カテゴリ:イベント・コンサート( 225 )

ハンマーダルシマー・セッション・パーティー

1年ぶりに来日されたJoshua Messickさんとのハンマーダルシマー・セッション・パーティーに参加してきました。(4月14日、横浜長浜ホール)

会場の横浜長浜ホールは最寄駅・京浜急行能見台駅から徒歩で15分ほどのところにあります。
かつて日本打弦楽器協会のイベントと、友達が演奏するイベントで行ったことがあるのですが、横浜長浜ホールに楽器を持って行くのはつらいなと思いました。それで主催者のDulciCraftさんに「楽器持たずに参加したい」とお伝えしたのですが、Joshuaさんがダルシマーを弾く人達との交流の場を望んでいらっしゃるとの返信で、仲間を誘い、一緒にタクシーで行くことにしました。行ってみて驚いたことに、今回北は北海道、南は九州、そして関西からの参加者がほぼ半数を占めていて、以前からお名前だけ存じ上げている方たちとお会いすることができたのです。

最初はJoshuaによる1時間半のワークショップ。音階やアルペジオの弾き方、打楽器のテクニックなどが紹介されました。音階やアルペジオは私がDave Neimanに習ったこととほぼ同じ、合理的な弾き方です。打楽器のテクニックは、知ってはいても、あまり練習したことはないので、結構左手がついていきません。左右の手の独立性については、理解はできるのですが、私の奏法とは違うなという感じです。これらは英語が堪能な方により、逐一通訳をしていただけたので、参加者の皆さんも理解できたと思います。

その次は1時間ほどのセッション・タイム。キャロランの曲や、アメリカの曲など、できるだけ皆が知っている曲を選んで一緒に演奏しました。時にはアイリッシュのダンス・チューンも少しゆっくり弾きましょうと提案されたりして、知らずに弾けない曲でも、覚えるチャンスが得られたのではないかと思います。

今回のイベントは15時から20時までの長丁場、その後はお食事タイムだったのですが、ここでスペシャル・ゲストが紹介されました。「メアリと魔女の花」の監督、米林宏昌さんが来てくださったのです。何故ハンマー・ダルシマーを使おうと思われたのかなど、お話いただきました。そして主催者や参加者により用意された食べ物飲み物が準備され、休憩。とはいえ、楽器のまわりで話し込んだりJoshuaに話を聞いたりする人が途切れず、用意された食べ物はなかなか減りません。

お食事タイムの後は、Joshuaによるミニ・コンサート。オリジナル曲、「メアリと魔女の花」の曲、そして奥様のハープとのデュオも。

お天気が不安定で、もしも大雨が降るようだったらスケジュール変更もありうるとして始まったのですが、ひどく崩れることもなく、予定通りプログラムは終了しました。しかしそれですぐには終わりませんでした。あちこちでの会話、Joshuaによるデモ、残った食べ物の片付け、特にJoshuaによりかなり遅い時間に教えられた奏法は衝撃的でした。ダルシマーは右側のブリッジと左側のブリッジの上を通った弦が左右のブリッジの中ほどで交差しているためあまり真ん中は叩かないのですが、Joshuaはその交差部分を叩くことにより、2音を同時に出すというのです。それも片手だけでなく、両手を使うことにより、4音を同時に出す! 彼はハーモニクスも使うし、弦を指ではじくし、様々な奏法を使います。それらの奏法は他にも使う人がいて知っていたのですが、4音同時は初めてでした。

今回は先週関西で私のレクチャー・コンサートを聞いてくださった方たちと再会したり、思いがけず以前からお名前だけ知っていた奏者の方とお会いしたり、という点でも有意義なイベントでした。準備をしてくださったDulciCraftさんに感謝いたします。

5月にもDulciCraftさん主催のコンサートがあります。こちらも楽しみです。

●ダルシマー・ウィンド Sounds of Appalachia
日時:5月18日(金)19:30~(19:00開場)
会場:大倉山記念館(神奈川県横浜市港北区)
出演:Steve and Ruth Smith, DulciCafe, Uncle Gryphon
料金:無料
主催/問合せ:DulciCraft 井口
入場予約サイト https://appalachianwind.peatix.com
※詳細は入場予約サイトでも御覧になれます






