CWAエピソード2:席がない

オープニング・コンサートの入場時間となった。私達はレジストレーションを済ませてないため、名札も持っていない。ちょっと不安であったが、早くに到着していた私達を見覚えていてくれて、プログラムと一緒にチケットを渡してくれた。

前列から2列目、センターからは外れているがそう悪い席ではない。
ところが、行ってみると座っている人がいる。???
チケットを見たら14日ではなく、19日の日付のものが1枚混ざっていた。あらら。

次に私がその人の隣へ座ろうとすると、いきなり中国語で何かまくしたてられた。
理解できずにいると、中国語のわかる人が「この席には連れが戻ってくると言っている」と。
ダブル・ブッキング?
受付へ戻るが、忙しいのか「後、後」と取り合ってもらえない。チケットを渡してくれた女性もみつからない。ご一行様中唯一中国語を解する人が「僕が交渉するから、この席に座っていていいよ」とチケットを交換してくれた。

さて・・・私のもらったチケットは2列の29番。
元の場所へもどって探すのだが、24,26,28,30と偶数番号の席しかない。
あれこれ続くとこちらもパニック気味。
ロビーへもどって「席がないよ」。

もしやと思って座席表を見たら、センターから右に2,4,6・・・左に1,3,5・・・となっていた。
こんな番号の振り方は初めてだ。
[PR]
by yt-aoki | 2005-10-25 00:23 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)
<< CWAエピソード3:午前1時か... CWA エピソード1:空港から会場へ >>