<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパ音楽史の中のダルシマー

2010年に発行された金澤正剛先生の『新版 古楽のすすめ』を手にして、ヨーロッパ音楽史の中でのダルシマーを考えた。

ダルシマーはいつ頃からあるのかとよく聞かれる。似たような形をしたプサルテリウムは古くからあるけれど、ダルシマーはそれほど古い楽器ではないと思っている。

ダルシマーの最大の特徴は、弦をブリッジによって2対3に区切っていることだ。弦の長さが2対1の場合は1オクターヴ、2対3の場合は完全5度といって協和しあう音程になることは古代ギリシャの時代から知られている。この5度になるように区切られた弦を4本使うことで長音階を得ているのがダルシマーだ。

ブリッジは左に寄っていて、右の弦が長く低い音になるので、

  4     ド  |  ファ
  3     シ  |  ミ
  2     ラ  |  レ
  1     ソ  |  ド

という配置になる。これを上下に重ねることで、4度上の調、4度下の調ができあがる。つまり4の弦のファをドと読み替えて4度上の調が、1の弦のソがドになるように弦を加えると4度下の調ができあがる。

これは調性音楽の世界だ。

古代から中世にかけて、音楽は長調・短調ではなく、旋法という世界のものだった。旋律が1つのモノフォニーから複数の旋律がからみあうポリフォニーの世界。その後、メロディーの横の関係からハーモニーの縦の関係が見出されていく。ホモフォニーというのだそうだ。そしてポリフォニーとホモフォニーの共存時代は、16世紀末からバッハの時代まで続いたそうだ。

ヨーロッパ音楽におけるハーモニーの目覚めは15世紀の前半から見られるそうだ。中世とルネサンスの境をどこに置くかは諸説いろいろあるようだが、金澤先生は1400年では早すぎるし、1440年も説得力に欠けると言う。けれど確かにその頃から、ダルシマー(ハックブレット)も現れ始める。ハックブレットという言葉が音楽用語として最初に現れたのは、1447年と言われているし、図像も15世紀半ばから多くみつかる。そしてそれが一般化し、16世紀の理論書に描かれたことを考えると、音楽と楽器が密接に結びついていることを感じる。そして音楽と楽器が結びついているからこそ、ツィンバロム、ハックブレット、サントゥール、揚琴といった違いとなって現代に残っているのだ。

参考:16世紀のダルシマー
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-28 12:50 | 歴史 | Comments(0)

ジャーマン・ダルシマーのコンサート

ドイツのダルシマー、ハックブレット。その奏者である小川美香子さんからコンサート情報が届きました。どうしたの?って言うくらい、日程が集中しています。本人も「一生のうち、今回だけでしょう」と言っています。
お近くの方、私のとはちょっと違うクロマチック・ダルシマーを聞いてみませんか?

東日本大震災被災者支援 第7回チャリティーコンサート
 古楽器による16~18世紀の音楽
日時:4月29日(日)14:00から
会場:聖マーガレット教会聖堂2F(杉並区松庵、井の頭線・三鷹台)
※リコーダーの方たちと

天正遣欧使節団、伊東マンショ没後400年、プレイベント 講演会・演奏会
日時:5月12日(土)13:30から
会場:西都市文化ホール(宮崎県西都市)
※リュートの佐藤亜紀子さんと

いにしえの花々~14世紀 イタリアの音楽
日時:5月13日(日)15:00から
会場:サルビアホール(横浜市鶴見区、JR京浜東北線・鶴見 /京浜急行線・京急鶴見)
出演:古楽アンサンブル レックス・クレメンティエ
ゲスト:上尾直毅(オルガン・バグパイプ・打楽器)、佐藤亜紀子(リュート)、小川美香子(ハックブレット)
料金:一般 1,500円 区民特割 1,000円 サルビア券 1,200円

ラ・ヴィアンローズ 私の贈り物
日時:5月16日(水)18:30から
会場:近江楽堂(新宿区西新宿、京王線・初台)
出演:佐々木 敏、寺村 朋子、小川 美香子、横内 正代、伊藤 福雄
料金:前売3000円/当日3500円
※チェンバロ、マンドリン、ギターと
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-27 12:59 | イベント・コンサート | Comments(0)