[PR]
by yt-aoki | 2018-04-15 01:48 | イベント・コンサート | Comments(0)

2018年4月の予定

本日、桜山キリストの教会でのイースターコンサートも無事終了し、3月のイベントは終了しました。4月の予定です。

●リュスモーネお花見ライブ&お点前
日時:4月7日(土)13:30~(13:00開場)
会場:リュスモーネ(和歌山県橋本市柏原)
出演:アシュリン、古屋克己、メリーチューン、川口麻紀、尾上利香、サウス
ウィンド、検校たかお&田中章悟
料金:予約1000円/当日1500
お抹茶接待:表千家流講師 林吉男、林和美
※昨年同様、リュスモーネのお花見ライブにSouth Windとして参加させていただきます。すでに40名以上のご予約をいただいているそうです。

●レクチャーコンサート ダルシマーと音楽の歴史
日時:4月8日(日)14:00~(13:30開場)
会場:Inaoka Studio(兵庫県宝塚市山本)
料金:予約2000円/当日2500円(別途1オーダー)
※明日4月1日にオープンする稲岡大介さんのスタジオで、音楽の歴史とダルシ
マーの歴史を絡めながら、演奏とお話をさせていただきます。

演奏予定はこの関西での2つだけですが、関東でもイベントがあり、
参加する予定です。

●ハンマーダルシマー・セッション・パーティー
1年ぶりに来日されるJoshua Messickさんとハンマーダルシマー・プレーヤーで楽しむセッション&ワークショップ+ミニコンサートです。先着25名 
(フード持ち込み歓迎、アルコール類は不可)
日時:4月14日(土) 15:00 - 19:30
会場:横浜市長浜ホール 多目的ルーム(横浜市金沢区)
会費:パーティー費用を参加者で分担します。(1000円〜2000円程度)
参加申込、問合せ:DulciCraft 井口

練習会とレッスン
●ハートストリングス練習会 4月22日(日)と29日(日)
●立川レッスン 4月10日(火)と24日(火)
 中目黒レッスン 4月28日(土)

さらに5月のご案内

●ダルシマー・ウィンド Sounds of Appalachia
日時:5月18日(金)19:30~(19:00開場)
会場:大倉山記念館(神奈川県横浜市港北区)
出演:Steve and Ruth Smith, DulciCafe, Uncle Gryphon
料金:無料
主催/問合せ:DulciCraft 井口
入場予約サイト https://appalachianwind.peatix.com
※詳細は入場予約サイトでも御覧になれます

●第17回ダルシマ&オートハープ・フェスティバル
日時:5月26日(土)午後~27日(日)
会場:上野牧場(茨城県小美玉市)




[PR]
by yt-aoki | 2018-03-31 20:04 | イベント・コンサート | Comments(0)

2018年上野牧場開催のフェスティバル

昨年秋ごろお会いした方に、茨城県でのダルシマー・フェスについて尋ねられ、日程は私のブログを見てくださいとご紹介したのに、掲載することを忘れていました。

4月28・29日 第36回ブルーグラス・フェスティバル(春)
5月26・27日 第17回ダルシマ&オートハープフェスティバル
6月23・24日 第13回フォークソング・フェスティバル
7月28・29日 第15回ドックワトソン・フェスティバル
9月29・30日 第12回カーターファミリー・フェスティバル
10月27・28日 第37回ブルーグラス・フェスティバル(秋)

[PR]
by yt-aoki | 2018-03-12 11:29 | イベント・コンサート | Comments(0)

2018年3月の予定

新年最初のダルシマー・イベントは、1月9日のレッスンでした。
「楽譜は読めませんがいいですか?」と、年上の女性が来てから、もう5年が経っていました。それに気づかぬまま、「上手になったな」と練習してきたことを聞いていたのです。
「3年くらいだっけ?」「いえ、5年目です」
昨年は自ら人前で弾くチャンスを生かし、「とにかく手が震えてしまって」という場に何度も挑戦してきた彼女、60代でも気持ちと努力で変われるということを示してくれました。でもまだ課題はあります。彼女の好きな音楽ジャンルで、他の人と一緒に演奏すること。そのために必要なスキルを習得するにはどうしたらいいか? 

