CWAの準備

Cimbalom World Associationの2年に1度のコングレスが、10月にドイツのオーバーアマガウで開催される。先月の終わりごろから、その参加申込みをし、航空券の手配を始めた。

今回は成田から6人が一緒に行くが、その他に2、3人日本から参加する予定だ。2年前の中国・北京へも6人で行った。けれどそのときは中国語もできるし、中国に何度も行っている人が一緒だったから、ついていっただけ。今年は、そうやって頼れる人がいない。しかも「海外旅行は新婚旅行以来(彼女の娘は大学生)」とか、「英語はダメ」とか言う人がいて、私が旗持って歩くの? って感じだったが、ドイツ系の会社にお勤めの人、お姉さんがドイツに住んでるというお友達から情報を集めてくれる人もいて、少しずつ準備を進めてきた。

オーバーアマガウへはミュンヘンから行くが、ミュンヘン到着が夕方なので、そこで1泊する。ところがミュンヘンのホテル情報を集めてくれた人からのファックスには、1泊30,000円の文字が読み取れる。これってオーバーアマガウの5泊分より高いよ!

月曜日に楽器改良について調べ、火曜・水曜はメールで日本打弦楽器協会の会報を編集、それを発行・発送した私は、木曜の朝からミュンヘンのホテル情報集めに没頭してしまった。その対象が何であっても、気にかかると調べずにはいられないし、今のように次の予定が入っていないと、本当に時を忘れて集中してしまう。

そんなわけで、あれこれ調べるうち、ツインの部屋で値段の折り合いのつけられそうなホテルをいくつかリストアップした。もっともドイツのツインはベッドが並んでいて、ダブルに近い可能性があるらしく、それを了解してもらったら予約を入れる。高かった理由はオクトーバーフェストの最中だったから。早くした方がよさそうだ。

それが済んだら、演奏曲の準備。前回は日本とダルシマーの関係について15分ほどのスピーチをしたが、今回はデュオの相方が一緒に行くので演奏する。しかももうひとつ、新しいデュオも誕生する。その初めての合わせが8月下旬に入る予定。

さらに、過去の映像資料を借りているので、それを皆で見られるようにまとめなければならない。これは日本打弦楽器協会のイベントとして9月1日の開催告知をしてしまったから、8月中にしなければならないが、1回3時間分をいきなり30分には出来ず、ピックアップして1時間半になった。それがあと3回分ある。
[PR]
by yt-aoki | 2007-08-18 11:01 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)
<< ベラルーシのツィンバリ Rizzettaと楽器改良 >>