ベラルーシのツィンバリ

明日の日本打弦楽器協会で上映するため、過去のCWAコングレスの記録映像を見ていた。1997年のベラルーシ、1999年のモルドバ、2001年のウクライナ、2003年のスイスのものだ。中でも最初に見たベラルーシの印象は強烈で、思わずあれこれ調べてしまった。

ベラルーシの楽器はツィンバロム系のものだ。tsimbalyと書く。ツィンバロム系の楽器はヨーロッパのさまざまな地域に受け入れられてきた。ロマやユダヤ人によって広められたようであるが、それぞれ地域によって名前が違う。おそらく楽器自体も違っていたと思われる。しかし現在ではそれらの多くの国々に、20世紀初頭に大型に改良されたハンガリーのツィンバロムが広まっていて、チェコ、スロバキア、セルビア、ルーマニア、モルドバ、ウクライナなどの音楽学校で教えられているそうだ。

しかしベラルーシは少し事情が違い、独自の発展をしてきた。他の地域のアンサンブルは、さまざまな楽器の組み合わせの中にツィンバロムが1台入るが、ベラルーシには20世紀の初めから、複数のtsimbalyによるアンサンブルがあった。1928年にIosif
Zhinovichが新たなアンサンブルを組織し、そこでK. Sushkevichというメーカーが作った新しいデザインの楽器を採用したが、この楽器は民俗オーケストラの基礎となり、第二次大戦後 Minsk conservatory (現在は The Belarusian State Academy of
Music
) でこの楽器を専門に学ぶコースが始まった。 だからベラルーシの音楽院では、ツィンバロムという名称を使っていても、このベラルーシの楽器を学ぶ。

この楽器はほぼ水平になるように、3本の足がついていて、ダンパーはない。バチはとても短く、人差し指と中指の間に挟むのはツィンバロムと同じだが、使い方が違う。手を使って消音する際、手の平を開くようにしてバチを立てて弦に触れる。そのスピードと動きの滑らかさがすごい。


c0055046_11381921.jpg


写真はThe Belarusian State Academy of Musicのサイトより
[PR]
by yt-aoki | 2007-08-31 11:42 | 楽器 | Comments(2)
Commented by 小松崎健 at 2007-09-01 06:16 x
ベラルーシの楽器、YouTubeで見て、とても興味を持っていました。特にハンマーの持ち方!手のひらをぱっと開いて弦を押さえるのが面白い!。YouTubeの動画は、少女たちの演奏で、天使のように可愛いです。もうご覧になったかもしれませんがURL入れておきます。
Commented by =nat at 2007-10-24 03:05 x
わたしが最初に接したのは1995年の第3回世界ツィンバロム大会でした。初日の夜にガラコンサートがあって、そこで衝撃を受けました。その様子がこちら: http://www.cimbalom.org/photos/WCC3/Gala-Video/index.php?f=wcc3-07.mp4&s=2 残念ながら、CWAのメンバーしか見ることが出来ませんが...。
<< 路上ライブ CWAの準備 >>