数年前、別の楽器でしたが、ある会で大勢で一緒に演奏している時、演奏することでいっぱいいっぱいになってしまって、曲が終了した時にも気づかず弾き続けていた人がいたのです。そうなって欲しくない。そのためにはどういう能力が必要なのか? あるいは演奏途中で間違えてしまっても、一緒に演奏する人の迷惑にならないような切り抜け方は? 自分がどうしているのかを分析しながら、それを身につける方法を模索する。言葉で伝えようとしてもなかなか理解してもらえない難しいことです。でも彼女が私を頼ってくれる限り、私も彼女の上達のために努力したいと思います。そんなレッスンを続けながら、時々演奏もする、きままなダルシマー生活です。次が欲しいと言っていただいている楽譜集に掲載するアレンジも、少しずつ準備しています。

来月3月の演奏予定をお知らせします。

●South Wind
日時:3月11日(日)15:00~
会場:おーるどタイム(北越谷)
料金:2,500円
※日本のダルシマーの拠点のひとつ、おーるどタイムで演奏させていただくことになりました。

●小松崎健 旅するダルシマー2018関東
日時:3月27日(火)19:00~
会場:ギャラリー遊美(荻窪)
出演:小松崎健、South Wind
料金:予約2,500円/当日3,000円
※久しぶりに小松崎健さんと一緒に演奏させていただきます。

●イースター コンサート ~讃美の集い~
日時:3月31日(土)14:00~
会場:桜山キリストの教会(東中野)
出演:伊三木潮子;pf、青木陽子;dulcimer、桜山&若葉聖歌隊他
料金:無料
※今年度2回ほど一緒に演奏させていただいた若葉教会聖歌隊とともに、桜町キリストの教会で演奏させていただきます。

4月の7日、8日は関西へ参ります。


[PR]
by yt-aoki | 2018-02-18 23:34 | イベント・コンサート | Comments(0)

12月のイベント追加

自動代替テキストはありません。

12月のイベント追加です。
12月3日、15時30分からSouth Windで演奏させていただきます。
お天気、というより気温がちょっと心配ですが、心が温まるような会にしたいですね。

お近くの方もそうでない方も、どうぞお出かけください。


[PR]
by yt-aoki | 2017-11-26 20:35 | イベント・コンサート | Comments(0)

2017年12月の予定


c0055046_19361644.jpg


●クリスマス キャンドルライト コンサート
15日(金) 19:00~ 東京若葉キリスト教会 入場料¥2,000
ダルシマーのほか、ピアノ、合唱、ダンスで、クリスマスの曲をお届けいたします。

●12月の自然館
5日(火)ハープ・ソロ
12日(火)ダルシマー・ソロ(D35)
19日(火)ダルシマー・ソロ(練習用楽器)
26日(火)ハープ&ダルシマー
いずれも12時半頃から約1時間の予定です。
自然館での演奏はこの12月で終了します。
2008年の2月から10年近く、最初の3ヶ月は本当に練習のつもりで週3回弾いていました。まるまる1時間は弾かなかった日も多いですし、お客様がいらっしゃらずほとんどおしゃべりで終わったこともありましたが、少なくともこの場で演奏するつもりで過ごした時間は380時間あまり。本当に良いトレーニングの場でした。

その一方で演奏曲が固定化する傾向にあり、ここで終了するのは、多分この先に意味のあることなのだと思っています。
自然館のオーナー様はじめ、お店の方々には、本当に長い間お世話になりました。
ありがとうございました。

●ハートストリングス練習会
10日、17日
10日の夕方は、恒例のクリスマス・コンサートで演奏します。
詳細はお問合せください。




[PR]
by yt-aoki | 2017-11-21 19:49 | イベント・コンサート | Comments(0)

2017年11月の予定

●11月の自然館
7日(火)ダルシマー・ソロ
14日(火)ハープ・ソロ
28日(火)ハープ&ダルシマー
いずれも12時半頃から約1時間の予定です。
自然館での演奏は今年の12月で終了します。12月のスケジュールは早めにアップする予定です。


