空間を超える

札幌在住の小松崎さんがラジオ番組をやっていることは以前から知っていた。特に2年近く前からツイッターを始めてからは、「今日は○○をかけます」などというつぶやきを読んでいた。

気にはなるけど、札幌のラジオを聞けるわけではない。その後、インターネットでもラジオが聞けることを知ったが、調べた当時はダメだった。

火曜日は、軽度の認知症で一人暮らしの母と過ごしている。その日は昼食後、台所の掃除をしていたが、母が見始めた再放送ドラマがいつのものか知りたくてパソコンを開いた。そしてついでにツイッターも開いたところ、小松崎さんのつぶやきに、

「16時からさっぽろ村ラジオ81.3MHz ネットラジオは、http://t.co/t6SP8diB」

を発見した。クリックしてみると、

「NewZoneFMに「さっぽろ村ラジオ(FM81.3)」が登場! 現在テスト放送中です!」

との文字。「音声はこちら」をクリックすると、スタジオの天井カメラからの映像が映った。なんとまあ、頭の上から映されていること、みな認識しているのかしら?

しばらく母の見るドラマに付き合っていたが、突然思いついてひとりでさっさと夕食の買い物に行き、4時に戻ってネットラジオを開いた。ビロビジャンの長崎亜紀子さんの特集で、長崎さんが見えた! 声は?と音量を大きくすると、母が何をしているのかと覗きに来た。母は大きな音が苦手で、テレビも「これじゃ聞こえない」というくらい小さな音にしている。ちょうど長崎さんのクラリネットの音がしだして、大きすぎると文句を言われた。

幸いこの日は妹がいつもより一時間早く来て、母の相手をしてもらえたので結構聞けたけれど、しっかり聞くのは難しそうだ。それにたいてい4時台は買い物に出ている。それでもオフィスに勤務しているのとは違う。これからも可能性はありそうだ。

そして小松崎さんと浜田さんの本州ツアーが始まり・・・12日の夜は伊丹のライブハウスから、ライブの模様が生中継された!

http://www.ustream.tv/recorded/20395142

数日前は札幌で、今回は伊丹と、同じ時間を共有できるとは。

小さなダルシマー社会にも、テクノロジーの波は押し寄せてきている。それがダルシ
マーを広めるための、良い方向に作用してくれることを望む。
[PR]
by yt-aoki | 2012-02-13 23:26 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 美野里・上野牧場スケジュール 鍵盤楽器 >>