ビロビジャンコンサート終了

ビロビジャンのCD発売記念コンサート、終了しました。

当初「平日夜と、日曜夜とどちらが良いですか?」と呼びかけたら、日曜夜という答えが多かったけれど、やはりそうとも言えない一般的意見(日曜夜は月曜の出勤に備えて自宅でくつろぐでしょう)の方が多かったのか、あるいはサッカーがあったからという理由をあげた人もいましたが、集客は十分とは言えず、まだまだ世間へのアピールが少なすぎたようです。とはいえ少ないながらもこのコンサートに期待してきてくださったかたもいて、とても暖かく迎えていただきました。最後など会場から手拍子が湧き上がり、アナウンス準備で袖にいた私は思わず何事かと出て行ったほど。心憎い演出で、小松崎さんが一人舞台に残され・・・受けましたよ。

そして、小松崎さんにとっても私にとっても、お客さんの少なさが吹き飛ぶようなこともあったわけで、まあそのあたりは「打弦人生」にご本人が書いているのでお読みください。

CD販売も小松崎さんの弟子の明日香ちゃんの活躍で、今回もたくさん売れました。
終演後は、CDにサインをしながらお客様とおしゃべりをしている演奏者たちに、舞台上の楽器を片付けてくださいとお願いしに行かなければならないほど。時間的には十分だったので、もう少しゆっくりしても良かったと反省。

個人的にはこのホールでコンサートを主催するのが2回目となり、1回目での経験から足りなかったところを補ってきたつもりでしたが、まだまだ改善するところがありました。アクシデントもあったけれど、まあそれも経験です。身近にあるホールを定期的に使っていく、そのための経験を積ませていただいています。できれば年に何回か、ダルシマーのコンサートをしたいのです。来てくださったダルシマー仲間の言葉、「そのうち、小金井に行くとダルシマーが聞けるよと言われるようになるといいね」。
本当にそうなるようにしていきたいと思っています。
[PR]
by yt-aoki | 2012-06-05 00:18 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 天正遣欧少年使節はダルシマーを... 急告:ビロビジャン・コンサート >>