<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

CWA  受難劇

オーバーアマガウについて、行く前に知っていたことは、ミュンヘンから2時間くらい南へ入ったところだということと、10年に1度の受難劇が有名で、世界中から人が集まることという程度だった。観光地なのだろう、カタカナでオーバーアマガウと検索してもネット上にはホテル案内や旅行記などが結構見つかる。それでミュンヘンからの経路もわかったのだが、受難劇の年ではないので、あまりその土地に対する興味はなかった。

しかし・・・最終日に受難劇が演じられる劇場を見学して、その思いが変わった。旅に出る前に友人の一人が言った言葉「一生に一度は行ってみたいのよね」が、帰ってきた今、実感としてわかる。確かにその価値がある。

ちょっと図書館へ行く用事があったので、受難劇について調べてみた。アメリカの音楽辞典にはあまり書かれていない。ドイツ語の音楽辞典には、Passionについてかなりのページ数が裂かれていたが読めなかった。百科事典では、オーバーアマガウが有名とある。新カトリック大事典(1996)には、オーベルアンメルガウという項目があった。この記事と、ネット上にある記事で、ガイドさんの英語の説明を補うことができるだろう。

この受難劇は1634年に始まる。1633年にペストがドイツ南部を襲ったとき、村人は世の終わりまで受難劇を奉納することを誓った。以来10年に1度(1680年からは西暦末尾の0年ごと)上演されている。すべてが住民によって演じられ、オーバーアマガウに生まれたか、20年以上住んでいなければ出演できない。配役の決定には演技力だけではなく、日常の品行も考慮されるというところが、宗教行事としての伝統を守っているあかしであろう。また、メークをせず素顔のまま出演するため、役柄に合わせてヒゲをのばすそうだ。人口約5,000人のうち、2,000人ほどが関わり、そのうちの約500人は子供である。人間だけではない。馬もヤギも出演する。

現在の劇場は約4800名収容、客席の上に屋根があるが舞台の上にはなく、半野外劇場となっている。上演は5月から10月の初めまで、前回2000年にはおよそ100回行われた。1回の上演は約6時間、朝から始まり、昼に2時間半の休憩を取り、夕方まで1日がかりだそうだ。

脚本はヴァイス(Othmar Weis)によるものとされているが、これは1850年から1868年の間にダイゼンベルガー(Joseph Alois Daisenberger)によって改定された。 音楽はオーバーアマガウの教師であり教会音楽家の、デドラー(Rochus Dedler)による1815年のものが使われる。しかし時代により少しずつテキストの変更が行われ、音楽も2000年には音楽監督ツヴィンク(Markus Zwink)による作品や、現代的変更が加えられている。この年の録音は、"Passionsspiele 2000 Oberammergau"という70分のCDにまとめられていたらしい。

実は受難劇を演劇と思っていたため、音楽のことは考えてもいなかった。それで見学のときに初めてその音楽を聞き、驚いた。オーケストラも合唱もすべてオーバーアマガウの住民。こんなに音楽性の高い人たちに、ガラ・コンサートを聞いてもらったのだ。

そしてもっと衝撃的だったのが、磔の十字架。楽屋に置いてあったその十字架は、家の柱のような太い木で、とても大きく、重そうだった。これを担いで歩き、そこにはりつけられる。この十字架が、これまでの聖書理解を超える実体として迫ってきた。実際の上演には登山用品が使われるそうだが、キリスト役の人は20分も十字架の上にいなければならないため、トレーニングをするという。

たしかにこれは一生に一度見る価値があるだろう。しかし人生の後半にいるものにとって、10年に1度しかないことに対する計画は難しい。 2020年か2030年に行けるのか、2040年まで体力が続くのか? 2010年の場合、上演は5月15日から10月3日まで。第一部が14:30から17:00、第二部が20:00から22:30と決まった。チケットは2008年から売り出される。
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-26 00:13 | イベント・コンサート | Comments(2)

