人気ブログランキング |

静岡オートハープギャザリング

11月9日から10日にかけて開催された静岡オートハープギャザリング参加報告、遅い投稿です。

ほぼ2年に1度の参加、それは「私の楽器はオートハープじゃないし」という思いによるのですが、1年行かないと、そこでしか会えない人たちにまた会いたくなるからなのです。日本各地から集まるオートハープやその他の楽器奏者の方々と一緒に演奏させていただいた体験、特に1日目の夜の、あみだくじで一緒に演奏する相手を決めて行われる発表は、スリリングながら、思い出に残るものが多いです。

静岡にあるダルシマーを貸していただけるのも行こうと思うきっかけになっています。所有者からは、チューニングとメンテナンスをしてもらえると思っていただいてます。メンテナンスなんてしませんけど。会場は、車を利用しないととても不便なところにありますが、バスを乗り継いでいくことも可能ですし、状況によっては静岡駅からの送迎をしていただけたり、翌日昼までに東京に帰らなければならないときに、同じように翌朝出て帰る人の車にのせていただけたり、ということで、このギャザリングをきっかけにした知り合いは増える一方。

この10年余りでおそらく7回目の参加ですが、今回初めて自分の演奏枠の中で、オートハープとのデュオを1曲演奏させていただきました。

10月にフォーク・ハープとのSouth Windとオートハープの古屋克己さんと共催で行ったちいさな集まり「ダルシマー&オートハープ・ギャザリング in 茅ケ崎」、関東を台風が直撃した直後ということもあり、和歌山からの参加は叶わなかったのですが、オートハープのあらかんずさんにも参加していただいて、ささやかに開催されました。その際、South Windと古屋さんとの3人のセッションが楽しく、古屋さんに「もし静岡に参加されるなら、ぜひ一緒に演奏しましょう」とお願いしておいたのです。古屋さんの枠(エントリー名は「122ストリングス-1」、3人で122弦のうち一人足りないという意味)でも1曲演奏しました。

他にもSouth Windとして参加した時、帰りにバス乗り場に向かおうとしていた私たちを追いかけてきて、焼津まで送ってくれたご夫妻の、奥様との再会。その後急にご主人を亡くされた彼女は、ギターではなくご主人のオートハープを弾きながら歌うようになっていて、彼女と他の久しぶりに参加した人たちとの交流は、傍で見ていても心動かされるものでした。

ばっちり決まったあみだセッションも忘れずに記録しておきます。今年はWhite Beach Brothersのお兄さんとでした。たしかキャロランの曲を演奏されたことがあると記憶していたのでお尋ねしたところ、Carolan's Concertoを弾かれたので、「それなら弾きたいと言った人の伴奏をしたことがあります!」と1回合わせただけで本番。繰り返し回数だけ確認して、曲紹介もせずに演奏。こういう記憶が、また来たいという思いにつながるのです。

また来年、と別れた人たちと、本当にまた来年会えるかはわかりませんが、多分また、出かけていくことでしょう。

# by yt-aoki | 2019-11-27 23:50 | イベント・コンサート

第15届世界揚琴大会

中国安徽省の合肥(Hefei)市で開催された、15回目のCWAコングレスに参加してきました。2005年に北京で開催されたときと同様、外国からの参加者は少なかったのですが、それでも13か国からの参加がありました。会長ヘレンチャールさんとスロヴァキアからのツィンバロム、スイス・アッペンツェルのハックブレット、イギリスとアメリカのダルシマー、イランのサントゥール、メキシコのサルテリオ。シンガポール、マレーシア、オーストラリアは揚琴で、韓国からは伝統のヤングムを使うグループと、揚琴と韓国楽器を使うグループ、そして日本からは揚琴、ツィンバロム、ダルシマー。一方中国国内からは、各地にある音楽学院、師範大学ほか、揚琴協会、地域の代表団など30組。それぞれの枠の中で、1曲ごとに楽器を入れ替え編成を変えるところから、1台の揚琴を代わる代わるソロで演奏するものまでさまざまでした。

