<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハックブレット講習会

日付が変わってしまったのでもう昨日のことだが、ハックブレット・コンサートの前に会員向けの講習会を開いてもらった。ビルギットさんは音楽院の先生、それも、ドイツの音楽院でもほとんどのところがハックブレットを民俗楽器としてしか教えない中で、古典から現代曲まで扱う数少ない学校の先生だ。

楽器についてのレクチャーと、ちょっとした体験も含むとても有意義な1時間半だった。おそらく留学経験者以外で、このような講習を受けた日本人は今までいなかったのではないかと思う。ハンマー・ダルシマーの私にとってもとても興味深いものだった。できれば録画を確認して、文字に起こして残しておきたいと思う。

しかし録画を見るのは、ちょっと辛いものがある。私の通訳がちょっと・・・。あんなもの、恥ずかしくて見たくないというのも本音。出席していた皆さんには申し訳ないけど、私の英語能力はそんなに高くない。ただ、音楽を勉強していた経験と、ダルシマーを弾いている経験からのご指名だった。間際になって、ドイツ語が堪能な助っ人が来てくれるという話があってすっかり安心しきっていたのだが、さすがに急なお願いではスケジュールの調整ができなかった。

けれど自分で通訳をすることになって(あれは正確には通訳とは言えない、講師が言っていないことまで言葉を補ってしまった部分がある)、集中して聞いていたため、主催者の一人として、後から来るお客さんのことを気にしたりしながら聞くよりは、ずっとよく理解できた。

立って演奏するか座って演奏するかなど、普段私自身が考えていることと同じこともあったが、腕の使い方など普段の練習では忘れていることもいろいろあったし(かつてダンスを習っていた経験から、人より先に気づいてよいことだった)、言われればすぐに納得できることも多かった。私が感じたのは、彼女の奏法は、本当にベーシックな体の使い方をしているということだった。滑らかに両腕をコントロールする、それが大切だということを伝えてくれた。

一方講習を受けていた日本人の多くは自己流で、しかも成人してから始めた人が多く、ちょっとしたフレーズを弾いているのを見ているだけで「ここの力を抜いて」と指摘したくなる。もちろん彼女はそんなことは言わない。

打ち上げで遅い食事を取っていた時、彼女は言った。「今も習うことがたくさんある。教えている子供達からも習っている。習うことをやめてしまったら、先生としては失格。」だから彼女はだまって日本人のことも見ていたのだろう。よりよくするためには、どういう順序でどういう指摘をするのが効率が良いかを考えていたのかもしれない。

本当に感じのよい人だった。そして音楽的な感性も、とてもよいものを持っている人だ。
コンサートのアンコールで弾いた「さくら」に、それはよく現れている。
朝から夜まで長時間で疲れたが、とてもよい体験をさせてもらった。
[PR]
by yt-aoki | 2005-11-27 02:04 | Hackbrett | Comments(0)

ハックブレット・コンサート

数日前、今度のハックブレット・コンサートの演奏者、ビルギットさんの歓迎会のお知らせが来た。北京用に英文の名刺を作った残りはどうなっていただろうと、久しぶりに名刺入れを開けたら、数枚の外国人の名刺が出てきた。みな北京で交換したもの。帰ってから整理してなかったのだ。一瞬あせったが、主な人たちとはすでにメール交換もしている。ただ、2件だけ、まだメールを書いてない。

結局それは後回しになり、ハックブレット・コンサートの準備を進めている。ちょっとしたアクシデントがいくつかあって、新聞にも掲載できず、ひたすら口コミで集客に努めているが、いったい何人集まるのか。


いまさら書いても遅いが、ここにもハックブレット・コンサートのことを書いておこう。

●日本打弦楽器協会主催:ハックブレット・コンサート
Birgit Stolzenburg, Hackbrett

南ドイツ、アルプス地方の打弦楽器、
ハックブレットの演奏家、ミュンヘンで活躍中の
ビルギット・シュトルツェンブルグが来日!
バロックから現代までのオリジナル曲、
ヨーロッパのフォークミュージックと幅広くお楽しみいただけます。
ハープ伴奏 金内 由美

日 時:11月26日(土)開場18:00 / 開演 18:30 
参加費:日本打弦楽器協会会員2,000円 一般3,000円
会 場:上用賀アートホール(世田谷区上用賀5-14-1-102 Tel 3708-4455)

ビルギットさんは、ミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院でハックブ
レットを教える先生です。上用賀アートホールは新玉川線用賀駅北口下車徒歩
14分、世田谷美術館の案内板に従って歩いてください。
[PR]
by yt-aoki | 2005-11-25 01:28 | Hackbrett | Comments(0)

亀工房+ハード・トゥ・ファインド

日曜日の夜、亀工房とハード・トゥ・ファインドが共演する「ハンマー・ダルシマーの魅力」というコンサートがあった。クラブのメンバーだけでなく、これから練習を始めようとする人たちも誘って出かけた。

