高橋光さん

みつプロダクションの高橋さんに会った。多分亡くなる少し前の映像。
詳しい事情は知らないが、みつさんは2002年6月22日に55歳で亡くなった。そのみつさんに、数日前出会った。

放送大学の徳丸吉彦先生の講義(芸術文化政策 I)には関心をもっていたが、見るチャンスがなかった。それがちょっとしたきっかけから集中放送されていることを知り、たまたま時間が空いていたので見始め、見られない日には録画をするようになった。そして第10回、少数民族に関する芸術文化政策というテーマの日に、大阪大学の山口修先生とみつさんはゲストとして登場し、芸能を映像化するときの問題点などについて話していた。

実際のみつさんとの出会いは、25年以上も前にさかのぼる。私はまだ就職したての1年生だった。その日、何故みつさんが私の職場に来ていたのかも忘れたが、台風が近づいていて、昼食後には帰宅してよいということになった。遠距離通勤だった私達(といっても、他に誰がいたのか正確には覚えていないが)は、わけもわからず都心へ帰るみつさんの車に乗せられた。あの日のことはみつさんにとっても忘れられないことだったようだ。なぜなら、私達の職場の周りは排水が悪く、どこを通っても深い水溜りを通らなければならない。そのため彼は、ブレーキの利きが悪くなった車で、若い女性たちを送らなければならなくなったのだ。途中で同乗者は降りたのだが、私が利用する私鉄の駅は通らないため、私ひとりみつさんのオフィスまで行くことになり、台風一過の夕焼けの中を広尾から横浜の自宅へ帰った。

その後も音楽映像研究会に誘われ(私はすぐにやめてしまった)たり、仕事をお願いすることになったりと、時々お会いすることがあった。一度渋谷の西武デパートで偶然出会ったこともある。後で知ったことだが、みつさんは私の夫の、高校のクラブの先輩でもあった。また上司の友達であったため職場で電話を取り次ぐこともあり、上司が不在の時には近況を話したりもしていた。

ダルシマーを始めてまだ間もない頃、そうした電話でダルシマーのことを話す機会があった。さすがに民俗芸能の映像をたくさん撮ってきた人だけあって、すぐにどういう楽器かを理解し、その時だったかその後だったか、みつプロダクションで制作したシブクマール・シャルマというインドのダルシマー(サントゥール)奏者の映像があることを私に思い出させてくれた。「高橋光則(本名です)」と書いた年賀状をくださったこともあった。

ダルシマーに関わることはこの最後の1段落だけ。でも、みつさんのことは書いておきたかった。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-03-12 01:41 | 音楽 | Comments(0)

CWA News

CWA Newsが届いた。CWAとはCimbalom World Associationのこと。ハンガリーに本拠地を置くツィンバロム協会、日本風に言うなら世界打弦楽器協会だ。

以前から会員であったので、何度も受け取っているニュースだが、今回のはちょっと違う。
Membership Cardが入っている。昨年までは日本打弦楽器協会(JDS)が団体会員となり、CWAへの入会を希望した人にはコピーを配布していたのだが、今年から個人会員を取りまとめ、登録と会費送金をJDSが代行するという形に変えたのだ。

受け取るものはコピーであるかないかの違いだけ、またそれがハンガリーから直送されるか国内から届くかの違いだけだが、気分は違う。別に海外から届くから、直接海外とつながっているようでうれしいなどという話ではない。日本にも10人を超える会員がいるということがCWAに伝わったこと、多少なりとも個人会員を増やすことでCWAに貢献できることがうれしい。

今年CWAの世界大会が中国・北京で開催される。8回目にして始めてのアジア地域での開催だ。もちろん中国には揚琴という打弦楽器の伝統があり、多くの優れた演奏者がいる。だからこそアジア地域での始めての大会は中国であって当然だが、いつか日本でも大会を開催し、世界中の打弦楽器奏者を集めたいと思っている人もいる。そのための1歩を踏み出したのだ。もちろん中国大会には、日本からたくさん参加して欲しいと思う。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-03-10 21:50 | 日本打弦楽器協会 | Comments(0)

覚えられない

昨日キムの練習曲Ja Ra Kae Hang Yawはパート3までいった。パート1、パート2は結構覚えられたのに、今回はだめだ。頭に入らない。面白い音型、新しいリズムパターンは頭に入る(ただ、手の動きが今までと違い、動かない)が、全体の音の流れが思い出せない。今回は、耳のシフトがうまく行かなかったようだ。思いがけない跳躍があると、実音で捕らえてしまい、そこからもう一度タイ音楽のドレミに(西洋音楽でいうなら移動ドに)置き換えなければならなかった。疲れていて集中力が足りなかったのかもしれない。

