重なること

今日は街の中で、沈丁花の香りをかいだ。駅近くの植え込みの中にあったらしいが、夕方で薄暗く、花を確認することはできなかった。2月が終わる。春がやってくるらしい。

前回Dulcimer Players Newsのことを書いたが、それが届いたころ、CWA newsがメールで届いた。メールで送って、どれほどの人に伝わるのか知りたいから、返信が欲しいとのこと。
ニュースを読みたかったが、見本市のまとめも出来ていなかったので、とりあえずプリントアウトして返信だけした。英文のニュースが重なり、見本市の3時間の録音を聞くこととDPNのサンプルCDを聞くことが重なる。その陰で、協会の会報とジャーナルを作ることが重なっている。結局これらは、ひとつずつ片付けていくしかない。

それとは違った形で、関連することが重なって起こることがある。
日曜の夜、ご近所の方たちに、ダルシマーのレッスンをしている。楽器も持っていない初心者なので、子供の頃に歌ったような歌を、この1年で12曲ほど練習してきたが、先日ひとりがこの曲を弾きたいと「千の風になって」の楽譜を持ってきた。
音域的にも調も問題なかったので、曲の前半だけ練習した翌日、秋川雅史さんのテレビ番組ロケに遭遇した。それもカメラを回している現場ではなく、懐かしい場所を歩き、人々と交流しているところ。この人があの曲を歌っているひとなのねと思って帰宅した夜、テレビをつけたらいきなり「千の風になって」をとりあげた番組で、作曲者の新井満が出演していた。
シンクロニシティ?
この曲にもっと真剣に向かい合いなさいというメッセージ?
[PR]
by yt-aoki | 2007-02-28 00:29 | Comments(0)
<< カントリーのライブ Dulcimer Player... >>