CWA あれこれ

*ドイツの鉄道の割引
ミュンヘン空港に着いたとき、空港から市内へ行くのにガイドブックを見ながら8.80ユーロだよねと確認して、それぞれが自動販売機で切符を買ってみた。ところが帰るとき、まとめて買ってもらうのに1人が10ユーロずつ預けたら、半分近く戻ってきた。まとめて買うと、かなりの割引になるらしい。それは、オーバーアマガウへ行くときも同じ。6人で一緒に行ったが、何故か5人用の切符と1人用の切符が発券された。そして5人用の切符はかなり安くなっていた。

*ペンションに泊まる
当初ホテルに泊まる予定だったが、一緒に移動した6人のうち4人をシングル・ルームでとお願いしたら、ペンションを紹介された。どうやらホテルのシングルが、ツィンに比べて割高だったようだ。歩ける?という問いに対し、オーバーアマガウはどこでも歩ける小さな町との答えだったが、実際には会場から3分のホテルを通り過ぎてさらに10分近く歩いたような印象がある。

4人が滞在した部屋のうち、1人は本当にシングル・ベッドの狭い部屋だったが、後の3人はシングルベッドを2つ並べた2人用の部屋だった(料金はシングル)。それぞれの部屋にシャワーとトイレがついていて、快適。ルーム・キーは常に携帯するように言われた。鍵が2つついていて、1つはペンションの玄関の鍵なのだ。おかげでひとり夜中に帰ってきても、誰を煩わせることもなく済んだ。

最初ペンションまでは車で連れて行ってもらったが、その後は近道と案内された舗装されてない遊歩道のようなところを毎日歩いた。その道の脇には牧場があり、馬がいる。ある晩ジャム・セッションに参加していて、ひとりで夜1時過ぎに帰ることになった。人はほとんどいないし車も通らなかったが、街路灯も完備され、怖いことはない。ただ、何故かその日、牧場の馬が起きていた。「今頃何?」という感じで寄ってきて、柵にそってついてきたのにはちょっとびっくり。

*サマータイム?
ペンションでは8時に食事にしようと約束をしていたので、7時に起きることにした。目覚ましもかけたが、早くから休んだので目覚ましよりも早く目が覚めた。ところが、とても7時近くとは思えないほど暗い。太陽が昇ってない感じなのだ。日本の感覚で言ったら、6時前。これがサマータイム? ドイツのサマータイムは3月の最終日曜から10月の最終日曜までだった。日本人にしてみれば、9月からもう秋だと思うのだが。
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-25 01:52 | イベント・コンサート | Comments(1)
Commented by =nat at 2007-11-18 23:53 x
アメリカにいたっては、11月の初めまで夏時間ですからね。性格には、Day Light Saving Time ですから、夏時間と言うべきではないのでしょうが。
<< CWA  受難劇 CWA 飲み物編 >>