第15届世界揚琴大会_c0055046_21493631.jpg
26日夜のオペラハウスでのオープニング・コンサートは100人による揚琴合奏”Beautiful Hefei"(写真)に始まり、揚琴合奏、中国楽器の合奏、ツィンバロム、ハックブレット、サントゥールなど中国以外の楽器を紹介する曲目、そしてオーケストラ伴奏による揚琴名曲集などがあり、揚琴関連の曲を紹介するものでした。ホテルとオペラハウスはバスで送迎されますが、別のホテルに行くバスもあるので、乗り間違えないようにと注意されました。

翌朝、会場であるオペラハウスの前で、巨大な半円形を作っての写真撮影の後、同じ建物内の音楽ホールでコンサートが始まりました。その日の午後、ツィンバロムの崎村潤子さんとダルシマーの私とは別枠で、日本からの参加者、揚琴の張林(Zhang Lin)さんのコンサートがありました。実はそのコンサート以前にお会いすることができなかったので、楽屋からの出待ちをしました。それ以後は不思議とホテルのエレベータで一緒になったり、ホールで出会ったりできたのですが、張林さんも昔馴染みの方たちとお会いになっているようで、楽しそうにしていらっしゃいました。

第15届世界揚琴大会_c0055046_21510570.jpg
コンサートの終演予定は夜の9時半でしたが、ほぼ毎日10時。バスに乗ってしまうと、ちょっとした飲み物などの買い物もできません。ただ、ホールから10分ほど歩いたところに大きなショッピングモールがあることがわかり、食事をしたり、サンドイッチや飲み物を買えることがわかったので、毎日一度はそこへ通うようになりました。滞在3日目の夜、少し早く戻れた時にようやくホテルの向かい側にコンビニを発見し、ペットボトルのお茶を買うことができました。

4日目の午前中の最後が日本人参加者の枠。午前中演奏がある場合開演前にリハーサルがあるので、7時半のバスに乗ります。今回は私のソロ曲が3曲、崎村さんとのデュオで1曲、私が抜けて崎村さんのソロ曲、崎村さんの香港のお友達とのデュオ、さらにマレーシアから参加の人にピアノを弾いてもらってトリオで演奏という構成になりました。この日のお昼くらい日本人同士で一緒に食事をしましょうと出かけた店に、香港とマレーシアの人たちが仲間数人で偶然現れたのには驚きましたが、リーズナブルで美味しい店は誰もが同じように感じるのでしょう。

第15届世界揚琴大会_c0055046_21561932.jpg
最終日はオペラハウスで閉幕コンサート。音楽ホールに比べると楽屋も数があり、日本、スイス、マレーシア、メキシコの7名でゆったりとした一部屋が割り当てられました。リハーサルは各国1曲と、全員合奏曲の「茉莉花」だけ。長い待ち時間の間、スイスのハックブレットを少し弾かせてもらいました。これと同じ楽器は国立音楽大学の楽器学資料館に所蔵されています。スイス・アッペンツェル地方の独特の楽器で、2005年に北京で見た時すぐさま、「これ、くにたち音大にありませんか?」と聞いたほどです。北京でその話をしたとたん、今回の参加者ヨハネスのお母様が「グンジ、グンジ」と叫びだし、国立音大の郡司すみ教授が買い付けた楽器だとわかりました。そして今回実際弾かせていただくと、左側の高音ブリッジの左右が、下の3つは5度の関係になっているのに、その上が6度になっているのだと知りました。しかも上下の弦の関係が、半音のところと全音のところがあるのです。ダルシマーで言うと12/13コースなのですが、クロマチック・レンジが2オクターブと4度、低音はダイアトニックで5度あり、全体で3オクターブの楽器です。効率が良い楽器なのですが、音の位置を覚えるのが大変。「茉莉花」もすぐには弾けませんでしたが、楽器製作者のヨハネスにも難しそうでした。

