あんな風に

「三毛猫ホームズの推理」第一話、あんな風に加工していただけるとは思いませんでした。

タイトルバックの音は違うのですが、義太郎が現場に出向くあたりから片山家で辞表が破られるまでの音楽を弾きました。ずっとオーケストラの音と合わせての演奏だったので、あんな風にスパッとオケの音を切って、ダルシマーの音だけが残されるなんて思いもよらず、感動!

もう1曲は、森崎学部長の弟、富田総務部長との別れ際と、管理人の小峰さんが離れて行くところ。
CM前のジングルも少し弾きましたが、ほとんど聞こえません。

しかしそれ以外の音楽もアイリッシュ風であったり、アラブ風であったり、楽器もいろいろ使われているようで楽しいです。

以前にNHKの時代劇でダルシマーを使っていただいた時にも思ったのですが、音楽を気にしているとストーリーがわからなくなりますね。実はこのブログも、何度も再生しながら書いています。「ゲゲゲの女房」の音楽に参加された豊田耕三さんは、今日はどのシーンとツイートしていらっしゃいましたが、なかなかそういうことも難しい。でも次回からちょっと試してみようかと思います。
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-16 11:28 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 2012年5月の自然館 GRUPPE WA サロンコンサート >>