CWA あれこれ

*ドイツの鉄道の割引
ミュンヘン空港に着いたとき、空港から市内へ行くのにガイドブックを見ながら8.80ユーロだよねと確認して、それぞれが自動販売機で切符を買ってみた。ところが帰るとき、まとめて買ってもらうのに1人が10ユーロずつ預けたら、半分近く戻ってきた。まとめて買うと、かなりの割引になるらしい。それは、オーバーアマガウへ行くときも同じ。6人で一緒に行ったが、何故か5人用の切符と1人用の切符が発券された。そして5人用の切符はかなり安くなっていた。

*ペンションに泊まる
当初ホテルに泊まる予定だったが、一緒に移動した6人のうち4人をシングル・ルームでとお願いしたら、ペンションを紹介された。どうやらホテルのシングルが、ツィンに比べて割高だったようだ。歩ける?という問いに対し、オーバーアマガウはどこでも歩ける小さな町との答えだったが、実際には会場から3分のホテルを通り過ぎてさらに10分近く歩いたような印象がある。

4人が滞在した部屋のうち、1人は本当にシングル・ベッドの狭い部屋だったが、後の3人はシングルベッドを2つ並べた2人用の部屋だった(料金はシングル)。それぞれの部屋にシャワーとトイレがついていて、快適。ルーム・キーは常に携帯するように言われた。鍵が2つついていて、1つはペンションの玄関の鍵なのだ。おかげでひとり夜中に帰ってきても、誰を煩わせることもなく済んだ。

最初ペンションまでは車で連れて行ってもらったが、その後は近道と案内された舗装されてない遊歩道のようなところを毎日歩いた。その道の脇には牧場があり、馬がいる。ある晩ジャム・セッションに参加していて、ひとりで夜1時過ぎに帰ることになった。人はほとんどいないし車も通らなかったが、街路灯も完備され、怖いことはない。ただ、何故かその日、牧場の馬が起きていた。「今頃何?」という感じで寄ってきて、柵にそってついてきたのにはちょっとびっくり。

*サマータイム?
ペンションでは8時に食事にしようと約束をしていたので、7時に起きることにした。目覚ましもかけたが、早くから休んだので目覚ましよりも早く目が覚めた。ところが、とても7時近くとは思えないほど暗い。太陽が昇ってない感じなのだ。日本の感覚で言ったら、6時前。これがサマータイム? ドイツのサマータイムは3月の最終日曜から10月の最終日曜までだった。日本人にしてみれば、9月からもう秋だと思うのだが。
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-25 01:52 | イベント・コンサート | Comments(1)

CWA 飲み物編

ドイツといったらビール。もちろんビールも飲んだけれど・・・

印象に残っているのが、毎朝ペンションで出されたコーヒー。
一人一人別々のポットに入っていて、たっぷりのミルクが添えられていた。
そのミルクをたっぷり入れると3杯、ストレートで飲んでも2杯分あったので、会場で出されるコーヒーにはあまり手をつけなかった。

そして、水。
ミュンヘンに着いてからとてものどが渇いて、ホテルのヴィッテルを一人で2本近く空けてしまうほどだった。それで、オーバーアマガウに向かう前にミネラル・ウォーターを買おうと思っていたのに、昼食にちょっと時間がかかって電車の時間ぎりぎりになってしまい、何も買えず。そのまま電車に乗り、途中駅からバスに乗り換え約2時間。オーバーアマガウに着いても会場を探して、買い物をするゆとりもない。バス停から10分ほどの会場アマガウ・ハウスを探し当て、そこで主催者のアニャさんに会ってペンションまで送ってもらい、荷物を置いてレジストレーションのために会場に戻ったころにはのどがからから。アマガウ・ハウスにはカフェがあって、テラスでくつろいでいる人たちがいたので、そこで私たちものどを潤すことにした。

私は即決のビール! 他の人たちは結構悩んで、お茶とかオレンジ・ジュース(これもおいしかった!)とか。そしてある人はTafelwasserにした。これは英語に訳せば
Table water、水のこと。ジュースも水も、ビールの小ジョッキくらいのコップに入って出てきたが、それは炭酸入りの水。好評だったけれど、こちらの水は炭酸入りの方が普通らしく、コングレスの最中サービスされたのも炭酸入りだった。私はちょっと苦手なのだけれど、お茶用のお湯はすぐなくなってしまうので、結構飲むことになった。
少しは慣れたかな?

