<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

調布市郷土博物館

先週の土曜、調布市郷土博物館へ行ってみた。

新聞の多摩版(7月11日)に企画展「懐かしき、あの日、あの時~団塊の世代の昭和」が始まったという写真つきの記事を読んだからだ。記事には、昭和30年代前後の家庭用品やおもちゃなど、市民から提供された品が展示されているとある。別にこのような企画が珍しいわけではない。特に今は昭和30年代が流行りらしく、あちこちで昭和30年代という文字を見かける。そして写真に見られる再現された居間にも、そういう時代の再現としてよく見られる、足踏みミシン、白黒テレビ、ちゃぶだいが並んでいる。

調布というところは、近い割りには行きにくい。どこかでバスを使うか、電車を2回乗り換えなければならない。そんな面倒なところへわざわざ行くほどのものでもないだろう思ったが、その日は四谷でランチだったので、帰りに新宿から京王線を使い、寄って帰ることを思いついたのだ。調べると駅からちょっと離れているようだったが、運動不足なので歩くことは問題ない。

その日は突然の思いつきだったため、所在地や電話番号、地図など何の用意もなく調布駅から歩き始めた。いい加減な方向感覚だけでは無理だったかと思い始め、何気なく振り返るとそこにあった建物に「博物館」の文字。裏の方へ回ってしまったせいか、案内板は何もなかった。

入場無料の小さな博物館、土曜の午後、お客さんは私のほかに4人だけ。それほど珍しいものがあるわけでもなく、逆に「私も持ってる」というような音楽教科書があったり。そんな企画展を見た後、まあ一応と2階の常設展示室にも上がってみた。ところがそこにあったのが、日本に現存が2台しか確認されてないという製作者による古いリードオルガン。

市民からの寄贈品で、保証書が明治33年(1900年)までのものだったため、それ以前に日本で作られたと考えられるオルガン。61鍵、燭台つき。「大日本東京三省堂」「海保製作」と記されている。修復されたらしく、とてもきれい。

帰りがけに「郷土博物館だより」No. 70(2007.2)をもらってきた。それによると、2000年に寄贈され、2002年に専門家の調査により貴重なものだとわかり、2003年に修復し、コンサートが開かれたとのこと。その後も何回のコンサートにこのオルガンが登場しているらしい。

珍しいものに出会えて、とても得をした気分の午後となった。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-28 18:06 | 音楽 | Comments(0)

明日の教会コンサートは中止

昨日から、台風接近の場合はコンサート中止もありうると了解してくださいとの連絡が来ていたが、今日、中止が決定した。

コンサート案内を送信した関係者にお知らせメールを出した後、雨の中出かける。

昨日も午後楽器を見せに行った。先日発見された、未完成の楽器の関係者に楽器の詳細を知ってもらうため。約束は2時だったが、なんとそこを出たのは6時近く。彼女もいろいろ質問してくれるので、知る限りのことを話していると、いつの間にかそんな時間になってしまったのだ。
夕方降り始めるかと思っていたが、幸い濡れることもなく帰宅。

今日は、昨日事前勉強をした彼女とともに、ひょっとしたら同じメーカーの楽器かもしれないものを持っている方のお宅を訪問。そして今日も長居をしてしまい、腰を上げたのは6時過ぎ。楽器は事前に問い合わせて確認していた点は同じだったが、ブリッジの形も弦の張り方も違う、とてもきれいで良い音のするものだった。キットとは質が違うのかもしれないし、別メーカーの物かもしれない。最終的には販売店に問い合わせるしかないだろう。

ただ、イギリスの知人に問い合わせても、チューニング法についての結論は私と同じだったし、弦の太さにもそれほど違いはなかったので、最低音をGとする、アメリカで言うところの12/11と同じ方法で問題ないだろうと思う。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-14 21:26 | イベント・コンサート | Comments(0)

小さな交流会

7月8日午後、ダルシマーの弦の張替えをきっかけとした、小さな交流会を開催した。
参加者は、その日の午前中練習会のあったハートストリングスのメンバーと、弦の切れたダルシマーを持っているご夫妻と、あと1人だけ。

また新しいダルシマーに出会った。FolkcraftのLegend 16/15という。私の最新の楽器(眠り姫)も同じメーカーのLegend Pathfinderというが、まったく違う楽器だった。今日の楽器は、低音に真鍮弦が張ってあってやわらかな音がする。今回会場には、4種類のダルシマーと1台の揚琴が集まった。

さてその楽器に弦を張るというときになって、その弦が1本の弦を折り返して2本にしていることがわかった。普通弦の先端にはループを作らなければならないが、折り返し弦の場合は、中央部に輪を作る。使う弦は1本、張るのは2本。最後に、私がリゼッタ用の弦を分けてもらったので、その弦でループを作る説明をしてもらった。

その後は、ダルシマーのほかに持ってきてくださったマウンテン・ダルシマーを弾いていただいたり、お互いに知っている曲を探して演奏する。ご主人はギターを弾くが、奥様はダルシマーを始めたばかりでまだ弾けないと遠慮なさるので、もう一人の参加者に音の配置を教え、コードの構成音を打つことで参加してもらう。

私たちはあまりブルーグラスを知らず、どんな曲でもOKというわけではなかったが、時々こうやって微妙にレパートリーのかぶさる人たちと演奏することは楽しい。また、そういう経験をしないと、レパートリーが増えていかないのだと思う。参加者の何人かはマウンテン・ダルシマーを触らせてもらい、また何人かは、歌を歌った。とても楽しい午後だった。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-10 01:14 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

切ったー!

