GRUPPE WA 終了

朝からというより、昨日から大雨。長靴履いて、ダルシマーにポンチョかぶせて、出かけました。

実はなぜか時間を勘違いしていたらしく、ふと気付いたのは、本来駅にいるはずの時刻。あわてて相方にメール、そのメールがあせって打てない。ポンチョも、うまくいかず何度もやり直し、それでもゲネプロの時間には十分間に合ったのでした。

楽屋へ入って相方が用意してくれたサンドイッチをいただき、歯を磨き、衣装を着替え、後は待ち。

今回は欲張らず、新ピチカート・ポルカ1曲だったので、2時間のコンサートの中で出番は3分だけです。
ようやく順番が回ってきて、演奏して終了。

今年でこのコンサートは6回目の出演だったのですが、終演後、思いがけずたくさんの人が楽器を見に集まってくださいました。出演者たちも、写真撮影のためドレスを着たまま試し弾き。なぜか「茶摘」を弾いたり、思いつくままにいろいろな音を出してみたり。ハープの方にも人だかりがしていて、ほかにいくつも輪ができておしゃべりしていて、なかなか写真撮影がはじまりません。その間にテーブルが出され、飲み物と食べ物が並びます。

ようやく一人が声をかけてくださって、写真撮影。その頃にはほどんどのお客様が帰られてしまったので、ご挨拶もできませんでした。そして、おなかもすいてきたし、のども渇いたと思った頃に、なんとあの、小松崎さんの追っかけで有名な川崎のKさんの姿が!ブログ記事を読んで来てくださったとのこと。最前列にいらしたそうなのですが、目の前に友達がいたのに気をとられ、まったく気付いていなかったのです。というか、少し左側のハープの方を向いていたので、ハープの視界には入っていても、私の視界には入っていなかったのですね。

おかげで今後のいろいろなイベントの話をしたり、ドイツのダルシマーのチラシをお渡ししたりさせていただきました。ブログにはまだ書いてなかったコンサートのチケットも買っていただいて。

というわけで、今年は思いがけない展開のGRUPPE WAだったのでした。
[PR]
by yt-aoki | 2012-05-04 00:32 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 池袋ジャズフェスティバル ダルシマー・トリオ >>