2012年5月の自然館

これまで結構長い間水曜日にさせていただいていた自然館ランチタイムのBGM演奏を、来月は木曜日にさせていただきます。

12時半ごろから約1時間です。

5月3日はグルッペ・ワ サロンコンサート出演のため自然館での演奏はありません。

グルッペ・ワ まだチケットがあります。
こちらもよろしくお願いいたします。

日時:5月3日(木・祝) 14:30~
会場:ムジカーザ(代々木上原)
料金:2,000円(全自由席、ドリンク付)
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-25 17:14 | イベント・コンサート | Comments(0)

あんな風に

「三毛猫ホームズの推理」第一話、あんな風に加工していただけるとは思いませんでした。

タイトルバックの音は違うのですが、義太郎が現場に出向くあたりから片山家で辞表が破られるまでの音楽を弾きました。ずっとオーケストラの音と合わせての演奏だったので、あんな風にスパッとオケの音を切って、ダルシマーの音だけが残されるなんて思いもよらず、感動!

もう1曲は、森崎学部長の弟、富田総務部長との別れ際と、管理人の小峰さんが離れて行くところ。
CM前のジングルも少し弾きましたが、ほとんど聞こえません。

しかしそれ以外の音楽もアイリッシュ風であったり、アラブ風であったり、楽器もいろいろ使われているようで楽しいです。

以前にNHKの時代劇でダルシマーを使っていただいた時にも思ったのですが、音楽を気にしているとストーリーがわからなくなりますね。実はこのブログも、何度も再生しながら書いています。「ゲゲゲの女房」の音楽に参加された豊田耕三さんは、今日はどのシーンとツイートしていらっしゃいましたが、なかなかそういうことも難しい。でも次回からちょっと試してみようかと思います。
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-16 11:28 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

GRUPPE WA サロンコンサート

今年もGRUPPE WA サロンコンサートに参加します。

今年はフォーク・ハープとハンマー・ダルシマーで、ヨハン・シュトラウス2世の「新ピチカート・ポルカ」を演奏します。編曲はMoriAoki、それぞれのパートを森悦子さんと私、青木陽子が作った合作です。もっとも、ダルシマーはほとんどメロディーだけで、苦労しているのはハープの方です。ダルシマーよりたくさん音が出せるのだから仕方ない。

今年は、釜石の山崎眞行さん詔子さんご夫妻による演奏とお話があります。
山崎さんご夫妻は音楽教室を開いていらっしゃいましたが、津波で楽器と楽譜を失われました。その体験から、音楽とは、音楽にできることなどをお話いただく予定です。

GRUPPE WA サロンコンサート
~小池和子のもとに集う音楽人による~

日時:2012年5月3日(木・祝) 開場14:00 開演14:30
会場:MUSICASA (東京都渋谷区西原3-33-1 Tel. 03-5454-0053)
料金:2,000円(全自由席、ドリンク付)

曲目:
ポッパー:ハンガリー狂詩曲Op.68
アーン:クロリスに
オブラドール:なんと素敵な髪だろう
中田喜直:髪
グリーク:ピアノ・ソナタ ホ短調 Op.7 第 1 楽章
ドビュッシー:「映像 第2集」より1.葉ずえを渡る鐘の音 3.金色の魚
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 Op.90 第 1 楽章
ショパン:4手のための「ムーアの民謡風な歌による変奏曲」ニ長調 遺作
ヨハン・シュトラウス2世:新ピチカート・ポルカ Op.449
シュトラウス:「心に抱く愛」「セレナーデ」「子守歌」
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 変ロ長調 K.570
プーランク:「ピアノの為の15の即興」より
 12.シューベルトをたたえて(1941)
 15.エディット・ピアフをたたえて(1959)
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 Op.26

