CWAエピソード3:午前1時からの宴会

午後7時半に開演したオープニング・コンサート、デュオありソロありアンサンブルあり、これでもかというくらいに大量の揚琴が舞台に乗り、第一級の演奏家達が演奏する。全部で13曲。

終わったのは10時半。そしてそれから大写真撮影大会が始まった。
しばらくは様子をみていたが、まわりに日本人の姿がなくなったので、空港から乗ってきたバスに戻ったが、ホテルから来ている大きいバスに乗ってくれといわれる。しかし、バスは何台も止まっていて、どれに乗っていいのやら。空席の多いバスに乗ったら、それが外国人専用だったらしく、CWAの理事たちや会長さんご夫妻が乗ってきた。私達が乗ったせいではないと思うのだが、席が足りなくなったらしく、何人か降ろされたりして、バスがホールを出たのは12時だった。

そんな時間、道路が昼間よりはすいているはずの時間なのに、ホテルに着いたのは1時過ぎ。2階で部屋の鍵を渡すからと言われ、そのまま宴会場へ。まさかと思ったが、本当にその時間からパーティーが始まった。挨拶があり、人の紹介があり、料理もどんどん運ばれてきて円卓がいっぱいになる。

3時過ぎ、朦朧としてきたので失礼したが、まだ皆残っていた。
[PR]
by yt-aoki | 2005-10-25 00:44 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)
<< CWAエピソード4:登録前の発表 CWAエピソード2:席がない >>