第15届世界揚琴大会_c0055046_21573136.jpg
閉幕コンサート終演後、身軽な崎村さんが先に私の楽器を持って帰ってくれると言ってくれたので、お願いして、着替えたり荷物をまとめたりしてからバスに乗りました。ところがそのバス、見慣れないところを走り始めるのです。そして到着したのは滞在していたのとは別のホテル。思わず隣席の人に、これはあなたのホテルですかと聞いてみたところ、バンケットよ、との返事。崎村さんがタクシーで帰ったと思い込んでいたので、急いで連絡をとると、崎村さんも前のバスに乗り、同じホテルの玄関を入ったところにいるとのことでした。そこから「円満成功」の宴会。ご挨拶があり、楽器が当たる抽選会があり・・・・終わってホテルへ戻りパッキング、翌日は遠足に参加せず、朝5時にホテルを出るタクシーで帰国の途についたのでした。

第15届世界揚琴大会_c0055046_21590238.jpg
(写真はすべて小出賢司さん撮影のものを使わせていただきました。)

# by yt-aoki | 2019-11-15 22:12 | イベント・コンサート

2019年10月の予定

「ダルシマー&オートハープ・ギャザリング in 茅ケ崎」
日時:10月14日(月・祝)13:30~
会場:春秋会館(茅ケ崎駅南口)
出演:古屋克己、South Wind(folk harp & hammer dulcimer)、Merry Strings(hammer dulcimer duo) ほか
入場:無料
※ 和歌山と神奈川のダルシマー・デュオMerry Stringsとしての演奏は4年ぶり、2015年のCWAイギリス大会以来です。実は春の「お花見ライブ」(リュスモーネ、和歌山)に行った際、久しぶりに二人で合わせてとても楽しかったので、茅ケ崎でイベントをしようということになった時、真っ先に連絡しました。関東での演奏は、2014年の美野里ダルシマ&オートハープ・フェス以来5年ぶりとなります。

"The 15th Yangqin World Congress in Hefei, China"
日時:10月26日~30日
開催地:合肥市(安徽省、中華人民共和国)
※ CWA(Cimbalom World Association)の2年に1度の大会、今年は北京の予定でしたが、北京での会場が確保できず、合肥市での開催となりました。日本からはツィンバロムの崎村潤子さん、揚琴の張林さんと、ハンマー・ダルシマー青木陽子の3人が参加予定です。

ハンマー・ダルシマー・クラブ ハートストリングスの練習会は、6日と20日、杉並区内の施設で開催します。詳細はお問合せください。
また10月20日(日)午後は十三音会に参加します。

# by yt-aoki | 2019-09-16 13:19

2019年の上野牧場(5月の予定)

茨城県小美玉市にある上野牧場で開催されるフェスの予定です。

4月27・28日 第38回ブルーグラス・フェスティバル(春)
5月25・26日 第18回ダルシマ&オートハープフェスティバル
6月29・30日 第14回フォークソング・フェスティバル
7月27・28日 第16回ドックワトソン・フェスティバル
9月28・29日 第13回カーターファミリー・フェスティバル
10月26・27日 第39回ブルーグラス・フェスティバル(秋)

ハートストリングス(ダルシマー・アンサンブル)は、5月のダルシマ&オートハープフェスティバルに参加予定です。今年で15回目となります。7月に介護施設での演奏予定もあり、新曲を含めて準備中です。

# by yt-aoki | 2019-03-24 15:59

2019年4月の予定

今年の春もまた関西へ参ります。

■ハンマーダルシマー レクチャー&コンサート

日時:46日(土)13:0012:30開場)

会場:Inaoka Studio(兵庫県宝塚市)

料金:予約2000円/当日2500円(別途1オーダー)

※今年のレクチャーでは生明慶二さんのことを話します。

■お花見ライブ&お点前

日時:47日(日)14:0013:30開場)

会場:リュスモーネ(和歌山県橋本市)

出演:South Wind ほか

料金:予約1,500/当日2,000円(お抹茶とお菓子付き)


そして小金井のブルーメンハウスでのコンサートの2回目。

春の曲を演奏します。

■光と風 ~フォレスト・マム・コラボレーション~

日時:413日(土)14:0013:30開場)

会場:ブルーメンハウス(東京都小金井市)

出演:South Wind

料金:2,800円(フォレストマムのケーキとお茶付)

