<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

会報16号

会報16号を9月中に出してしまおうなんて事を言い出したのは、いつだったろう。
多分、9月の8日ごろではなかったか。

7月に出した後、9月にいくつかのコンサートがあることがわかったのだ。それも会員が演奏するコンサート。

まずいよね、早く出した方がよいね。そういいながら、いつ出すかを決めかねていた。
あまり早く出すと、次がまた早まってしまう。

結局、10月のCimbalom World Association北京大会前に、北京行きはこんな状況です、参加しませんかという記事を入れて、9月中に出すことにしたのだ。前回が7月20日付けだから、今回は9月20日付け。

9月12日、留学中のS氏が一時帰国するため、北京情報などの交換のため会合を持った。その日に一部の原稿依頼。本当は私が前日に打診しておくはずだったのに、忙しくて忘れてしまっていた。夜10時の別れ際、お願いしますといったら「エーー!!明日から忙しくなるのにーー!」(ごめんなさい!) 「いつまで?」「早く書いたが勝ちです!」そして、彼女の勝ち。
私がコンサート情報を問い合わせている間に、もう原稿は送られていた。

その後、編集の相方が15日から18日まで東京を離れることがわかった。ネットにはつなげないけれど、パソコンは持っていくので編集はできる。その言葉に、できる限りの原稿を用意して送った。

15日からの4日間は、修正データを毎日彼女の携帯に送る。一部の長い原稿は、帰宅した時に読んでもらおうと自宅のパソコンに宛てた。そして19日。昼になって届いたメールによれば、前の晩遅く帰宅、メールチェックしようとしたら無線LANがつながらず、格闘の後受信したメールが400通あまり。チェックしているうちに疲れて寝てしまったと。

それから約14時間メールのやり取りを続けて、20日の午前2時半、私は休むことにした。
彼女からの最終稿が届いたのは午前4時。それを8時ごろプリントアウトして、夜会う段取りを決め、出勤。昼休みにコピーと折り。夜ファミレスで封入。相方は徹夜したそうだ。

なんでこんなことをするのだろう。もっと楽にすればいいのに。もっと時間をかけるとか、だいたいなんでこんなに、自分で自分の首を絞めるような設定にするのだろう。そう思いながらもしてしまう、お互いにそんなことをしてしまうのは、多分、使命感。

私達は私達のできることをする。そのために私達はいる。そして私達の「できること」の中には、「最低限これだけは押さえなければいけない」ということがあって、それは暗黙の了解としてお互いに持っている。だから安心して一緒に仕事ができるのだ。

ん? 仕事? お金にならないから仕事じゃないか。
[PR]
by yt-aoki | 2005-09-21 01:48 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)

レパートリー拡充

夏の間に「クリスマスコンサート」という件名のメールが届いた。
クリスマス・コンサートで演奏しないかというお誘い。
関係者と話し、クラブで相談し、出演者は確定しないながらも、コンサートへ向けての曲を準備し始めることにした。教会コンサートなので、クリスマスの讃美歌を入れるつもり。

さすがに8月の練習会ではクリスマス讃美歌を弾く気になれず、9月の練習会までに楽譜を準備することにしたが、この数年の練習の間に、5曲くらいは弾いている事がわかった。つまり楽譜を新たに起こす必要はなさそうだ。

そんな頃に、今年もう少しレパートリーを増やしたいという相談を受け、それではいつか老人ホームで演奏したいと言っていた、そういう曲目にしましょうかと、あれこれ曲名をあげてみた。こちらは童謡曲集や、昔の音楽の教科書に載っているような曲ばかり。

ただ、ダルシマー・フレンドリーな調とは限らない。歌集をいくつかめくってみると、歌いやすい調に移調してあるものが見つかるが、歌いやすい調が弾きやすい調ではない。それで結局、G majorとかD majorとかに直すことになる。

もともと短い曲だから(せいぜい4小節で4段の16小節)、たいした量ではないのだが、それが重なると結構な量になる。2日ほどやってみたが、夜遅くなってからではせいぜいひと晩に4曲しか書けない。それなのに、早春賦と知床旅情の出だしはそっくり、とか、もみじと七つの子も、とか、ついつい並べてしまいたくなる。

で、11日の練習会はそんな曲を練習することになるだろう。
この日はゲストが珍しい楽器を持ってきてくれる。それも楽しみ。
[PR]
by yt-aoki | 2005-09-09 00:16 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)