今月のレッスンをあと2回分約束した。今月末には京都在住でキムを長年やっていらっしゃる方に会いに行く。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-03-08 23:34 | キム | Comments(0)

Dulcimer Players News

待っていたDulcimer Players Newsがようやく届いた。年4回発行されているアメリカの雑誌。これを定期購読するようになって何年経っただろう。

1号だいたい50ページ前後だが、半分は広告だ。あまり読むところはない。CD評、見開きの演奏者紹介、何曲かの楽譜、イベント案内は常に掲載され、そのほかにマウンテン・ダルシマーやハンマー・ダルシマーについての記事が掲載される。広告は、楽器メーカーのものばかりでなく、ワークショップやフェスティバルなどの広告が多い。それらを見ていると、どういう人が講師あるいはゲスト・プレイヤーとして招かれているのかがわかる。

時には日本の情報も掲載される。私がハンマー・ダルシマーの練習用にとアレンジした「さくら」の楽譜も掲載してもらったし、ダルシカフェの井口さんによる茨城県美野里町で開かれたダルシマー&オートハープ・フェスティバルの模様も掲載された。今回のイベント広告の中には、CWAが北京で開催する大会もあった。

発行部数がどれくらいなのか、日本で言えばどのような雑誌に相当するのかわからないが、今回の号はVol. 31, No. 1で、なんと31年も続いているそうだ。日本から定期購読を申し込む場合、年間26ドル。例えば日本の書店で、この程度の雑誌を手にとって、値段が700円もしたら多分買わないだろうが、アメリカの状況がわかるという点では価値がある。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-03-03 00:09 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

ハックブレット

今日の練習会はたった2人。近年まれなることだ。この1年は大抵4人以上だったのだから。けれど他に3人の人が来たので、会場の利用者は5人。ハックブレットという楽器を作った人と、それをこれから作ろうとしている人が、楽器を囲んで楽器製作にまつわる話をした。

ほぼ2ヶ月前から彼らを引き合わせることを考えていたが、なかなか実現しなかった。だから今日はあまり練習ができなくてもよかった、なんて、来てくれた人に申し訳ないね。

私は限界のあるハンマー・ダルシマーが気に入っているが、ダイアトニックのため音が足りないことに不満を感じている人もいる。現在使われているハックブレットはクロマチックなので、どんな曲にでも対応できる。そういう意味ではダルシマーよりもっと使われているはずだ。ただ音楽の初心者にはちょっと難しいかもしれない。

ハートストリングスというハンマー・ダルシマー・クラブがあるように、ハックブレット・クラブもできると良いのに。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-27 22:45 | Hackbrett | Comments(0)

絶対音感

昨日は仕事帰りに、来月の協会イベントの会場下見に行った。
こう書くと硬いが、なんのことはない、ただ協会員のお宅を訪ねて夕食をご馳走になり、おしゃべりをしてきただけ。そのおしゃべりの中から、私がタイのキムを結構楽しんでいることのバックグラウンドに気づかされた。

私は4才からピアノを習っていた。先生は一度変わったが、どちらの先生も私の音感教育に熱心で、聴音のトレーニングをしてくださった。おかげでほぼ絶対音感を身につけることができた。ただ、大人になって、日常的にピアノを弾くという事をやめてしまって20年以上経っているので、あまりきっちりとした音感ではない。そのため私は自分の音感を相対的絶対音感と言っている。基準となる音がずれるのである。

例えば普段私が使っているダルシマーでD-Durを弾く事はできるが、Des-Durはあり得ない。それが、その楽器を人が弾いているときに、弾けないはずの調が聞こえてしまう事があるのだ。とても気持ちが悪いが、その曲が終わるまではがまんしなければならない。そして曲が終わったところで次の曲が始まるまでに頭を切り替える。うまく出来れば次の曲は正しい調で聞こえてくる。

さて、タイの音楽はオクターブを均等に7つに分割するそうである。西洋音楽と同じようにドレミファソラシ(正確にはシでなくティ)と言っているが、全音と半音という2種類の間隔を持つ西洋音楽の音階とは違う。西洋の音階と比べると、ミが少し低く、シはシのフラットに近くなる。

More
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-24 23:29 | 音楽 | Comments(0)

Mailing list

hammered_dulcimersというアメリカのメーリング・リストに参加している。
参加しているといいながら、ほとんどメールを送ったことがない。
しかもこの1年は、あまりメールを読むこともせず、未読メールが1000通を超えてしまった。