チケットは、yt-aoki@excite.co.jp までどうぞ。

関連ブログ記事:
2011/5/5 musizieren(ムジツィーレン)  音楽すること
2010/9/2 次はこれ
2009/5/3 Gruppe 和 終了
2008/5/8 ほっとする音楽・音楽する楽しさ
2008/4/10 メリー・ストリングス
2007/5/6 リベンジならず?
2007/4/25 5月の演奏予定
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-09 14:38 | イベント・コンサート | Comments(0)

三毛猫ホームズの推理

ある夜突然ツイッターで、ダルシマーの録音の仕事依頼が来ました。詳細はメールでというのでアドレスをお知らせし、届いたメールに、私の楽器はクロマチックではないけれど良いかと確認の返信しました。具体的に足りない音もお知らせして。メールには私の演奏を見たとあったので、「そうか、私の演奏でよいのなら・・・」という感じ。もちろん録音は限られた時間内にきっちり仕上げなければならないし、いろいろ大変なことはよく知っています。けれど私をみつけてくださったのなら、私は私ができるかぎりのことをしたいと思ったのです。

翌日電話でお話し、すぐに楽譜と音源を送っていただいたのですが私は外出先で見ることができず、深夜帰宅して楽譜を開いてみたところ・・・

   が~~~ん!!!

フラットがいっぱい並んでいるのです。
私の楽器はD major(#2つ), G major(#1つ), C major, F major(♭1つ), A major(#3つ)しか弾けないと思っていたので、

   「何でこれが弾けるの~~?」

それから音を拾ってみるのですが、A♭=G#だからここ、D♭=C#だからこの音は
こっちで、E♭=D#・・・無理でしょう。こんな深夜に頭が働かない。それで「無理です」というメールを送って休んだのですが、翌朝妙に早くに目が覚めました。

ピアノ・ダルシマーならできる?

c0055046_18425893.jpg


何年ぶりの登場か、とにかくピアノ・ダルシマーをチューニング。もちろん音はこちらの方が確実で、半音進行は近いので弾きやすい。ただ、何年も弾いていなかったので、勘が取り戻せず、ちょっと離れた音がわからない。でもこちらの方がなんとかなりそう。そう思って急いで提案のメールを送ったのですが、私の空き時間はその日のみ。さすがにその日にちょっと練習しただけではダメで、ご迷惑をおかけすることになりました。2日ほど時間をいただいて、録音しなおし。

2曲依頼されたもう1曲の方は、音域的にピアノ・ダルシマーでは無理。いつものD35で弾くことにしました。

c0055046_191393.jpg


足りない下のB♭はBを下げて作り、さらに下のCは、そのフレーズだけ別録音にしていただいて、その場で下げるつもりで練習していたのですが、もともと持っているB♭の音(右側ブリッジの一番上の白)がひとつだけ硬くて気にかかるのです。1時間ほど弾いてから、C majorのB(左側ブリッジ上から2番目の白の下の黒)を下げることを思いつきました。なぜならB音はD majorの中にもあるから(左側ブリッジ下から2番目の白の上の黒の左側)。これがダイアトニック楽器のよいところ。同じ音が2箇所3箇所にある場合があるのです。

BをB♭に変えたことで、思わぬ効果がありました。ブリッジの反対側にFができて、あるフレーズが弾きやすくなったのです。その代わりBが出てくるフレーズは覚えなおし。けれどこの工夫のおかげで、こちらの曲の録音は1時間で終わりました。

こんな裏話にお付き合いくださるのは、実際にダルシマーを弾いている方だけでしょうね。でも音の制限のある楽器を使っていると、弾けないはずの調や音が聞こえてきたりすると、とても気にかかるのです。だから皆さんを悩ます前に、手の内をさらしておきます。それに今回の変則チューニングは結構気に入っていて、まだ戻してません。他の曲にも使えそうで、新しい世界が広がった感じがしています。

というわけで、4月14日(土)夜9時スタート、日本テレビ系のドラマ「三毛猫ホームズの推理」をどうぞお楽しみに。メイン・テーマをピアノ・ダルシマーで弾いております。
[PR]
by yt-aoki | 2012-04-02 20:07 | イベント・コンサート | Comments(0)