弦を張りなおす

Rizzetta Piano Dulcimerのすべてのコースに最低1本の弦が張られてから4日、そろそろきっちりチューニングして演奏できるようにしようと思い、低かった音を上げた。

ところが、弦をはじいていたときには問題なかったのに、バチでたたいたら、今回張った弦のひとつ、C#/Dという弦のC#側がビリビリ鳴ってしまうことがわかった。D側に問題がないので、多分弦の巻き方がまずいのだろうと判断、緩めて巻きなおす。今度は、弦が上がって来ないように、マイナス・ドライバーの先で弦を下へ押さえつけながら巻いてみた。下へ向かって巻くということまではできなかっがた、前回よりは下にある。

弦をたたいてみる。成功!
そろそろ7月15日の練習を始めなければならないので、このRPDはそのままにしてPD-30を出さなければならない。けれどその前にD-35のチューニングもしたいし、眠り姫もそろそろ再チューニングしなければならない。

どれをどこに出すか、また3台並べるのか、まだ決めかねている。
[PR]
by yt-aoki | 2007-06-26 00:07 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< ダルシマーに呼ばれる 夏のコンサート >>