メーリング・リストというのは良し悪しで、貴重な情報が入手できる一方、長く参加していると同じような質問が繰り返されることに遭遇する。どのメーカーのダルシマーが好きか? チューナーはどこのメーカーがお勧めか? スタンドの図面が欲しい。 フライト用の良いケースはないか? PAはどうしたらよいか? ○○に住んでいます、先生を紹介してください。などなど。また何か話題が盛り上がっているときは、大変な量の返信があるが、中身は「賛成!」だの「すごい!」と言った調子。

きちんと読んでいれば面白い話題も見つかるのだけれど、忙しくて疲れている時に、長文の英語を読むのはつらい。読むといっても斜め読みだが、さすがに1000通は追いつくのが難しそうだ。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-22 00:26 | ハンマー・ダルシマー | Comments(0)

イベントと集客

昨日の昼間イベント・タイトルの変更を決め、夜はがきを印刷。
今日、出がけに切手を買い、そのカウンターで貼らせてもらい投函。
とりあえずそれで今回のお仕事は終了。

出かけた先は、ダンスと映画のイベントだったが、開演20分前にすでに満席で席がなかった。15分前から主催者の挨拶があったが、広報誌や新聞で応募のあった人へ、かなりの数の招待券を出していたようだ。たまたまそうした時期に気づかなかった私は前売り券を買って行ったのに。大体開演の1時間も前から開場することに少々の不安もあったが、早くから行ってよい席を取る趣味はないし、暇もない。私にしては開演20分前でも早い方だ。早々に着席をあきらめて(私より年配の人が多いのに、座ったところで落ち着かないだろう)立ち位置を確保したが、そこで終演までの約2時間半立ち続けた。会場には当日券のカウンターもあったが、まさかあの状態で売っていたのだろうか?

年末にコンサートの受付を手伝いに行ったところ、定員オーバーになり会場からひどくしかられた。その時はとにかく席を詰めてもらったり、最後まで聞かずに帰る人に救われ、最終的には関係者に退場してもらって立ち見をなくしたようだった(結局受付から離れられず、中の様子はわからなかったが)。その時初めてホールの定員が消防法に関係することを知ったが、今日はいったいどうなっていたのだろう。

しかし、定員オーバーというのは、日本打弦楽器協会のイベントには無縁な話だ。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-19 23:09 | Comments(0)

シルバー・チューン?

昨日送信した案内はがき案に対し、2人の理事から返事をいただいた。イベントタイトルに疑問が残り、それを何とか解決したいのだが良い案が浮かばない。とりあえず今日は置いておく。明日の晩印刷し、土曜には投函するつもり。

ハートストリングスの老人ホーム用レパートリー(その話をしたら、シルバー・チューンですかと言った人がいた)、インデックスに時代別の曲目リストを掲載している楽譜集をみつけ、そちらのチェックもしてみる。もう1冊、『世界の愛唱歌』という楽譜集をみつけたが、これはこれで役に立ちそう。昔から日本で歌われている曲の中には結構外国のものもあるが、あまり外国のものだと意識していない曲が多い。けれどそれらは、外国の演奏者と共有できる可能性がある。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-17 23:50 | Comments(0)

寒い!

今日は雨。ところが私の勤務先は東京の中でも「山沿い」になるらしく? 朝から雨に白い色がついていた。昼ごろも結構硬いものが降っていて、夕方それが上がっても寒かった。

そのせいか「ゆっくりお風呂」にしたくなり、パソコンを立ち上げたのは10時過ぎ。けれど昨日ここに「はがきを作れなかった」と書いてしまったので、せめてそれだけはと作る。他の理事と関係者に案として送付。というわけで、今日もまたダルシマー関係のことを記録できる。本当にダルシマー漬けの日々だ。

実はもうひとつある。ハートストリングスのメンバーがいつか老人ホームなどを訪問して演奏してみたいと言っている。そのために、日本の懐かしい曲も練習したいと。何か適当な楽譜がないかと探してみたが、かなり出版されているにも関わらず、書店などではみつからず、内容を確認することができない。それで『日本歌謡史 : 明治・大正・昭和歌謡集 / 丘灯至夫編著』で取り上げられている曲目をチェックすることにした。とりあえず手元に童謡百曲集があるので明治・大正期の童謡は順次準備(ダルシマー・フレンドリーな調に移調するなど)できるだろう。
[PR]
# by yt-aoki | 2005-02-16 23:53 | Comments(0)