<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

壱零baseさん

壱零baseという名前で活動する天野十兵衛さんに会ったのは、3年前の2月のこと。浜田さんと小松崎さんのツアーの、西荻窪の会場だった。そして今年も、同じ会場で出会った。

3年前の会場はかなり混み合っていたが、今年はゆったりとしていた。終演後、会場にいた人がダルシマーを触り始めたので、私も天野さんに弾いてみて欲しいと頼んだ。

彼は他の人の楽器に触れたことがなく、相当戸惑ったらしい。確かに、椅子の高さに楽器の高さ・角度は人それぞれだし、同じモデルの楽器でも、作られた時期によって違っていたりする。しかもそれは、心の師匠と思っている人の楽器。後から、柄にもなくビビッてしまったと聞いた。

そのライブをきっかけに私たちはツィッターでフォローし合う関係となったが、ある日ダイレクト・メールが届いた。26日のライブのお誘い。昼間遊びに行って帰ってくるのにちょうど良い時間と場所だった。

演奏開始の数分前に会場に入ると、YouTubeなどで多少は見ていたが、私には理解のできない機材のセッティング中。けっこういろいろ大変そうで、時間がかかっている。でもこれが彼のスタイルであるなら、やはりこれを見なければ、と思い、ハートランド・ビールをラッパ飲みしながら待つ(えー!昼からワインとか日本酒飲んでたのに?なんて突っ込みは入れないようにね)。最近、クリーンな空気の中で暮らしているので、煙草の煙がきつい。

やがて始まった壱零baseさんの演奏は、どう紹介したらよいだろうか。同じリズム・パ
ターンが繰り返される中に、ダルシマーで弾きやすく、私としてはダルシマーらしさの表現のひとつとも思っている5度(ドとソの関係)が組み込まれた独特の世界で、曲により水の音などが組み合わされる。基本的にPAを通しているが、1曲オフにして生音になったときには、その心地よさにゾワゾワっとした。

およそ1時間のライブ中考えていたことは、これを美野里でやったらいいだろうなということ。こんなに閉ざされた暗いライブハウスでなく、美野里の自然の中で、PAもできるあの会場で聞いたら、もっとこの音楽が自然に溶け込むのではないか。

今年の美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバルは10回目となる。小松崎さんがすでにエントリーしたとのことだが、この数年の常連さんだけでなく、さまざまなスタイルの人が参加し、同じ楽器の様々な使い方を披露しあう場になれば良いと思う。もちろんそれぞれ自分の好きなスタイルで使い続けるに決まっているけれど、それが唯一というわけではないし、もしかしたら聞きに来てくれる友人は、違う音楽が好きかもしれないのだ。

お招きいただいたお礼を申し上げ、美野里のスケジュールを頭の片隅に入れておいていただくようお願いし、会場を出た。20分後には、自宅に到着していた。
[PR]
by yt-aoki | 2011-02-26 23:51 | ハンマー・ダルシマー | Comments(2)

TwitterとFacebook

昨年3月からツィッターを始めた。きっかけは昨年2月の自然館での小松崎さんと自然館の常連さんの会話。
「ツィッターやってます?」
「やってますよ。xxxxxです」
「僕は○○○○○」
ふ~んと思いながら聞いていた私。

翌週、常連さんがランチにやってきた。
「小松崎さん、無事帰ったようですね」
「そうですけど、メールでもしたんですか?」
「いえ、ツィッターで」
「????」
「いいですよ、ツィッター」

それがきっかけで、まずは小松崎さんをフォロー。そこから、勧めてくれた自然館の常連さんを見つけてフォロー。そんなところから始めたのだけれど、思いがけず、日本各地にいるダルシマー愛好家達と知り合うことになった。1人とは実際に会うことができたし、1人とはメールを交わす仲に。たった2人と思われるかもしれないけれど、ワークショップに10人も集まったと驚愕するほど知られてない楽器なので、それだけでも十分な成果だ。

