10年

そろそろ10年、そう思ってファイルを開いてみた。
1997年12月27日、私は楽器を買った。そのとき知り合った人たちのクラブに入り、翌年 1月の新年会に招かれて、日本打弦楽器協会に入会した。

きっかけは1996年11月15日、日本打弦楽器協会のコンサートだった。タウン誌に紹介された記事を読み、興味を持って出かけた。学生時代ツィターという楽器を事典で調べたとき、弦をはじく楽器の隣のページにあったツィンバロムに興味を持ったが、博物館にある楽器としか思わず、今を生きる楽器とは認識できなかった。その後民族音楽に興味を持ち、社会人になってから関わったイベントで、イランのサントゥール奏者と中国の揚琴奏者がお互いの楽器を見比べているのを見たが、イランの音楽も中国の音楽も遠い存在だった。自分で演奏するつもりはなかったが、その程度には打弦楽器を知っていたし民族音楽や舞踊が好きだったので、ツィンバロムやサントゥール、揚琴を一度に見聞きできるコンサートはとても興味があった。そしてそのコンサート会場でさらにハックブレットとハンマー・ダルシマーを知り、興奮してコンサートのアンケートに感想を書いたら翌年1997年11月21日のコンサート案内が届いたのだった。

前年のコンサートでもロビーに楽器の展示があったのだが、この年初めてハンマー・ダルシマーをたたいてみてとても面白い楽器だと思った。そばに11月30日開催のレクチャーのチラシがあり、ちょうど日程の都合がよかったので出かけたところ、そこには売りに出ている楽器が1台置いてあった。欲しくなったが、その日はどうしてもパソコンのプリンターを買って帰らなければならなかった。

レクチャーの時、住所名前を書いてきたので2度目の案内が届いた。あの楽器が売れてしまったかどうか問い合わせると、多分まだ大丈夫との話だったが、2度目のレクチャーの12月14日に売主は不在。その後買取の話はまとまったものの、楽器を取りにいけたのが12月27日だったのだ。

あれから10年。眺めが良く快適だった部屋を、防音が完全でないのとエレベータなしの5階であることが理由で離れ、さらに広いところへ転居。楽器は8台に増え、定年まで勤めるつもりだった仕事も辞めてしまった。まさかそんなことになるとは、青山の雑貨店へ楽器を取りに行ったときには思いもよらないことだった。
[PR]
by yt-aoki | 2007-12-28 23:26 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)
<< 新春大喜利 大徳川展 >>