切ったー!

6月26日にfolkcraftの眠り姫を出してチューニング、それほど狂っていなかったのですぐにしまい、ピアノ・ダルシマーを出した。そしてまた3台が並んで部屋を占拠している。

ピアノ・ダルシマーも弾くが、時々普通のダルシマーを弾きたくなるので仕方がない。
Rizzetta Piano Dulcimerは、しまうことも出来ない。まあ、それは承知の上で買ったのだが。ただ、ピアノ・ダルシマー用のアレンジをしていると、リゼッタなら1オクターヴ上げなくても弾けるというところに出会う。そうかそうか、これが使えればね、とも思う。
でもそのためには、運搬用のケースを作らなければならないし、車が無ければ無理だ。

リゼッタの音は全体にそれほど狂っていないのだが、なぜか低音の1音だけ、2本とも落ちていた。リゼッタの前にあったピアノ・ダルシマーをどけて、チューニング。
1本目はよかったが、2本目を切った。F#3、前と同じ.025というリン青銅弦だ。

すぐに保管してあった弦のうち、短い方を使って張り替える。
だいぶ慣れてきた。
この間、いったい今何台あるのと聞かれたが(1台貸出中で7台)、いったい何本切った?
答えは5本。3本は切れた弦で代用したので、現在2本欠。

しかし・・・、ここまで弦が切れると怖くて演奏には持ち出せない。スペアの弦を持っていて、張り替えてすぐ演奏というわけにはいかないのだ。弦の選択に無理があるのかもしれない。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-07 13:06 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 小さな交流会 練習 >>