ソロ演奏のトレーニング

先日から近所のカフェで、ソロ演奏のトレーニングをさせていただいている。

長い間私の演奏活動の場は、ハートストリングスというダルシマー・クラブでのアンサンブルであり、3年前からはメリー・ストリングスというデュオだ。ダルシマーを一人で演奏することは難しく、ずっと無理だと思っていた。

ところが1月に初めてソロ演奏のお話をいただいて、演奏時間も短かったのでお受けしたが、その後、もう少しソロ・レパートリーを増やさなければならないと思うようになった。ずっと「演奏家になるつもりはない」と拒んできたが、この楽器を多くの人に知ってもらうためには、自分一人でもデモンストレーションできなければならないと考えるようになったのだ。

そんなとき、たまたま友達と入った近所のカフェの雰囲気がよく、楽器を置けそうなスペースもあり、彼女から「こういうところから始めるべきよ」とけしかけられてしまった。確かに、駅よりも近く、ソロで弾くには適当な広さだ。それで、オーナー夫妻と相談し、午後のランチタイムが終わる頃からティータイムにかけて、BGM代わりに演奏させていただくことにした。当面ソロ・レパートリーを増やさなければならないのでそのための練習場所を決めたようなものだが、人との約束だから必ず出かけていくし、お客さんがいればせめて耳障りにならない程度には演奏レベルも維持しようとするので、一人部屋で弾くよりはずっと効果的だ。


場所はカフェ&ぎゃらりー 自然館、2月から定休日が日曜に変わりました。

3月は月曜、水曜、金曜の週3日。時間は午後1時半から3時ごろまでの間。

ただし、19日(水)、21日(金)、24日(月)はお休み。31日(月)は未定です。
[PR]
by yt-aoki | 2008-03-03 18:06 | イベント・コンサート | Comments(3)
Commented by 小松崎健 at 2008-03-04 10:19 x
自然館の方から、ミクシーで、青木さんのライヴのお話を聞きました。週三回演奏は、すごい!!鍛えられますね。

僕も最近、小樽のレストランで、月に1、2回ソロライブやらせていただいていて、だいぶ鍛えられてます。長年ダルシマー弾いていますが、一人でもなんとか出来るようになったのは、つい最近です。
Commented by yt-aoki at 2008-03-04 13:36
BGMというのがとても微妙でよいのです。その言葉に、あまりしっかり聴かないでねという思いが込められています。だから弾き始めたけれど途中から伴奏がいれられなくなって後半メロディーだけになってしまったり、メロディーをきちんと覚えてなくてごまかして終わらせてしまったりなんてことも。お客さんがいない時に練習するのですが、誰か来たらすぐに演奏モードにして、とりあえず弾ける曲から始める。そんな感じでやっています。

実はこれ、小松崎さんのライブがきっかけになっているのですよ。一緒にカフェに行った友達は静岡のYさん。新宿ライブの翌日、私の家にダルシマーを習いに来てくれたのです。その後毎日弾いているそうですから、静岡にもダルシマー弾きが増えましたし、私も活動の場を広げたというわけです。

Commented by at 2008-03-05 07:30 x
 小樽のレストランも、たまたま食事に来たお客さんがほとんどなので、半分BGMなんです。僕も、間違えたり誤摩化したりして、なんとかやってます。不思議なのは、運河のストリート。いつもソロだし、手元を、じっと覗かれたりしますが、なぜか緊張しないんですよね。
 僕のライヴがきっかけなんて、嬉しいです。Yさん、習いに行ったんですか!彼女、以前ウチにも習いに来てくれたし、小樽のレストランにも来てくれました。
<< ピアノ 100年前のベトナム >>