●静岡オートハープ・ギャザリングに参加します
日時:11月11日(土)正午~12日(日)正午
会場:「たまゆらの郷」(静岡県藤枝市玉取1452)
問合せ:中部クロマハープ協会 http://ccharp.blog.fc2.com/ 問合せフォーム
※先日3年ぶりに思いがけず再会した人と話していて、静岡の特に藤枝市内には多分5回くらい行っているわと言ったのですが、実際この10年ほどの間に5回参加しています。オートハープの集まりですが、ダルシマーや一五一会などいろいろな音楽を楽しめます。


●Xmas Town 2017
〜クラフトマーケット & ミュージックフェスティバル〜
https://www.chrimachi.art/
日時:11月23日(木・祝)11:00~
会場:鉾田中央公民館
※10月から茨城県鉾田市に出張レッスンに行くことになりました。その関係で、このイベントでの演奏が決まりました。鉾田市や近隣地域の皆様に、ダルシマーという楽器を知っていただく機会にしたいと思います。

●十三音会
日時:11月26日(日)14:00~
会場:個人宅
参加費:1,000円
※歴史あるホームコンサートに参加させていただくことになりました。今回は、マリンバ、スチールパン、ツィンバロムなどの演奏があるそうです。


ハートストリングスの練習会は、19日と26日です。
詳細はお問合せください。



[PR]
by yt-aoki | 2017-11-04 22:10 | イベント・コンサート | Comments(0)

2017年10月の予定

●10月の自然館
3日(火)ハープ&ダルシマー
17日(火)ダルシマー・ソロ
31日(火)ハープ・ソロ
いずれも12時半頃から約1時間の予定です。

●音楽の花束 South Wind ミニコンサート
日時:10月4日(水)14:00~15:00
会場:アライブ世田谷下馬 多目的室
出演:South Wind、後藤京子(おはなしとピアノ)
料金:1,000(要予約)
予約:03-5433-5210(10時~17時)
※高齢者施設でのコンサートです。入居者の方だけでなく、近隣の方との交流もできたらということで始まり、今回が9回目とのことです。

ハートストリングスの練習会は、8日と29日です。
詳細はお問合せください。

12日木曜、茨城県鉾田市へ出張します。今回が初顔合わせで、今後どういうことができるのか、どういう形にして行くかを相談します。


[PR]
by yt-aoki | 2017-10-01 16:36 | イベント・コンサート | Comments(0)

弦の魅力 ~時を超えて~ 

c0055046_23583226.jpg
とあるイベントの真似をするなら、
2 Duos of 「ハンマー・ダルシマー&フォーク・ハープ」

正確に言うと、South Windはデュオ活動をしていますが、小川美香子さんと田中麻里さんはいつも一緒というわけではありませんし、小川さんのダルシマーはドイツのハックブレットと復元された中世のダルシマー。でも森さんと田中さんのハープは同じ楽器です。フォーク・ハープという言葉になじみがないかもしれませんが、写真のような、小さなハープです。

一緒に演奏しませんかとお誘いをうけ、準備を重ねてきました。
提案された曲を試してみて、無理じゃない?と諦めかけたり、いやいやもったいないとアレンジし直してみたり。試行錯誤の結果、やっぱり楽器が倍になると、2人ではできないことができるというのが実感です。

組み合わせもいろいろです。4人でも演奏しますが、South Windと同じように小川さんと田中さんの中世ダルシマー&ハープ。こちらはちょっと古めの音楽を。
ハープ2台の組み合わせは、同じ楽器なのにちょっと違う音がします。
そしてハックブレットとハンマー・ダルシマー。ハックブレットのメロディーをハンマー・ダルシマーで伴奏。これは普段使わないバチを使ってみます。

コンセプトをまとめるのに「ヨーロッパの伝統音楽」としてみました。中世の曲から、ルネサンス、バロックなども含め、民謡まで取り揃え??? 何でもあり、というわけではないのですが、よく知られた曲も演奏いたします。休憩時間にはお飲み物の用意もございます。まだ少しお席に余裕がありますので、興味を持っていただけましたらご予約を。当日分の席もご用意いたします。

