今年の美野里

第6回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルが近づいてきている。
来週の週末、もうあと1週間しかない。
というのも、これは私だけかもしれないが、大変なことになっているのだ。

いつものようにハートストリングスが演奏をする。一応通常の練習会に加えて、準備の練習会を開催した。その時点で、皆ある程度はできている。今年の参加は4人だが、ゲストメンバーが加わることになった。楽器は揚琴。今度の日曜日に最初で最後の合わせをする。まあ、ハートストリングスの出来具合と、揚琴奏者の能力からすれば、大丈夫だろう。
(あれ、そういえば私、伴奏決まってない部分がある。)

その揚琴とともに、ピアノ・ダルシマーを演奏することにした。
ハートストリングスとは別のエントリーだが、名前は未定。
曲目は、以前に合わせている曲のほかにもう1曲加える。
すでにピアノ曲として覚えている曲だが、メロディーだけを弾くと意外に混乱するので、おとといパート譜を作った。譜を作っただけで、楽器は今日ようやく出したところ。
まずチューニングをしなければならない。

メリー・ストリングスの参加は未定。返事がないので、今年はダメかもしれない。
もし参加できたとしても、先日のコンサートの曲目以外何もできていないので、それを演奏するしかない。今度こその思いから、時々弾けなかった部分を練習している。

ピアノ・ダルシマーの譜面を作りながら、楽器を出してチューニングするところまで行かなかったのは、新たなユニットのため。

オートハープとハンマー・ダルシマーという組み合わせを考えている。フェスティバル開催6回目にして初の試みのため、主催者上野さんの期待も大きい。

おととい、そのための参考CDが届いた。曲名だけはメールで聞いていたが、実際の音を聞いて選曲をする。有名な曲はいずれレパートリーにしたいと準備はしていたが、きちんと弾いたことはなかった。おまけに私が興味を持つ曲は、リールという速い舞曲ばかり。
昨日、一日がかりで曲を調べ、ある程度弾ける形に直し、先方に伝えた。しかし1週間でいったいどの程度のテンポで弾けるようになるのか。
さらにあと2曲くらい、選ばなければならない。

そんな準備の最中に、6月にBackpacker Dulcimerを弾くことになり、音域をしらべてチューニングをした。この小さいダルシマーが、弦が少ない割りにチューニングが難しく時間がかかる。そういえば、ピアノ・ダルシマーも、弦が少ない割りに難しいのだった。
明日は出かけるし、間にあうのかなあ。



★第6回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバル
2007年5月26日(土)~5月27日(日)
茨城県小美玉市納場の上野牧場にて開催。参加費2000円。
ステージでの演奏は、土曜の昼過ぎから夜まで、日曜の朝から昼過ぎまで。
常磐自動車道「岩間」インターチェンジから約10分、JR常磐線「羽鳥」駅から車で約5分。
[PR]
by yt-aoki | 2007-05-18 01:05 | イベント・コンサート | Comments(0)
<< 第6回美野里ダルシマ&オートハ... ドリア旋法 >>