6月26日にfolkcraftの眠り姫を出してチューニング、それほど狂っていなかったのですぐにしまい、ピアノ・ダルシマーを出した。そしてまた3台が並んで部屋を占拠している。

ピアノ・ダルシマーも弾くが、時々普通のダルシマーを弾きたくなるので仕方がない。
Rizzetta Piano Dulcimerは、しまうことも出来ない。まあ、それは承知の上で買ったのだが。ただ、ピアノ・ダルシマー用のアレンジをしていると、リゼッタなら1オクターヴ上げなくても弾けるというところに出会う。そうかそうか、これが使えればね、とも思う。
でもそのためには、運搬用のケースを作らなければならないし、車が無ければ無理だ。

リゼッタの音は全体にそれほど狂っていないのだが、なぜか低音の1音だけ、2本とも落ちていた。リゼッタの前にあったピアノ・ダルシマーをどけて、チューニング。
1本目はよかったが、2本目を切った。F#3、前と同じ.025というリン青銅弦だ。

すぐに保管してあった弦のうち、短い方を使って張り替える。
だいぶ慣れてきた。
この間、いったい今何台あるのと聞かれたが(1台貸出中で7台)、いったい何本切った?
答えは5本。3本は切れた弦で代用したので、現在2本欠。

しかし・・・、ここまで弦が切れると怖くて演奏には持ち出せない。スペアの弦を持っていて、張り替えてすぐ演奏というわけにはいかないのだ。弦の選択に無理があるのかもしれない。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-07 13:06 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

練習

珍しく、練習しない私が練習をしている。

先週の水曜日、朝起きていきなりある曲を弾いてみたくなり、D-35で弾き始めた。
ダルシマーに呼ばれると書いた日の朝のことだ。
楽譜はなく、記憶だけで弾き始めたが、著作権が気になり、曲についてインターネットで調べ始めて中断。そのアレンジを完成させたかったが、週末旅に出てそれきりになった。

そして今週の水曜日、オカリナを聴いたあと、ピアノ・ダルシマーを弾き始めた。
もちろん、今月の本番が近くなったということもある。今回の演目はすでに3回演奏しているので、ソロの部分に新しいアレンジを加えようと考えた。が、同じようなアレンジになっている気がして、その曲に関してはずっと書いてなかった譜面を作ることにした。そして譜に書きながら推敲し、ある程度まとまった。

けれどその、15日用の曲を練習するよりも、ピアノ・ダルシマーで弾ける曲を2,3曲思いつき、弾いている。もちろんさまざまな曲を弾くことは、きちんと身体に入ってない音の配置を覚えるために有効ではあるのだが、何か用事を済ませるごとにPDに向かい、深夜であっても、小さな音で練習している。夕べなどあまりに遅い時間までやっていて、今朝起きられなかった。

ちょっと方向が違うような気がするが、役には立つだろう。
このままもう少しやってみよう。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-07 01:18 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

オカリナを聴く

先月のチャペルコンサートの際、プログラムと一緒に入っていたチラシは、オカリナのコンサート案内だった。もしやと思って、打弦楽器見本市でピアノ・ダルシマーと一緒にオカリナを吹いてくれた方に尋ねると「私の師匠」という。それではもう一度、平日昼間のコンサートに行ってみようと思い予約した。

それほどひどい雨でもなく、暑くもないので駅から歩いてみたが、到着してみると思いのほか客席が埋まっている。やはりツィンバロムよりは知名度が高いだろうなどと思ってしまう。こういうとき、特に一人だと良い席よりも隅の方の席を選ぶ傾向にあり、斜めに演奏者を見られる席を選んだ。

時間になりピアニストが入ってきて、アヴェ・マリアを弾き始める。やがてオカリナ奏者が、会場後方の出入り口から、演奏しながら入ってくる。なるほど、真ん中の通路際が特等席というわけだ。舞台まで来て楽器を持ち替える。オカリナは音域が狭いので、楽器を持ち替えて演奏するのが普通だそうだ。それが、3オクターブの音域で、重音の出る楽器が開発され「それを初めてプロとして使ったので、ちょっと有名になりました」と言ってソロで吹いた「コンドルは飛んでいく」がすごい。

私には時々ピアノがうるさく感じられたが、ピアニストも伴奏にアレンジを加えているらしく、オカリナもそれに煽られていたらしい。コンサートのタイトルが「オカリーナの新しい世界」とつけられていたが、たしかにさまざまな世界を見せてくれて、とても満足。

終演後、ロビーにたむろしていた一群から「消防法」という言葉が聞こえた。満席!

駅へ向かいながら、なぜだかとても練習がしたくなり、帰宅するなりピアノ・ダルシマーに向かい、新しいアレンジを始めた。

演奏家ではない私を刺激したオカリナ奏者は、大沢聡さんという。
[PR]
by yt-aoki | 2007-07-04 19:47 | 音楽 | Comments(0)