チャペルコンサート

東京の立川よりもさらに西の昭島市にある、フォレスト・イン 昭和館というホテルの、ガーデンチャペルで開かれたコンサートに行った。郷愁のツィンバロンというもので、打弦楽器見本市で演奏した3人が出演した。

平日の昼の2時、Newsletter号外としてお知らせしてみたが、そんな時間になかなか来てもらえるものではないだろう。コンサートがあることを知らされたのも、5月の終わりに なってからだった。それでもそこそこ客席は埋まっている。

プログラムはクラシックからポピュラー、日本の曲まで多彩。平日の午後、チャペルの後ろに広がる森をガラス越しに見ながら聞くには、軽く心地よい選曲だ。

この3人の組み合わせがまたよい。もちろん3人がツィンバロンを弾くが、3人のうち2人がピアノを弾き、2人がパーカッションを弾く。ツィンバロンをピアノ伴奏でというスタイルだけでなく、そこにパーカッションが加わることで、ラテンのリズムが鮮明になり、波の音がイメージをかきたてる。しかも、ツィンバロム、ピアノ、パーカッションが固定していないのがよい。そこにまた、音楽の広がりが生まれる。

来月は私も、四谷の小さな教会のコンサートに出演する。
チャペルコンサートに教会コンサート、そして協会コンサート、
なんだか紛らわしい。
[PR]
by yt-aoki | 2007-06-11 20:26 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)
<< Rizzetta Piano ... 亡き友を偲び、娘を失った母を理解する >>