<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

めったに聞けない組み合わせ!

揚琴のウェイウェイが、ミュンヘンのツィター奏者 Willi Huberと「中国揚琴&ツィター 夢の共演」というコンサートを開いている。(4月25日、26日、28日)

ツィターは映画「第三の男」のテーマ曲でアントン・カラスにより有名になった楽器であるが、ヨハン・シュトラウスの「ウィーンの森の物語」の冒頭でもソロで演奏される。箱の上に金属弦を張るという点ではダルシマー属と同じだが、こちらは弦をはじく楽器。もっともツィターという語は、広義にはこの「箱の上に弦を張り渡す」楽器全体を示すため、ダルシマーもツィター属であるという言い方のほうが正しい。

狭義のツィター、Williが演奏した楽器は、オーストリアやドイツ南部にある箱型ツィターで、演奏者の手前側にはクロマティックなフレットのある指板の上にメロディー用の弦を4,5本張り、そのほかに30~40本の伴奏弦を持つ。メロディー弦は親指にはめたプレクトラムで演奏し、伴奏は開放弦を指ではじく。今回Williが持ってきた楽器は音楽表現を広げるために新しく作られたもので、通常の伴奏弦だけでなく、さらに1オクターブ下までクロマティックに配置した低音弦を持つ。そのため楽器の形も妙な四角形になっているが、この低音弦の響きが心地よい。

さてその二人の共演。揚琴のバチは竹にゴムをかぶせてあるので、通常は柔らかい音がするが、反対側の竹で打つとハンマー・ダルシマーのようなきらきらとした音になる。そしてツィターも、プレクトラムの硬い音と、指を使う柔らかい音に、さらにハーモニクス奏法の独特な音色が加わる。これらが、Willi Maerzという名で編曲家としても活躍するWilliの手により交錯するのだ。200本近い弦が生み出す華麗なる世界!

ウェイウェイが話していたように、たくさんの楽譜が行き交い、それぞれに練習を重ね、合わせたのは本番前のわずかな時間だったろう。それは私自身が遠隔地デュオをするのでよくわかる。それぞれのソロのほかに、デュオで演奏したものが6曲あったが、おそらくそれらはWilliの編曲によって支えられたのだと思われる。彼は日本が大好きだと言っていたが、日本の音楽をよく研究しているので、「さくら」などの編曲にも違和感を感じない。それどころか、前奏や装飾に使われる思いがけない音の連なりに、自分の編曲力のなさを実感させられる。

彼ら二人は日本で、あるパーティーで知り合ったという。この珍しい組み合わせのデュオが、日本で、日本打弦楽器協会の会員によってなされたことがとてもうれしい。
[PR]
by yt-aoki | 2007-04-26 22:18 | イベント・コンサート | Comments(0)

5月の演奏予定

美野里ダルシマ&オートハープフェスティバルが近づいている。
ハートストリングスは多分4名で参加。そろそろ本格的練習に入る予定。

それよりも目前に迫ってきてしまったのが、Gruppe [和] サロン・コンサート。
いいのだろうか、こんなところに出てしまってという思いと、どこでもチャンスがあれば、楽器を知ってもらいたいから演奏しようという思いが交錯する。

私の音大時代のピアノの先生が声をかけてくださった。
以前にもお話があったのだが、とても演奏できる状態ではなく、お断りした。
けれど今回は、メリー・ストリングスという形でできるのではないかと相方に連絡してみたら、OKをもらえたのだ。彼女にはまた旅費の負担をかけてしまう。

●Gruppe [和] サロン・コンサート
日時:5月4日(金) 15:00~(14:30開場)
会場:MUSICASA(代々木上原2分)
料金:1000円(ドリンク付)

チェロのソロ、ピアノ・ソロ(フォーレ、ラフマニノフ、モーツァルト、ショパン、リストなど)、歌(ロッシーニ、シューマン、ベッリーニなど)の後に、ハンマー・ダルシマー2台での演奏と楽器についての話をします。またコンサート終了後、20:00頃まで懇親パーティーも予定されています。
メリー・ストリングスは、東京と和歌山に住む2人のデュオのためめったに演奏の機会がなく、東京での演奏は、今回で2回目となります。