その日、昼間はパシフィコ横浜での楽器フェアに出かけていた。2年前にも思ったが、これだけ広い会場を歩き回って、私が演奏する楽器も、同族の楽器も1台もない。出品されてないことを確認するために行ったようなもの。4年前にはハックブレットが2種類出ていて、それをきっかけに私はハックブレットを買ったのだけど。

さてその、日本ではマイナーとすらも言えないくらいマイナーなハンマー・ダルシマー。それを使って演奏活動をするグループはいくつかあるが、亀工房とハード・トゥ・ファインドはその中でも有名な2つ。どちらもCDを出している。

亀工房はギターとダルシマーのデュオ、ハード・トゥ・ファインドは、ダルシマー、フィドル、ギターなどのアンサンブル。これまで亀工房は何度か生で聞いているが、ハンマー・ダルシマー界では超有名なハード・トゥ・ファインドを生で聞くのは初めて。どちらもそれぞれの趣がある。しかし今回の「魅力」はなんといってもそれぞれのダルシマー奏者の”激突”(これは亀工房さんの表現です)。

亀工房が演奏し、ハード・トゥ・ファインドが演奏した後、2台のダルシマーの演奏があった。これがなかったら、怒るよ!というくらい重要な演目は、CarolanのSheebeg and Sheemore。

良いわ~! 2台のダルシマーは自分でも経験があるが、他人のを聞くのはクラブの中でだけ。演奏活動している人たちのデュオを聞くのはこれが初めて。2台の微妙なチューニングのずれまで含めて(決して演奏者のチューニングが悪いと言っているのではありません。この楽器は、長い時間舞台照明の下に置いておくだけで、狂ってきてしまう宿命にあるのです!)、そのうなりも心地よい。やはり目指すはこれ! 

ますますクラブの活動を盛んにしたいと思って帰ってきた。
[PR]
by yt-aoki | 2005-11-10 00:35 | イベント・コンサート | Comments(1)

CWAエピソード6:ふるさと

最終日はガラ・コンサート。日程の何日目だったかに、CWA会長から演奏したい人は申し出るようにとの話があった。日本人は大抵夕食を一緒にしていたが、Jさんから最終日に日本人全員で参加しませんかとの提案があった。文部省唱歌「ふるさと」の楽譜を用意している。ツィンバロムの彼女と同じくツィンバロムのH君は何の問題もないだろう。揚琴のYaさんとYo君も楽器を借りればメロディーくらい弾ける。残る人たちはどうするか。

実は私は北京行きの前日に思いついて、Backpacker Hammered Dulcimerを持っていっていた。日本国内の旅行にも持って行ったし、ちょっと人に自分の楽器を紹介するためにも持ち歩いた。楽器なしで参加するより、何かのおりの話題づくりにもなるかと思ったのだ。実は北京に到着してから空港での時間つぶしにも使った。

その楽器を使おう。ダルシマ初心者のKさんでも、その程度のメロディーなら弾ける。
で、後の人は「歌いましょう」というのがJさんの提案。「私はピアノで伴奏するから。」

とりあえずKさんに楽器を貸して練習してもらった。その脇から私が中声部をたたくという案もあったが、あまりに小さいダルシマでそれも難しい。それに、普段から熱心に練習会に参加しているKさんは、何の問題もなく弾ける。

で、私も歌うことにした。歌のメンバーは他にSさんとA先生ご夫妻。
いいのかなぁ、先生だけでなく奥様まで引っ張り出してしまって・・・

ガラ・コンサート当日。午前中のセッションが終わり、昼食後、出演者はみな1時半のバスでオープニング・コンサートが開かれたのと同じ会場に行くことになった。Sさんは翌日から仕事で上海に行くため、ホテルをチェックアウトしてしまい、北京市内にホテルを探すという予定だった。だからもちろん大きな荷物を持っている。が、いざバスに乗り込もうとすると、担当者がこのバスは演奏者だけしか乗れないという。しかも彼女が持っている演奏者リストにはJさんとH君の名前しかないのだ。ここでJさんの交渉が始まる。「皆演奏するんです。Sさん、Kさん・・・」と名前を書いてもらい・・・。

みんな昼間から北京市内へ行きたいがため、バスに乗りたいために、舞台に立ってしまいました。私も歌はもちろん専門ではないし、勉強したのは単位をとるための1年くらいで、以来20年、ろくに歌ったことなかったのに。
ま、いいかで済ませてしまって、申し訳ありません。

この日、北京在住のNさんが聞きに来てくれた。素晴らしい演奏が続いた中での日本の歌、とてもよかったと言ってくださったけれど、それは、打弦楽器ばかり続いた中での異色さがよかっただけではとも思ったりする。でも、日本からはスピーチもしたし、全員での演奏もしたし、少しはアピールできたのではないかと思う。
[PR]
by yt-aoki | 2005-11-02 01:04 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)