<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

北の国からの贈り物 小松崎健・浜田隆史コンサート

 ハンマー・ダルシマーの小松崎健さんとラグタイム・ギターの浜田隆史さんがまたやってくる。
健さんのダルシマーと浜田さんのラグタイムがすばらしいばかりでなく、この2人のライブはなんとも楽しい。ぜひぜひこの2人との時間をシェアしたいと思うので、東京・多摩地域の方々、ご来場ください。

日時:3月8日(金)19:30~(19:00開場)
会場:小金井市民交流センター(JR中央線・武蔵小金井南口駅前)
料金:前売2,500円/当日2.900円

ご希望枚数、ご住所、お名前を明記し、yt-aoki@excite.co.jp あてお申し込みください。折り返し振替口座番号をご連絡いたします。ご入金確認後、郵送させていただきます。なお郵送のお申し込みは2月いっぱいとさせていただきます。

c0055046_9422621.jpg

[PR]
by yt-aoki | 2013-02-21 09:43 | イベント・コンサート | Comments(0)

メランコリア ~ダルシマーの世界~

小川美香子さんのCD メランコリアの紹介動画がアップされました。

2月4日の朝日新聞夕刊 for your Collection にも推薦盤として紹介されました。


[PR]
by yt-aoki | 2013-02-06 15:54 | Hackbrett | Comments(0)

2月の予定

2月の武蔵小金井自然館でのランチタイムBGM演奏も木曜日の予定です。

大体12時半から13時半ですが、7日のみ時間が早まり、11時45分頃からの予定です。

2月9日(土)はヘアサロン空時計さんでの初ライブです。

12時~、13時~、14時~の3回、各回20分程度です。

サロンのお客様以外でもお聞きになれますので、どうぞお越しください。

2月16日(土)は朝から小金井市民交流センター小ホールでワークショップ。
コンサートは午後2時半からです。
演奏は今関西で大活躍している若手ダルシマー奏者、稲岡大介さんとアイリッシュ・ハープのkumiさんという組み合わせ。他にワークショップ参加者やスタッフとして手伝っていただく方の演奏もあります。
コンサートは前売り・予約2,000円、当日2,500円、小学生以下のお子さんは無料とします。
チケットのお申し込みはyt-aoki@excite.co.jpへ。

今月もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yt-aoki | 2013-02-06 15:40 | イベント・コンサート | Comments(0)

切った、あるいは切れた!

愛用のDusty Strings D35の弦が切れてしまった。

このところいろいろポップスを試している。D35はクロマチックではないので、移調しなければならなかったり、移調しても音が足りなかったりする。その曲も1音だけ、下の
B♭が欲しかった。

D35は、というか、ダルシマーの音の配置の法則に従えば他メーカーの15/14の楽器でも、下のBは2箇所にある。それならそのうちのひとつを半音下げてしまえばよい。そう思って弾きやすさから高音ブリッジにあるBを半音下げてみた。

(よしよし、これでよい。)

しかし他の曲を弾くときに気をつけなければならない。とりあえず今日もランチタイムに演奏するから今は元に戻しておこう。そう思って上げたら、2本目がいきなり切れた! リン青銅の.020インチ、一番細い弦だ。

しばし呆然! 通常切れたらMさんに連絡して手持ちを分けてもらうのだが、この弦は持ってなかったような気がする。メーカーから取り寄せ?

すぐにウェブサイトを開き、申込方法や価格を調べる。
オーダーフォームに記入してファックスかメールでとある。
支払い方法の欄にクレジットカードの番号を記入してファックス送信するのが簡単で安全だ。

切ったのは1本だが、念のため2と数字を入れて、送料はアメリカ以外の場合は問合せよとあるのでこちらのメールアドレスを記載し、国際ファックスを送る。

ところが、応答なし!
どうしよう? メールでクレジット番号を送ることは避けたい。
もう一度番号を確認すると、ひとつ数字を間違えていた。再送信成功。

次の不安は、私の手書きのメールアドレスを正しく読み取ってもらえるかどうかだ。
もし1日待って返事が来なかったら、メールで問い合わせた方がよいだろうな・・・とアメリカからのメールを待っている最中に、突然メールの送受信がおかしくなった。
サーバーにアクセスできない。あれ? 私何かした? パスワードを求められ、入れてもエラーが出るだけ。

あれこれいじってわからなくなって、プロバイダーに問合せをしようとウェブサイトを開いたら、なんと「障害発生中」の文字! 長年使ってきてそれほどトラブルなく来たのに、今回は数時間におよぶ障害だった。

木曜の午後から金曜にかけての障害。金曜の午前には復旧しているように見えたが、私が送料に関するメールを受け取ったのは日付が変わる頃だった。2種類の提案が送られてきた。本番は4月以降だし、遅い方でよいかな?と返信を書き始める。

「返信ありがとうございました。The First Class International Mailでお願いします。毎週木曜に演奏していますが、コンサートは5月です。リン青銅弦を張るのに時間がかかることは知っていますが・・・」このリン青銅という言葉の綴りをオーダー・フォームに探して仰天した。スチール弦のところに2と書いてある!

「すみません、間違えました。スチールではなくリン青銅です! D35の高音ブリッジの
F#とB音の.020PBです!」

3オクターヴでクロマチックのRizzetta Standardというスタイルのダルシマーが一番使われている。けれど私はエキストラ・ブリッジのないD35が好き。もともと初心者用の12/11という楽器でもこんな曲がこんな風に弾けると探求するのが楽しかったから、制限があっても小さくて軽いD35でできるアレンジを考える。たまにどうしても音が欲しくなると、今回のように別のところに作る。でもこのB音を変えるのはやめておこう。

メールにD35という型番を書いたので、もし興味があればとYouTubeチャンネルへのリンクを貼っておいたところすぐに返事が来て、オーダーの変更は問題ないし、
YouTubeの演奏を楽しんだ、私達のダルシマーがこんなに美しく演奏されるのを見たり聞いたりするのはとても励みになる、といううれしい言葉が添えられていた。

後は弦の到着を待って、張るだけ。
といってもそれがまた面倒だけれど・・・
[PR]
by yt-aoki | 2013-02-02 16:17 | 楽器 | Comments(0)