<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヨウキン

もう3年も前のことになるが、琉球御座楽(うざがく)の事を調べ、御座楽復元研究会、御座楽復元演奏研究会の方たちと交流し、日本打弦楽器協会で洋琴研究会を開催した。その結果、御座楽で使われた洋琴が、長崎に伝わった明清楽よりも古い時代に日本で演奏された打弦楽器である事を知った。1752年(宝暦2年)、琉球に尚穆王が即位したことを感謝する使節の時であったと考えられる。この頃の日本には、洋琴を使わない明楽が流行していて、清楽は伝わっていない。

幕末から明治期にかけて大流行したといわれる明清楽を調べていると、確かに清の時代の音楽である清楽に洋琴が使われたはずなのだが、打弦楽器らしからぬ図や写真がみつかる。いつかそのことを解明しなければと思い、打弦楽器ジャーナル(2004年4月)に書いた記事の中でも「稿を改めて報告したい」と書いたのに、なかなかそれに取り組むことができなかった。

ところが先日の日曜、おそらく19世紀前半の長崎で書かれたであろうある記録の中に、洋琴の図が発見されたと知らされた。音楽とは無関係な分野の研究者のところに持ち込まれた、未公開の文書である。それを聞いて火がついた。忘れかけていた年号や、名称、関連記事が掲載されていた資料名などを思い出している。

しかしそのためには、図や写真に見られる打弦楽器とは思えない別の楽器の知識がなければならない。

打弦楽器を調べ始めて痛感したこと。私が調べているのはこの楽器ですと説明するために、名前だけ同じでまったく違う楽器とどこが違うのかを説明するために、自分の専門ではないと切り捨てた楽器について知らなければならないということ。例えばアメリカのハンマー・ダルシマーを説明するためには、何故アメリカではダルシマーではなくハンマー・ダルシマーなのかを、アメリカでダルシマーと言った場合思い描かれるもうひとつの楽器のことを、説明できなければならないということ。

というわけで今私は、琴や筝や瑟を追いかけている。
[PR]
by yt-aoki | 2005-07-29 00:06 | 歴史 | Comments(0)

会報15号

協会の会報がやっと出来上がり、今日発送した。

4月24日の総会で、過去2号の「打弦楽器ジャーナル」から会報を部分を切り分けて、刊行頻度を上げようと決めたのに、その話をしてから刊行までに3ヶ月もかかってしまった。

協会を運営しているのは、昼間仕事を持っている人ばかり。顔をあわせての会合はなかなかできないし、仕事が忙しいとこちらに手が回らなくなる。ほとんどをメールに頼っている。面白いもので週に何度もメールをやり取りしていると、相手の生活パターンが見えてくる。この人は朝型で、この人は夜型、その夜型も深夜0時前後の人、大抵2時過ぎの人、とか。だから何時ごろ書いたメールにこの時間になっても返事がなければ、今日は読んでもらえなかったなと判断する。

今回こんなに時間がかかってしまった理由のひとつに、会計報告があった。どうしても収支が合わず、あれではないか、こうだったのではないかと、ほとんど1ヶ月近くのやり取りが続いたのだ。最終的に最初から数えなおし、不明であった理由がはっきりし、収支を合わせることができたので、ごまかしがないことだけはここに書いておこう。

その後は会報担当者が本来の仕事から抜けられなくなり、時間が取れなくなってしまった。私が書ける部分はできるだけ原稿にしてメールで送るのだが、それを割り付け、形にしてくれる人が動けない。結局、7月15日までには半分しか仕上がらず、続きは22日となった。この夜、午後9時からその4、その5・・・その8、最終、といいながらさらに4回の修正が加わり、こんどこそ、にはごめんなさいと返信し、最終版は2時半だった。そのたびにプリントされる紙も、かなりの量だ。こういうものは混乱を招くので、裏紙使用ができない。

