですね〜。僕もいつか参加したい。
荒井君(あらポン)とは、10月に会いました。共演もしました。知る人ぞ知るダルシマー弾きです。確かなアレンジ力は素晴らしい!指導者としても良い先生だと思います。
Commented by ダルシガールあすか at 2011-12-04 20:32 x
静岡にもダルシマーアンサンブルあるんですね!!
私も来年いってみたいなあ~!
<< クリスマス・コンサート 12月のコンサート情報 >>