ある日、CWAの会議に出ない非会員の人に、できれば炭酸の入ってない水をとお願いして、買ってきてもらった。これがちょっと不思議な、紙パックに、プラスチックのスクリュー・キャップというボトル。メーカーも読まず、写真を撮るということを思いつきもしなかったことが、今となってはちょっと残念だ。

オーバーアマガウをから帰る日、バス停というか駅の近くに大きなスーパーを発見、ここでヴィッテルの500mlを1本買う。これはミュンヘンを経て、空港のセキュリティ・チェックの前で丁度飲み終わる。ヴィッテルに始まり、ヴィッテルに終わった(日本でも、スポーツ・クラブに持っていくのはヴィッテル)けれど、この2本の値段の差がすごい。ホテルの方は、ボトルの形状は違ったが、量は同じ500mlで1本4.00ユーロ、スーパーで買ったボトルは0.65ユーロだった。
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-22 00:58 | イベント・コンサート | Comments(0)

CWA 食べ物編

ミュンヘンに向かうルフトハンザの3回目の機内食でソーセージが出た。ザウアークラウトとマッシュポテトが添えられ、早くもドイツに到着したような気分になる。これが意外においしかった。

到着した日は飛行機内で昼食・軽食・夕食と食べていたけれど、やはり軽くビールと何かをということになり、一行のひとりに案内されて、新市庁舎地下のラーツケラーへ。
ソーセージ、サラダなどを楽しんだ。

翌日の朝食は、別料金のホテルの食事が高かったので目の前のミュンヘン中央駅へ。それぞれにサンドイッチやコーヒーを買って食べる。日本円にするとサンドイッチが500円くらいだったから、安いわけではなかったが、チーズやハムあるいはスモーク・サーモンなどのサンドイッチは、ボリュームもあり満足。

オーバーアマガウでは朝食つきのペンションに泊まった。ペンションの朝食は、ジュースが3~4種類とミルク、ハムが3種類と薄切りのチーズが2種類、パンが3種類くらい用意され、そのほかにパックされたバターやジャム、チーズがあり、席に着くと、1人1人にポットに入ったコーヒーと、卵を持ってきてくれる。初日にゆで卵を注文したら、毎日ゆで卵だったが、結構この食事には満足した。

ペンションに泊まったのは、開催者からの勧めによるものだった。多分私たちがシングル・ルームを頼んだので、割高のホテルよりもということだったのだろう。その際、ペンションは距離が離れているが、食事はコングレス会場で一緒に食べられるからとのことだった。

レジストレーションの後、会場に併設されているカフェのテラスでのどを潤していたが、だんだん日が落ちてきて寒くなる。オープニング・コンサートは夜8時からだ。上着やコートを取りに帰りたい。私たち、ずっとここに居なければいけない? 食事はどうしたらいい?と聞いてみたら「今日は人数がわからなかったので、スープだけなの」という答えだった。けれどこのスープが具沢山でおいしかった。

翌日の昼、初めてそこで提供される食事を体験したが、たっぷりのパスタだけだった。いろいろな種類を食べないと食事をした気にならない日本人にはちょっとつらいものだが、パスタのソースが2種類、ミートソースと肉の入らないヴェジタリアン・メニュー。ちいさなカフェで100人以上の食事を提供するのだから仕方ないだろうけれど、これが日本だったら、こういうわけにはいかないだろうなと思う。

全てのそこでの食事を記憶も記録もしていないが、基本的に昼夜ともにヴェジタリアン・メニューがあったので、2種類。初日の夜、あまり並んでいないところで受け取ったものは、ほうれん草のパイ包み焼。もしかしたらこれが唯一ここで大量に食べた野菜だったかもしれない。

ある日とても不思議な、大きなゆでた団子が出た。これに肉入り、肉なしのソースをかけたのだから、パスタに相当するものなのだろう。味のついたパンのような感じもある。大きさは直径10センチくらいあり、結構重くて食べきれなかった。もしかしてクヌーデルと思ったが、帰国して調べたらそれで正しかったらしい。(ここにリンクは張りませんが、興味ある人は、バイエルン、クヌーデルで検索してみてください。レシピも出ます。)