さてその後も週末に封筒の印刷、同封する郵便振替用紙の印刷を分担した。私は本体をコピーし、折って封入するところまで。ここで相手と会って手渡しできる近さだからよかったものの、そうでなかったらさらに大変だ。後はもうひとりが振替用紙を入れて封をし、郵便局へ。これで一連の作業が終了。

ちょっと詳しい裏話を書いたことには理由がある。会報の最後に、このブログが紹介されてしまった。そこには「協会裏話も?」とあった。それを期待して読みに来る人もいるかもしれない。でも裏話と言っても、こんなものですよ。
[PR]
by yt-aoki | 2005-07-26 00:02 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)

修士論文

メーリングリストで紹介され、頼んでいた修士論文が届いた。
タイトルは、
"A Community, Not a Tradition:"
The Hammered dulcimer World of the Eastern United States
著者はDeborah Justice
Wesleyan大学に提出されたものだ。
彼女はこの先Indiana大学の博士課程で研究を進めるらしい。

これまで何点かの修士論文・博士論文を図書館に取り寄せてもらったが、個人で購入したのは初めてだ。支払いにはPayPal.comを使ってみた。PayPalを知らなかったら、こんなに簡単に入手できなかったろう。

この論文タイトルは、とても興味ある。「伝統」ではなくコミュニティ、多分それだからアメリカに暮らしたことがなく、日本で文献だけに頼ってアメリカのダルシマー事情を知ろうとしてもわからないのだ。

Introduction の後の3章には、Sam Rizzetta, Ken Kolodner, Maggie Sansoneという著名な3人の名が付けられている。どの人にも興味がある。

アメリカの事情についてのソースは、以前に書いたMailing Listと雑誌Dulcimer Players News、そして、バイブルとも言うべきPaul M. Giffordによる大著
"The Hammered Dulcimer : A History"
(American Folk Music and Musicians, no. 6) Scarecrow, 2001
がある。本当はこのGiffordの本をじっくり読みこなしたいのだが、Forerunners, The Dulcimer's Originsに続く章が、The Santur, The Hackbrett, The Cimbalom Family, The Pantaleon, The Salterio, The French Psalterion and Tympanon, The Yangqin Family, The Dulcimer in the British Islesとあり、その時々に必要な章を読んでいると、なかなかThe Dulcimer in Americaにはたどり着けない。
しかもアメリカの章も1717-1850, 1850-1900, 19世紀アメリカのダルシマーのデザイン、1900-1975, リヴァイヴァル、Dulcimer から"Hammer(ed) Dulcimer"へ1970年以降の変化と6章もある。

今回入手した修士論文を読みながら、Giffordのアメリカの章を読めたら・・・なんて思っても、今年の秋までには日本のダルシマーについての調査をある程度済ませたいので、かなり先のことになりそうだ。
[PR]
by yt-aoki | 2005-07-17 09:50 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

6月の活動

なんと、5台目の紹介をしただけで6月が終わっている。

何もしなかったわけではない。いつもと同じように2回のハートストリングス練習会があり、そこには新人の参加があり、久しぶりに永福町の練習場を使い、そして美野里の報告を入れたニュースレターを送信した。

5台目の楽器も、持って出かけている。6月中に3回。
これはなかなか便利だ。これまではすでに私が使っている楽器を知っている人のところへ持っていったが、知らない人に説明するにもよさそうだ。

協会の活動はちょっと停滞した。会報の準備が思うように進まない。それでも理事会として48通のメールを行き交わせている。ただ返事待ちということが多く、その間あまり他のことができなかった。

秋のコンサートの演奏曲目について相談され、人に問い合わせたり自分の選曲をふりかえったり。また月末にはアメリカからダルシマーについての修士論文を出版したというメールが届き、コンタクトを取っている。

それらを記録する余裕がなかったのは、疲れているということかもしれない。
昼間の仕事が忙しく、今までメールやブログを書いていた11時ごろにはパソコンをシャットダウンすることが多かった。この忙しさはもうしばらく続く。
[PR]
by yt-aoki | 2005-07-02 18:38 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)