<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

9月の自然館

9月の自然館は曜日を変更し、火曜日の12:30からとなります。

8月は自然館をお休みしていましたが、24日に自宅マンションのお祭りの喫茶コーナーで、同じようにBGM演奏させていただきました。40分くらいずつで休憩を入れて・・・などと考えていたのですが、お天気が悪く、どんどん音が狂ってきて弾いているかチューニングしているかのどちらか。その合間にちょっとお茶を飲んでというような感じでした。

3年前のお祭りで初めて楽器を紹介させていただいた頃は、一人で弾くことを考えていなかったのでレパートリーもなく、1,2曲弾いただけ。それが今年は、トレーニングの甲斐あって思いつくままに弾くことができるようになりました。今後も少しずつ、近隣の方々に知っていただく機会を作っていきたいと思います。
[PR]
by yt-aoki | 2008-08-30 00:54 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

シュタイリッシェ・ハックブレット

c0055046_2354681.jpg


何台目の楽器かということには触れないでおこう。この楽器と初めて出会ったとき、とても興味を持って欲しいと思ったけれど、まさか本当に私のところにやってくるとは思わなかった。

ハンマー・ダルシマーとそっくり、でも違う。名前はハックブレット、でもダイアトニック。
オーバーアマガウに行ったとき、もしあったら買うかもしれないと思っていたけれど、オーストリアからの出品はなかった。そう、これはオーストリアのシュタイヤマルク地方の楽器。

今一般的に使われているクロマチックのハックブレットができたのは20世紀も終わりごろ。それができる前はどんな楽器だったのだろうという疑問に答えてくれるもののひとつがこれ。もうひとつ日本では珍しいスイス・アッペンツェルのハックブレットが国立音楽大学楽器学資料館にあるが、日本に入ってきているハックブレットはほとんどクロマチックのものだ。

Paul M. Giffordの"The Hammered Dulcimer : A History"にはクロマチック以外に6種類ハックブレットの弦のレイアウトが掲載されているが、このシュタイリッシェ・ハックブレットが一番ダルシマーに近いような気がする。そして近いのだけれど違っていて面白い。

大きさはDusty StringsのD35と変わらない。けれど重い。ケースに入れると13キロ。
持ち歩けない。それよりも、部屋がいっぱい。
Rizzettaのピアノ・ダルシマーはケースがなくてしまえないし、D35で演奏する予定があるので出している。到着したばかりのハックブレットはまだしまう気になれないし、今日は雨のため家でレッスンしたのでDusty StringsのApprenticeも出してしまった。ちょっと尋常ではない状態だ。

c0055046_2341451.jpg


左がハックブレット、右がハンマー・ダルシマー。
こんな違いも面白い。

この楽器を破格の値段で譲ってくださったのは、「イ長調のワルツ」というサイトを作っていらっしゃる市川さん。
http://e1-1.com/

市川さんはウィーンのフォークダンスがお好きで、踊るときにはどうしてもシュタイリッシェ・ハーモニカというボタン式のアコーディオンとハックブレットがなければと求めてこられたそうだ。(ここでクロマチック楽器を選ばなかったというのがこだわり?) 以前からそのサイトに「ハックブレット奏者募集」と書かれているのは知っていたが、私がハックブレットをよく知らず、自分の楽器に近いものとは思っていなかった。

シュタイリッシェ・ハーモニカという楽器も日本では珍しく、とても情報が少ない。一度シュタイリッシェ・ハーモニカとハックブレットをあわせてオーストリアの音を再現してみたい。ただどうも、市川さんの一番良い楽器とこのハックブレットの調が合わないというところに問題がありそう。でも、日本におけるハックブレットの新しい世界が開けそうな気がする。
[PR]
by yt-aoki | 2008-08-21 23:13 | 楽器 | Comments(8)