先日聴いた揚琴3台は日本初ではないかと思いましたが、この組み合わせも日本初だと思いますよ。

【弦の魅力 ~時を超えて~ 】
日時:9月30日(土)昼の部14:00開演、夜の部19:00開演
   (開場はそれぞれ開演の30分前)
会場:Space415 (東京都中野区新井2-48-12)
出演:South Wind, 小川美香子、田中麻里
料金:予約2,500円/当日3,000円 お飲み物付き

[PR]
by yt-aoki | 2017-09-23 00:51 | イベント・コンサート | Comments(0)

揚琴尽くし

9月9日は重陽の節供。菊の節供ともいう。かつての日本では年間の節目となる行事の日だったが、印象が薄い。私も、意味もわからず重陽という言葉を覚えていただけで、菊を飾る日だったかなという程度しか理解していない。その9月9日に、しばらく耐震工事のために使えなかった自由学園明日館講堂で行われた「張林&フレンズ ~揚琴尽くし菊の宴~」を聴いた。張林&フレンズというシリーズは、揚琴奏者張林が他楽器との共演をするものだと思っていたが、今回は「揚琴尽くし」、菊も聴くにかけての共演(饗宴)と前説がある。こういう企画は聞く前から興味深い。

今回のフレンズは張林の弟子でもあるパーカッション奏者の足本みよ子と、1990年に来日し、高校や放送大学の講師を務めるほか、多彩な演奏活動を行ってきた鄭宇(てい・う)。この3人が揚琴をソロで、二重奏で、三重奏で演奏する。こんな珍しいコンサートは日本では初めてではないだろうか。

最初に三重奏で《茉莉花》を演奏し、3人それぞれのソロ曲の演奏がある。張林は中国伝統曲、足本はアルベニスのアストゥリアス、鄭宇が日本古謡の《さくらさくら》という選曲がおもしろい。アストゥリアスは最近、ハンマー・ダルシマーでも弾かれている。

二重奏は、張林・足本という組み合わせで3曲、鄭宇・足本という組み合わせで1曲、そのうち、張林・足本という組み合わせでは、日本の曲のほか、《イリヤーシュ》というマリンバ・ソロの編曲があった。鄭宇・足本の組み合わせで演奏されたのは《節日の天山》、揚琴ソロ曲として有名な曲だ。

後半のソロ曲は鄭宇がルーマニアのディニクの《雲雀》、足本がエドワーズの《マリンバ・ダンス》、張林はオリジナルで《三つの前奏曲》。最後の三重奏は《揺族舞曲》だった。これも普段はソロで演奏する曲だが、3台の揚琴で奏でられるのは迫力がある。

普段ソリストとして活動する人達がアンサンブルを組むのには、いろいろ難しいこともあったと思う。それでもこういう試みがされるのはとてもうれしいし、この希なる機会に立ち会えて本当に良かったと思っている。

そして鄭宇から情報のおまけ。あの「女子十二楽坊」が来日するそうだ。
鄭宇本人が会社を立ち上げ招聘するという。
2017年11月27日(月)18:30~ 新宿文化センター大ホール
2017年11月28日(火)18:30~ ティアラこうとう大ホール
2017年12月2日(土)17:30~ 千葉県文化会館大ホール
チケットはぴあ、ローソン、イープラスで9月25日発売開始。
2001年の結成当初のメンバーは3人だけで、後は変わったとのこと。
チラシを見ていて興味深いものを見つけた。
揚琴奏者の1人、任佳琪はウクライナ国立音楽学院で、ツィンバロムの修士の学位を得ている。揚琴を瀋陽音楽学院や中央音楽学院で学んだあと、ウクライナへツィンバロムを学びに行ったのか。

それにしてもこの話題、「女子十二楽坊が出て、ダルシマーという楽器もだいぶ認知度があがったよね」と言われた故笠原潔先生の言葉が懐かしく思い出される。


[PR]
by yt-aoki | 2017-09-18 21:09 | イベント・コンサート | Comments(0)