打弦楽器見本市

2月10日(土)午後、「打弦楽器見本市」という催しがある。

これは日本打弦楽器協会主催で、さまざまな打弦楽器を集め、多くの人に見ていただくとともに、その楽器の音色も聞いてもらおうという企画だ。

通常コンサートは舞台の上から演奏するが、打弦楽器は舞台の上に乗せてしまうと何をしているのかわからない。そこで、お客様とおなじフロアに楽器を配置し、楽器のそばへ移動しながら聞いていただこうと思う。

また、日本では珍しい楽器をどのように入手したのか、それぞれの楽器について製作者(会社)や価格を示してもらおうと思っている。家に何台もあって、売ってしまっても良いという楽器を持ってきてくれる人もいるかもしれない。日本に入ってきているさまざまな国の楽器のうち、中国の揚琴、ハンガリーのツィンバロム、ドイツのハックブレット、イランのサントゥール、アメリカのハンマー・ダルシマーなど、微妙な違いを知るチャンスでもある。

出演予定は、Cimbalom 崎村さんとお弟子さんたち、揚琴 郭敏さん、中国音楽研究会、アンサンブル・アルペンローゼ(ハックブレット)、ハックブレットの小川さんとお仲間、ハンマー・ダルシマの池上さん、ダルシカフェ、高木さん、岩村さん、ハートストリングス、フェアリー・ドクター、メリー・ストリングス、ピアノ・ダルシマーと仲間たち。

日 時:2007年2月10日(土) 午後2時から5時まで (開場:午後1時半)
会 場:浜田山会館(京王井の頭線、浜田山駅下車徒歩5分:杉並区浜田山1-36-3)
     浜田山駅から渋谷方面へ(右へ)向かい、商店街が終わるみずほ銀行角を右折、踏み切りを渡って左折。
参加費:1,000円(中学生以下無料)
[PR]
by yt-aoki | 2007-02-02 01:24 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)
<< 打弦楽器見本市無事終了 日本語訳をする正月 >>