さてFacebookの方は、別の遊び友達から入ってきた。最初はその仲間の3人とだけ。こちらはこちらでちょっと特殊な世界なので、登録メールアドレスも普段とは違うアドレスにしてみた。ところが、日常使っているアドレスでもなく、携帯への通知を登録しているアドレスでもないため、自分が開きに行ったときにしか状況がわからない。結局
「デビューおめでとう」
というメッセージをもらったくらいで、特に使うことも無く、時間が経過してしまった。

今年に入って、いくつかの雑誌にFacebookの特集記事が掲載されているのを目にした。読んでみると、もちろんリスクがないわけではないが、セキュリティーがしっかりしていることがわかり、Facebook上で複数の人格(というほどでもないが)を統合させるのは悪くないかもしれないと思うようになった。そこでまず自分が何をどこまで公開するのかを考え、2週間ほど試行錯誤。そんな折、崎村さんがCimbalom World AssociationのメンバーとFacebookでつながっているのを知った。

ようやくメンテナンスが終了したところだったので、ワークショップ&発表会のお二人に友だち申請。崎村さんが私を承認するや否や、2年余り前に来日したとき川越へ案内した
Katerinaから友だち申請が届いた。

そうか、こういうことなんだ。

Facebookは実名登録が原則で、顔写真を登録する。確かに写真を見れば、自分の知る友人かどうかはすぐわかる。

その後も崎村さんやKaterinaの友人たちが、「共通する友達1人」等のメッセージと共に紹介される。その中から、6年前の中国・北京で出会ったBryanやSallyに、4年前のドイツ・オーバーアマガウで出会ったChristieに友だち申請をしてみる。するとChristieから私のウォールに
Hello my dulcimer friend!!
とメッセージが書き込まれた。

おしゃべりをしたり、名刺交換をした人たち。一応メールが届く確認だけはしてあるけれど、日本のイベント情報を伝えても仕方がないし・・・と、特にメールを書くこともない外国の友人たち。しかも会えたとしても、2年か4年に一度。そんな人たちにも写真やYouTubeの動画で活動が伝えられ、「あなたのことを覚えているよ」と伝えられる。
これは悪くない。
[PR]
by yt-aoki | 2011-02-20 02:37 | Comments(0)

ワークショップ&みんなの発表会終了

2日くらい前から、雪になりそうだよと言われ、前日夜から雪はほぼ確実という予報。ワークショップ参加者の方たちは万一の場合、楽器を持たず身ひとつで来てもらってもよいけれど、私たちの楽器、何人かの預けた楽器とツィンバロムがどうなるかとても心配した。運転手は青森出身。雪道に慣れているだろうか? けれど東京は、自分が走れても、誰かが走れなくなって渋滞したり、通行できなくなったりする。とりあえず前夜のうちに、参加者へは無理をしなくてよいことをメールで伝えた。

当日の朝、普通に外の音が聞えるので、ああ、これは大丈夫とカーテンを開けた。雪が積もっているときは、外がシーンと静まり返っていて、雪の落ちる音だけがするものだ。ところが朝8時、出かけようとすると、雪が舞い出した。これで1日降り続くと、今度は夕方が心配。

休日の朝の電車は接続が悪く、かなり待たされたが、駅前のコンビニで朝食・昼食を買っても5分ほどの遅刻で済んだ。ただ、道路の方も渋滞しているらしく、車は遅れて到着。

ホールの舞台上に楽器をセットする。今回のワークショップは「楽器の演奏はステージ上のみとなります」という注意に従ったもの。バックパッカー・ダルシマーを載せる長机を半円状に配置し、中心に講師の小松崎健さんの楽器を置く。外側にハートストリングスの楽器を、崎村潤子さんのツィンバロムとキーボードを舞台上手に配置。やがてほぼ初対面の参加者達がやってくる。

