<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10年

そろそろ10年、そう思ってファイルを開いてみた。
1997年12月27日、私は楽器を買った。そのとき知り合った人たちのクラブに入り、翌年 1月の新年会に招かれて、日本打弦楽器協会に入会した。

きっかけは1996年11月15日、日本打弦楽器協会のコンサートだった。タウン誌に紹介された記事を読み、興味を持って出かけた。学生時代ツィターという楽器を事典で調べたとき、弦をはじく楽器の隣のページにあったツィンバロムに興味を持ったが、博物館にある楽器としか思わず、今を生きる楽器とは認識できなかった。その後民族音楽に興味を持ち、社会人になってから関わったイベントで、イランのサントゥール奏者と中国の揚琴奏者がお互いの楽器を見比べているのを見たが、イランの音楽も中国の音楽も遠い存在だった。自分で演奏するつもりはなかったが、その程度には打弦楽器を知っていたし民族音楽や舞踊が好きだったので、ツィンバロムやサントゥール、揚琴を一度に見聞きできるコンサートはとても興味があった。そしてそのコンサート会場でさらにハックブレットとハンマー・ダルシマーを知り、興奮してコンサートのアンケートに感想を書いたら翌年1997年11月21日のコンサート案内が届いたのだった。

前年のコンサートでもロビーに楽器の展示があったのだが、この年初めてハンマー・ダルシマーをたたいてみてとても面白い楽器だと思った。そばに11月30日開催のレクチャーのチラシがあり、ちょうど日程の都合がよかったので出かけたところ、そこには売りに出ている楽器が1台置いてあった。欲しくなったが、その日はどうしてもパソコンのプリンターを買って帰らなければならなかった。

レクチャーの時、住所名前を書いてきたので2度目の案内が届いた。あの楽器が売れてしまったかどうか問い合わせると、多分まだ大丈夫との話だったが、2度目のレクチャーの12月14日に売主は不在。その後買取の話はまとまったものの、楽器を取りにいけたのが12月27日だったのだ。

あれから10年。眺めが良く快適だった部屋を、防音が完全でないのとエレベータなしの5階であることが理由で離れ、さらに広いところへ転居。楽器は8台に増え、定年まで勤めるつもりだった仕事も辞めてしまった。まさかそんなことになるとは、青山の雑貨店へ楽器を取りに行ったときには思いもよらないことだった。
[PR]
by yt-aoki | 2007-12-28 23:26 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

大徳川展

10月10日から12月2日まで東京国立博物館で行われた「大徳川展」は、その宣伝を眼にするたびに気になっていた。ずっと気になっていながら、結局行かなかったのだが、今日になって洋琴が出品されていたことを知った。

出品目録第1章
158 琉球楽器 洋琴(夜雨琴) 1面 第二尚氏時代 18世紀 水戸・徳川博物館

しかも予想外の水戸徳川家のものだった。

名古屋の徳川美術館(尾張徳川家)所蔵の楽器は京都国立近代美術館編『沖縄の工芸』、江戸時代図誌24『南島』、彦根城博物館編『琉球王朝の美』に写真が出ているが、水戸徳川家の楽器は糊がはがれて分解しているため未公開と思っていた。もっともこんなことを調べていたのはもう5年も前のことだから、現在では修復されているのかもしれない。

それにしても悔やまれる。とりあえず図録を入手しよう。
[PR]
by yt-aoki | 2007-12-23 01:13 | 歴史 | Comments(0)

クラシックとダルシマー

ヨーロッパの芸術音楽の中でのダルシマーと言ったら、コダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」やストラヴィンスキーの作品で知られるように、ツィンバロムだ。これは、もともとハンガリーで古くから使われていた小型のツィンバロムを、オーケストラと一緒に使えるように改良したものなのだから、当然といえば当然のこと。もっと小規模な編成なら小型のダルシマーでも使えると思うが、やはりあまり知られてない楽器なのか、なかなか実現しない。ダルシマーがダイアトニック楽器であるということも理由にはなるだろう。ということはひとつの方向性として、古楽の演奏という可能性がある。

ハックブレットの小川美香子さんは、その可能性を探っている。彼女は今、バロック・サルテリオという復元楽器の到着を待ちながら、ハックブレットでの活動をしている。もともと打楽器奏者であるためハックブレットを始めてすぐに演奏活動の中に取り入れているが、先日は、ギターとフルートとハックブレットという組み合わせで演奏した。ダルシマーとギターというのはよくある組み合わせだが、フルートとダルシマーもなかなか良い。トリオになると、より演奏の幅が広がってよいようだ。

また揚琴と室内オーケストラという思いがけない組み合わせのコンサートも、先日行われた。この揚琴を演奏したのはウェイウェイさん。ポーランドのアマデウス室内オーケストラとの共演だった。この日は中国の有名な二胡奏者朱昌輝氏の「竹樓情歌」という揚琴の曲が、オーケストラ伴奏で演奏されたほか、モンティのチャルダーシュもゲスト・ヴァイオリン奏者天満敦子さんのヴァイオリンに揚琴伴奏というバージョンで演奏された。音量のバランスなど、まだいろいろな問題があると思うが、これからの展開に期待したい。
[PR]
by yt-aoki | 2007-12-21 11:39 | 音楽 | Comments(0)