第4回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバル

5月28日・29日、茨城県美野里町の上野牧場で開かれたフェスティバルに参加した。
昨年は日本打弦楽器協会の取材という名目で楽器を持たずに様子を見に行き、それはもちろん協会のジャーナルに記事としてまとめたのだが、主催者から来年はぜひ演奏をと言われ、それから1年が経ってしまった。

今回は2つのグループで参加した。
ハートストリングスの方は直前に行かれなくなるかもしれないと言っていたメンバーも、仕事でだめと言っていたメンバーも参加できることになり、エキストラもひとり加わって舞台に6台のダルシマーを並べた。ハートストリングスとしてこれだけの人数を舞台に乗せたのは久しぶりのことだ。新人が2人いたが、これだけ人数がいると主旋律を3~4人でできるので、だれかが落ちても大丈夫。曲目も、最近Heartstrings Core Tunesをしっかり練習しているので、舞台準備としては異例の短かさだった。演奏は一部怪しいところもあったが、とにかく東京でハートストリングスというダルシマー・クラブが活動していることを知ってもらえたのはうれしいことだ。そしてその演奏が日本のどこにもないユニークなものであることも確かなのだ。

もうひとつのメリー・ストリングス。こちらは準備不足。無謀だと思いながらやったのだから仕方ない。メリー・チューンのメンバーとハートストリングスのメンバーによるデュオで、メリー・ストリングスという安易な命名。何が無謀かというと、この2人が住んでいるところが離れすぎているということ。和歌山と東京。もっともそんなことを思いつかせてくれたのが、昨年演奏を初めて聴いたSumiko & Kaoruというデュオ。こちらは兵庫と埼玉。

相方とはいつか一緒に弾いてみたいという思いがあった。彼女の演奏を聴いてから、音楽の志向性が近いことを感じていたし、音楽のバックグラウンドも近い。ダルシマーを使ってメリー・チューンで活動している彼女の方が、「美野里に行こう、やろうよ」と熱心だった。私はどちらかというと演奏することよりも調べたりまとめたりする方が好きなのだが、このデュオに関しては一度試してみたいと思っていた。

初めての合わせは4月下旬の某日、彼女が東京へ来た時。次はもう本番前日。しかも4月にはまだ、こんな曲どう?という段階だったのだ。それからファックスとメールを行き来させ、各自練習してきたが、合わせてみたら唖然とするほど弾けない曲が何曲あったろう。

本番は、音をはずすのはもちろん、落ちる、止まる、最後にはとうとう弾きなおし。惨憺たる状態だったが、20年もダルシマーを弾いている方から特にクラシック曲をダルシマーで弾くことについて「こういうことをやりたかったができなかった。やれる人もいなかった。あなた達の組み合わせだからできる。やめないでこれを完成させて」との暖かいお言葉をいただいた。ここにまたユニークがひとつ誕生。1年に1度しかできなくても、続けていこう。

そのユニークなデュオの今回の演奏曲目は
Divisions upon an Italian Ground aus "The Delightful Companion" 1686 (Robert Carr)
Corante, CLXXXIII a 4 from"Terpsichore(1612)" (Michael Praetorius)
Badinerie BWV 1067/8 (Johann Sebastian Bach)
春の日の花と輝く (アイルランド民謡)
Alla Turca from Sonate KV.331(300i) (Wolfgang Amadeus Mozart)
Greensleeves
Recuerdos de la Alhambra (Francisco Tarrega)
峠の我が家 (アメリカ民謡:ダニエル・ケリー作曲)
さくら (森山直太朗)
[PR]
by yt-aoki | 2005-05-29 19:36 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< Backpacker Hamm... 新しい楽器 >>