ご予約・お問い合わせ:042-381-3840


2019年4月の予定_c0055046_17164381.jpg


# by yt-aoki | 2019-03-23 17:28 | イベント・コンサート

ヘレンチャールさんが来日します

ヘレンチャールさんが来日します_c0055046_18044570.jpg
Cimbalom World Association(世界打弦楽器協会)会長のツィンバロン奏者、
ヘレンチャールさんが数年ぶりに来日され、日本ハンガリー友好協会の主催で、コンサートが開催されます。

日時:2月15日(金)19:00 (18:30開場)
会場:王子ホール(東京・銀座)
料金:2,500円 全席指定
チケット取扱い:王子ホールチケットセンター tel. 03-3567-9990
問合せ:日本ハンガリー友好協会  jpnhun@gmail.com
 tel. 03-3473-9870
(電話は留守電ベースです。電話番号とお名前を残してください。)

この他、大阪、京都、名古屋でコンサートが開催されます。
16日(土)ツィンバロンと合唱のゆうべ:大阪相愛学園南港ホール
・相愛学園フィルハーモニアとツィンバロンによる「ハーリ・ヤーノシュ」
・ハンガリーの合唱曲
17日(日)関西ハンガリー交流協会新年会:大阪大学中之島センター
19日(火)ランチコンサートwith通崎睦美(マリンバ):京都吉田山荘
21日(水)ソロコンサート:名古屋宗次ホール

# by yt-aoki | 2018-12-29 18:35

2018年12月の予定

◆クリスマスコンサート
日時:12月9日(日)16:00~ 
会場:渋谷区内(駅より徒歩8分/コミュニティバス停より2分)
参加費:1,000円(+パーティー用に何か一品お願いします)

月に2回、日曜の午前中に練習会を開催しているダルシマー・クラブ ハートストリングスは、2005年からは美野里ダルシマ&オートハープ・フェスティバル、2008年からはツィンバロム奏者崎村潤子さんの生徒さん(マリンバやピアノを含む)の発表会を兼ねたクリスマス・コンサートに参加させていただいています。他に演奏する機会を得た年もありますが、この2つがハートストリングスの定例の演奏の場となっています。

これまでクリスマス・コンサートの方は、生徒さんと関係者だけの会だったのですが、今年から少しオープンにして興味のある方にも来ていただける会にしようかしらとのお話が崎村さんからありました。私はダルシマーに興味のある方と初めてお会いする時は、ハートストリングスの練習会を利用することが多いのですが(何種類かの楽器を見ていただけるため)、日曜午前という制約があります。たとえ年に1回でも日曜午後に、練習している人達の演奏を聞いていただいて、楽器について気軽に話ができる場が都心で持てるのは喜ばしいことです。

ただこのコンサート、終了後は持ちよりのお料理や飲み物でのパーティーとなりますので、その準備のため、予め参加のご希望をお知らせいただきたいと思います。このページの右の方にあるアドレスあて、クリスマスコンサートと件名に書いてメールをお送りください。詳細を返信させていただきます。

なお、下記でコンサートをさせていただくSouth Windもリハーサルを兼ねて何曲か演奏する予定です。


◆江戸川区立東部図書館 
 ハンマーダルシマー&フォークハープ クリスマスコンサート
日時:12月16日(日)14:00~15:30
会場:江戸川区立東部図書館2階視聴覚室
出演:South Wind(森悦子、青木陽子)

※事前申込み制、1121日より受付開始、定員50

 詳細は江戸川区立東部図書館ホームページを御覧ください。


年内最後のハートストリングス練習会は、23日です。こちらも詳細はお問合せください。



# by yt-aoki | 2018-11-25 18:48 | イベント・コンサート

ハックブレット教室

先日小川美香子さんによるワークショップのことを書きましたが、会場のレソノサウンドさんで6月からハックブレット教室が開催されるそうです。基本的に第2、第4木曜とのこと。

現代のハックブレットは半音階楽器ですので、様々な調に対応できます。そのため、ダルシマーの音色が欲しい時には、ハンマー・ダルシマーではなく、ハックブレットが使われることも多々あります。

