空へ

池上寿美子さん。

初めてお会いしたのは1998年11月、ハートストリングス・ダルシマー・クラブのメンバーと、来日していたDave Neiman氏で、山梨県へ「流星とハンマーダルシマーツアー」という合宿に行った時。ちょうど「しし座流星群」が見られるということで、それを見ることと、レッスンを受けることを計画、池上さんにも参加してただいたのだ。

そこで始まったのがニーマン先生と池上さんのセッション。先生が、あの曲知ってる? と尋ねると池上さんが弾き始め、それにニーマン先生が加わる。その年の1月からダルシマーを始め、まだ単純なことしか弾けない私には、何を弾いているのかもわからなかった。

その後2004年5月には第3回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルで、フィドル奏者の故黒川かほるさんとのデュオに触発された。関東と関西のデュオもできるんだと知り、メリー・ストリングスを始めるきっかけとなった。

2006年5月の第5回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルでは、ステージの終了後、夜遅くまで、池上さんがセッションのリードをしてくださった。その時いただいた曲目リストは、今でも参考曲目として保管している。

そして今年2016年、池上さんがCDをリリースされた。タイトルは「空へ ~いつもそこにある風景~」、全9曲すべてオリジナル。池上さんは、Neiman氏と知り合って30年になるそうだ。そして、ずっと弾き続きてきたその足跡を記録できたらと録音を始めたのだそうだ。

ご自宅の近く以外ではあまり演奏活動をされなかった池上さんは、ダルシマーを最近始めた人たちには聞くことができない、伝説の人となっている。その音楽が明かされるこのCDは多くの人の興味を引くことだろう。
問合せは itsusoko@gmail.com へとのこと。

c0055046_00301703.jpg



[PR]
by yt-aoki | 2016-05-25 00:35 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 2016年6月の予定 ハンマー・ダルシマーとは >>