10月6日の夜、ガラ・コンサートがあり、7日は希望者だけのエクスカーション。朝10時に集合し、バスで移動しリンダーホフ城とパッション・シアターの見学。出発地のアマガウ・ハウスに戻ったのは2時いや3時だったか。そこで最後の昼食が供されたが、大きな大きなシュニッツェルとお皿いっぱいのフライド・ポテト。そんな時間にフライを食べては、その後はもう食べられない。ペンションへの帰路で、レストランをチェックしたが、結局夕食を食べに出ることはなかったようだ。(私は朝から不調で、筋肉痛だと思っていたのが発熱の前兆だった。薬を飲んで、荷物をまとめて、後はひたすら寝ていたので他の人たちがどうしたかを知らない。)
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-20 01:18 | イベント・コンサート | Comments(0)

CWA in オーバーアマガウ

私にとっては2回目のCWAコングレスから帰り、早くも10日が経とうとしている。北京は初めてで衝撃だったけれど、今回は楽しかった。

何よりうれしかったのは、アメリカからのたくさんの参加者に会えたこと。
Karen Ashbrook 日本人も何人か習いに行っている有名な先生のひとり。Karenの教則本を持っている人もいる。昔日本に住んでいたこともあって、とてもフレンドリー。Karenとご主人のPaul OortsのValse petit dejeunerを聞いた時には、涙があふれそうになるほど感動した。PaulとSteve Schneider(HD)のCDも好き。

Nick Blanton 有名な楽器製作者。アメリカの有名な演奏家の多くが、彼の楽器を使っている。日本からの注文もあり、そのうちの1台がとてもよい出来だったらしく、写真を持ってきていた(もちろんそれは私たちの友達のもの)。音楽的には古いものに興味があるようで、メリー・ストリングスの曲目に興味を持ってくれ、相方の手をつかんで何か感想を言ってくれたらしい。あいにく彼女には理解できなかったが、そうやって言ってくれるときに、悪い話はない。

Christie Burns アイルランドのコーク・ダルシマー・フェスティバルを始めたChristieに会えるとは思っていなかった。彼女は民族音楽学を専攻しているし、DPNの発行にも関わり、学者肌なのかと想像していたら全く違う。帰国してからWalnut Valleyのコンテストで2位入賞していることを知ったが、とてもうまい。ダンス曲を延々と、身体全体でリズムを取りながら弾いている。彼女も日本のプログラムをよかったと言ってくれたし、ご主人の
Butch Rossも声をかけてくれた。

Mitzie Collinsとは中国で会っている。同じペンションに泊まっていて、オーバーアマガウに到着した翌朝、朝食を食べに行って再会した。彼女も有名な演奏家で指導者で、研究家であるが、そればかりでなく伝統音楽を扱うレコード会社をご主人と経営しているし、学校でワールド・ミュージックを教える先生でもある。今回はご主人のTom Bohrerも一緒だった。彼とはたまたま町を歩いているときにすれちがったが、わざわざ近寄ってきてコンサートの感想を言ってくれた。Mitzieは別れ際、ぜひアメリカに遊びに来るように、そのときは楽器を持ってこなくてもよいからと誘ってくれた。

そしてイギリスからSally WhiteheadとJenny Coxon、今回Sallyは演奏しなかったが、蓋つきの、イギリスのダルシマーをJennyに見せてもらった。

アメリカとイギリスからの参加者を名簿で数えると17人。全体で120人はいたと思われるから、1割にしかすぎないけれど、もうこれだけでも充分満足。もちろんこのほかに、2年ぶりに会って久しぶりと声をかけてくれる人がいるから、初参加の人たちに、なんでそんなに知り合いがいるのかと驚かれた。でも彼女たちも2年後に、たとえ言葉が通じなくても挨拶しているだろう。
[PR]
by yt-aoki | 2007-10-19 01:17 | イベント・コンサート | Comments(2)