★第6回美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバル
2007年5月26日(土)~5月27日(日)
茨城県小美玉市納場の上野牧場にて開催。参加費2000円。
ステージでの演奏は、土曜の昼過ぎから夜まで、日曜の朝から昼過ぎまで。
常磐自動車道「岩間」インターチェンジから約10分、JR常磐線「羽鳥」駅から車で約5分。
[PR]
by yt-aoki | 2007-04-25 21:48 | イベント・コンサート | Comments(0)

打弦楽器博物館

打弦楽器博物館を作りたいと思っている。

初めは「楽器を常に置いておける練習場」を作りたいと考えていた。ハンマー・ダルシマーのクラブ、ハートストリングスの平均年齢は結構高い。皆が楽器を運んで来られなくなる日は、そう遠いことではない。メンバーには自宅にあるのと同じ楽器をもう1台用意してもらわなければならないが、同じ楽器が練習場に置いてあれば、楽器を運べないという理由でのリタイヤはなくなるだろうと考えたのだ。けれど、どこか部屋を借りるとなると、東京ではかなりの費用を用意しなければならない。

その一方で、日本打弦楽器協会のメンバーの何人かが、家に置ききれないほどの楽器を持っていることを知るようになった。しかもそれぞれ守備範囲が違うから、合わせればかなりの種類になる。博物館にあるような古くて貴重なものはないが、世界のどこかで今も使われている、あるいは少し前まで使われていた楽器を集めることができる。それらの楽器を貸してもらって、打弦楽器博物館を作ってはどうかと考えた。

彼らの持っている楽器の中には、海外から演奏家が来るときに、望まれて貸し出す楽器もある。日本の楽器店では普段扱ってない楽器もあるし、日本に数台しかないという珍しいものも多い。しかも楽器作りをする人もいるから、メンテナンスもできる。博物館が楽器を所有するのではなく、所有者と契約を交わして提供してもらえばよい。それぞれの契約により、音を出してよいとか、その楽器を練習に使ってよいとか、あるいは貸し出してよい場合の料金などを決めておけば、体験レッスンなどもできるし、同じ楽器が何台かあれば、練習会も可能になる。もちろん楽器の違いを紹介するレクチャーもできる。

私自身5台の楽器を持っていて、1台をクラブのメンバーに貸している。実は以前アメリカの先生が珍しい楽器を手放そうとしていたことがあって、場所さえあれば買いたかったのだが、私の狭い家には置けずにあきらめた。あれがまだ売れてなければ、ぜひ博物館に欲しい。

展示スペースと楽器庫兼スタジオ、事務スペースの3部屋があれば、いろいろなことができるようになるだろう。規模としては楽器店のショールーム程度としても、博物館にしたい。それで博物館とはどういうところか、まだ単位を取得するところまで踏み込んではいないが、放送大学で博物館関係の講座を視聴し始めた。これからもう少し、この打弦楽器博物館の実現に向けての行動を起こしていこう。
[PR]
by yt-aoki | 2007-04-11 01:00 | 楽器 | Comments(0)

コンサート準備

コンサート準備といっても、いろいろある。

自分が演奏するための、練習。これが一番近いところにあるが、なかなかできない。
8日のハートストリングス練習会は、参加者が少なく、個人練習が中心になることを見越して、メリー・ストリングス用の楽器を持っていった。以前ボロボロだった曲をちょっと練習。

もうひとつ別のこと。協会のコンサートの準備。
協会のコンサートはまだ開催が確定していない。なぜなら会場が確保できていないのだ。
こういうことに不慣れな私たち。でもなんとかしようと準備をしている。
とりあえず、どこのホールが何日前に申し込めるか調べている。
会場によって、1日だったり2日だったり、第1水曜日だったりする。
その日に抽選だったり、先着順だったり、後から抽選会の知らせが来たり、いろいろ。
来月から該当日にあちこちに行ってもらう、といえるほどスタッフがいないのがつらい。
[PR]
by yt-aoki | 2007-04-10 01:40 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)