興味のある方は、レソノサウンドさんへお問合せください。

# by yt-aoki | 2018-06-09 15:41 | Hackbrett

今後の予定(2018.5~6月)

先日17日、MiMiさんのダルシマーの教室の生徒さんを主な対象としたワークショップが開催されました。講師はルス・スミスさん。平日の午前に初心者向け、午後に中級向けという内容で、参加者はそれほど多くはなかったのですが、通訳をするMiMiさんの目も行き届き、混乱している参加者にアドヴァイスをしていたので、ちょうどよい人数だったのだと思います。私も聴講させていただきました。

今年は4月にジョシュア・メシックさんのワークショップが開催されたばかり。その時の報告にも書いたように、内容としては私が昔ニーマン先生から習ったこととほぼ変わりありません。ただそれが、複数の講師により、今、日本で紹介されるのは、とても意義のあることだと思っています。というのも、私がダルシマーを始めた頃と比べると(そしてもちろんさらに以前、小松崎健さんやDulciCafeさんたちが始めた頃よりも)ダルシマー愛好者の人口が増えているからです。

ダルシマーという楽器は、音楽経験者なら、わざわざ習うこともなくすぐに演奏に使える楽器だと思います。けれど、この楽器特有の面白さというのがあり、それに早く気づいて欲しいのです。そのためにも、こういうワークショップは有効です。

その翌18日にはルスさんご家族のコンサート、さらに翌19日にレッスン、20日はハートストリングスの練習会でした。ハートストリングスは今年も美野里ダルシマ&オートハープフェスティバルに参加します(5月26-27日、ハートストリングスは26日のみの参加)。そして22日は久しぶりに私のハープとのデュオ、サウス・ウィンドの打ち合わせと練習をしました。来月、サウス・ウィンドの演奏が決まったのです。

今後の予定(2018.5~6月)_c0055046_23192541.jpg

日時:6月23日(土)14:00~(13:30オープン)
会場:ブルーメンハウス(小金井市)
料金:¥2,800(予約のみ)フォレスト・マムのケーキとお茶付き

ブルーメンハウスはJR中央線・武蔵小金井駅下車徒歩約8分のところにある個人のお宅を改装したカフェです。予約制でのランチやイベントを開催していて、先月フォレスト・マムが出店すると聞いて伺い、オーナーの原さんに紹介していただきました。そしてすぐに、フォレスト・マムとのコラボでのコンサートが決まったのです。フォレスト・マムは長らく演奏させていただいた自然館の奥様、聖子さんのヴィーガン・スイーツ(動物性のものを使わないお菓子)のお店。こちらは武蔵小金井駅の南、前原交差点の近くにあります。

サウス・ウィンドはいろいろなところで演奏させていただいていますが、中でもお茶やお菓子でくつろぐときに聞こえてくる音楽をしたいと思っていますので、今回のマムとのコラボはとてもうれしく、どのような曲をどう演奏しようかと考え準備中です。

興味を持ってくださったら、どうぞお早めのご予約を。電話予約はチラシの番号へ、その他出演者に直接ご連絡いただいてもかまいません。よろしくお願いいたします。

その他の予定は、立川レッスンが6月5日と19日、中目黒レッスンが6月30日、ハートストリングスの練習会は6月3日と17日です。詳細はお問合せください。

# by yt-aoki | 2018-05-23 23:56 | イベント・コンサート

リュスモーネ

私のダルシマーデュオ、メリー・ストリングス。その相方の自宅音楽ホール、リュスモーネがNHKの取材を受けたそうです。
ローカルですが、まず和歌山で本日5月22日(火)18:30〜の和歌山「明日のWa」でオンエア、さらに20:45からの再放送。
そして関西圏では明日5月23日(水)11:30〜の「ぐるっと関西おひるまえ」で放送されるそうです。

内容は音楽ホールとしてのリュスモーネだけでなく、彼女のバンドや音楽の先生としての活動まで含んでいる様子。
急告で申し訳ありませんが、関西エリアの方、どうぞ御覧下さい。

# by yt-aoki | 2018-05-22 23:02 | イベント・コンサート