バックパッカー・ダルシマーを机に置いてワークショップの開始。バチの持ち方、音の位置。その間に、参加者と楽器を交換して、チューニングさせてもらう。ダルシマーがない人にはハートストリングスの楽器を使ってもらい、ハートストリングスの2名は、並行して行われるツィンバロム・ワークショップを受ける。

c0055046_175665.jpg


小松崎さんが用意してくれた曲は3拍子のShoe the Donkey、皆で少しずつ覚えていく。最終的にメロディー組とコード組に分かれて合わせる。一方のツィンバロム・ワーク
ショップは、「ふるさと」「冬景色」などのメロディーを練習。 本番はソロ演奏で、崎村さんの伴奏がつく。

昼食休憩となり、12時半からリハーサル。机と楽器の位置を変更し、机の手前にハートストリングスの楽器を弓形に並べる。そのほかの演奏者の位置を確認し、実際に通して演奏してみたり、座っただけで弾かなかったり。少し早目に終わったので、再度楽器の
チューニング。その最中、ワークショップ参加者の中に、ソロで演奏できる人や、オカリナの先生がいることがわかって、演奏の相談をする。1人は崎村さんの伴奏でダルシマーを弾くことになり、オカリナの先生もオリジナル曲をダルシマーとの2重奏で演奏することになった。

2時半開場。悪天候にもかかわらず、予想外に多くのお客様が入り始める。3時開演。
第一部はダルシマーの演奏。まずワークショップの参加者&助っ人による、Shoe the
Donkeyの演奏。2番目はMさん。雪の心配があったため楽器を持たずに参加。ワーク
ショップで使った楽器は初めて触るものだったが、休憩時間に曲が弾けることを確認し、演奏することになった。初めて使う楽器は、音の配置が同じでも、微妙にブリッジの間隔が違ったり、弦と弦の間が違ったりするため弾きにくいことをもっと説明すべきだったなと反省。そして突然決まったオンブラ・マイ・フのソロ演奏が入り、次がAさん夫妻。ご主人のギター、奥様のダルシマーという編成は、皆に亀工房やDulciCafeさんを思い出させるようだ。ハートストリングス、サウス・ウィンド、ともにすでにチューニングが狂っていて気持ち悪さを感じながらの演奏。そして第一部の最後に、鳥の声を模したオカリナ曲の演奏が
入って休憩。

10分間の休憩の後は、ツィンバロムの演奏。まず崎村潤子さんのお弟子さん、小学生のMちゃんと中学生のSちゃん。そしてワークショップ参加者の演奏の後は、小松崎健さんによるツィンバロム演奏。朝と昼休みにちょっと打ち合わせただけながら、きれいなトレモロと4拍子で変化をつけたアメージング・グレースを演奏された。そして潤子さんの2曲でツィンバロム・コーナーを終わり、最後は小松崎健さんと、浜田隆史さんのライブ。浜田さんは、朝からダルシマー・ワークショップに参加して初めて、ダルシマーではクロマチック進行が弾きにくいということを知ったらしい。私はずっと、「浜田さんの曲はとっても素敵だけど、弾けない!」と思ってきたが、それがどういうことなのかわかったようだ。しかし、それを弾きこなしてきた小松崎さんもすごい。

2人のステージは「虎杖(イタドリ)」に始まり、「忘れられた夢」「銭湯の歌」「パルティーダ」「デジタル・ディレイ・ラグ(ギター・ソロ)」「スター・オブ・カウンティー・ダウン(ダルシ
マー・ソロ)」「ノサップ」「ボーナス・ラグ」の8曲。アンコールの「雪原の歌」も含めて好きな曲ばかり。前夜の西荻窪・サンジャックで聞いているのに飽きない。

雪はほとんど一日降っていたようだが、幸いにも屋根や畑をうっすらと白く染めるだけだった。とはいえ、雪が理由で早く帰らなければならない人もいるし、終演後のお茶は、喫茶室の突然の休業もありできなかった。それでも数名が武蔵小金井に移動し、貸切の自然館で夜遅くまで打ち上げを楽しんだ。
[PR]
by yt-aoki | 2011-02-12 22:50 | イベント・コンサート | Comments(2)